ひっそりと終るサービスを想う【Groovy】

Groovy

2013年3月にDeNAがリリースした、スマホ向け音楽プレイヤーアプリケーション「Groovy」が以下のような声明をひっそりと出した。
https://www.gr-oo-vy.com/static/pc/news20140207.html

Groovy 試聴・フル再生・歌詞表示・ファン機能・ダウンロード機能終了のお知らせ
Groovyをご利用いただきありがとうございます。
Groovyにて、ご提供させていただいております試聴・フル再生・歌詞表示・ファン機能・楽曲購入・ダウンロード機能のご提供を2014年3月25日をもって終了させていただきます。
ファン機能を利用した書き込み内容、欲しいものリストに関しましては3月25日をもってデータを削除させていただきます。なお、ダウンロード済みの楽曲は、3月25日以降もGroovyアプリにて再生いただくことが可能です。
今後の予定
2014年3月18日(火)昼12時頃 楽曲購入の終了
2014年3月25日(火)昼12時頃 試聴・フル再生・歌詞表示・ファン機能・ダウンロード機能の終了
ご利用いただいている皆さまにはご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

ストアから削除されるなどの情報は、このリリースからは見えない。
が、実質的なサービスからの撤退と考えて良いだろう。
SpotifyなどUSのストリーミングサービスが、日本進出しそうだとシーンを賑わせている中で、国産のサービス終了は悲報の何者でもない。サービスを使っていない私が言うのも何だが、「残念」という言葉に尽きる。

そもそも「売れなきゃアウト」というのは、実はビジネスを行なう上で鉄則である。
例えば、ロックバンドが大手レーベルと契約するケース。大手の資本力やネットワークが、バンドの新曲においてCMタイアップを獲得する。積極的に全国ライブやメディア露出を図る。それまでの固定ファンに加え、新規ファンも獲得し、新曲はそこそこ売れるだろう。しかし思ったより売れなかった場合、次の楽曲の予算は削られる。非情な決断にもめげずメンバーは頑張るが、なかなかセールスに反映しない。その悪循環がしばらく続くと「会社の方針」ということで契約を解除される。
誰もが宇多田ヒカルのような大ヒットや、aikoのようなロングセラーを記録できるわけではない。

レーベルも、社員に飯を食わせることに必死なのだ。

会社の成長は至上命題だ。歴史の浅いベンチャー企業なら尚更だ。
圧倒的な速さでナンバーワンにならなくてはならない。二番目ではいけない。日本で富士山の次に高い山が何か想起できないように。ナンバーワンの恩恵は計り知れないのだ。ナンバーワンになれるサービスだけに経営資源を注ぐことは当然だ。

畑違いの音楽サービスで、DeNAもなかなか事業単体で業績が上向かなかったんだろう。私の好きなDeNAの元社長・南場さんも著書『不格好経営』でこのように述べている。

ユーザーはよいサービスだと褒めてくれたが、繰り返し使ってはくれなかった。モバゲーからユーザーを送り込んでも、リピート率がここまで低いとザルのようで効率が悪すぎる。COOの守安から、3ヶ月以内にリピート率を2倍にすること、上がらなければ撤退と伝えられ、大塚率いるチームはユーザーの再訪を促すために奔走した。(中略)リピート率は随分改善されたものの、2倍には達しておらず、撤退が言い渡された。(中略)やるべきことをすべてやり切って、結果この数字ということは、本サービスは可能性がないと判断せざるを得なかったのだ。ユーザーの審判である。

同じく、もはや天下無双のサイバーエージェント藤田社長も、著書『起業家』の中でこのように述べている。

サイバーエージェントには「CAJJ制度」という新規事業の立ち上げルールがあります。これは鉄の掟で、そのルールには事業の赤字の上限額が決められており、誰であろうと撤退のルールには従わなければなりません。

彼のブログ「撤退基準を予め決めておくこと」のエントリーにも、

社内で「上場廃止ルール」と呼ぶ、撤退ルールを明確に決めました。『リリース後4か月経過した時点で、コミュニティなら300万PV/月、ゲームなら1000万円/月を超えていなければ撤退検討』というものです。

なかなか厳しいルールだが、結果として両社は成長を続けているせいか、マーケットはこれについて殆ど文句を言わない。
確かに自分が社長であれば、「撤退基準」はしっかり定めた上で事業を行なうだろう。ハイリスクは避け、初期投資はなるべく抑えるという戦術も、先人が行なってきた通りだ。

