アライクスタン【詩】

STAn、スタンという日本のロックバンドが好きでした。

既に2011年に解散をしていますが、彼らのハードでソフトな音楽が大好きでした。

それを踏まえて、I like STAn. やや直接的なきらいはありますが(嫌いではない、勿論)。今振り返ると、僕がつくる詩はSTAn・西井鏡悟の影響もちょっとだけ受けているような気がします。

『アライクスタン』

昔から変わり者で
人とおんなじことが嫌いなんですたん

雨が降っても傘はささない
晴れであっても家でギター弾き
半音だけど上げてみたり
留まることは嫌いつまり
どうしようもないことが好きで
どうしようもない人を愛してる

愛は形を変えて 未来を黒くする
時計の針は 過去を指している
分かるような気がするだけで

良いよ

蛇足だけど想像して
君とおんなじを望んでるのかしらん

僕はきっと前だけ向いて
違う人を陰でdisって
何が面白い陰口叩く
でもさ何かさ羨ましくって
でも悔しい認めたくない
反動で足を引っ張ることを言う

愛は形を変えて 未来を黒くする
時計の針は 過去を指している
分かるような気がするだけで

良いよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です