だけど、それを「言っちゃう」かどうかは、分からない。

ソーシャルゲームやプラットフォームビジネスは、お金を払えば終わりというサービスではない。
都度ユーザーは課金を行ない、ある意味サービスに対して「投資」を行なう。その「投資」先が、上記のような撤退ルールのもと、サービス終了したらユーザーはどう思うだろうか。

腹が立つよね。

課金ビジネスだけに限ったことではないと思う。
1人でもファンがいれば、そのサービスはファンにとって価値があるもの。
ローンチのハードルを無駄に上げるものではないが、少なくとも「撤退」について定量的だけでなく、定性的で感情のある理由を説明すべきだと思う。

Google Readerがサービス終了をしたとき、Googleはトラフィックが流れることは恐れず、他社サービスと連携できるような「流し込み」施策を講じた。これによって私は、Google ReaderからFeedlyに、わりとすんなり移管することができた。

Googleという会社規模の大きさもあるけれど、彼らへの信頼感があるから、私はGmailを使うし、Google Chromeを標準ブラウザに設定するし、Google Mapに履歴をどんどん残していく。それらサービスが唐突に「終わらない」ことを期待しているからだ。利便性だけを求めて使っているわけではない。

「終わらない」=「継続する」ことを、ユーザーは大前提として期待している。
少なくとも、少し前までは期待していたんだと思う。

だけど、その期待は、ビジネスの効率性が極大化する一方で、薄れつつある。
そうなるとユーザーは、新しいサービスを使いづらくなってしまう。新しいサービスがスマッシュヒットをする機会が減ってしまったら、それは悲しいことだ。

「続ける」ことは難しい。個人も法人も、「続ける」ことの意味を、価値を、再考すべきだと私は思う。

「和食」という日本文化を再考する

※大袈裟なタイトルだけれど、特に再考しているわけではありません※

2014年に入ってからテレビ番組をよく観ている。
普段あんまり観ることの無かったジャンルのもの。年始に何となくテレビ番組表を見渡して、幾つかの番組を直感的に選び、録画するという流れだ。

自分の意思が入ると、自然と観る番組というのは偏ってしまう。
意識的に、それは避けるようにした。

意思と直感。
何となく似ているような気がするけど、僕の中では微妙に違う。

「これを観たい!」というのが意思。
「これ、いいんじゃない?」というのが直感。
その違いは、「!」と「?」と置き換えても良いかもしれない。

いずれにせよ、何となく未知のジャンルのことを新しく知ったり、既知のジャンルのことを勉強し直せたりで、けっこう役に立つ。「テレビはオワコン」なんて揶揄も時々耳にするけど、どんな道具も使い方次第。僕にとって良い刺激になっています。

何を観ているか。例えば「cool japan 発掘!かっこいいニッポン」。
あんまりクールじゃないタイトルのテレビ番組だけど、内容はわりと面白い。劇作家の鴻上尚史と、タレントのリサ・ステッグマイヤーが司会という異色の教養番組。NHK。BS1。
日本の「クール」な文化を取り上げて、外国人8名が取材したり、議論を交わしたり。改めて「居酒屋って何?」って聞かれると実は難しい。「日本文化」って知ってるようで知らないんだなという結論に至りがちな番組だ。

2/2(日)の放送のテーマは「和食」。
その中でも、「出汁(だし)」と「料理のつま」。
なかなかシブいところを突いてくるんだけど、けっこう考えさせられる。

  • 6ヶ月という工程を経て作られる鰹節。カビを活かす辺りはチーズと同じではないか。
  • 鰹節を出汁にするなんて考えられなかった。乾燥してるものを使えるところがポイントだ。
  • 日本の水(軟水)の特徴をもとに、出汁という文化が生まれた。
  • 日本人はわざわざ1つ1つ、箸などで丁寧に盛りつける。
  • 欧米などでは、料理皿に「食べる」もの以外のものは置かない。「つま」は日本人特有の美意識だ。
  • 日本では、竹や葉や石など、自然にあるものがお皿として使われることがある。
  • 和食ってヘルシー。手間がかかると思っていたけれど、実は手軽に作ることが出来る。
  • 「100回噛んで食べる」というのは、日本人ならではの習慣。
  • 地産地消。地元で食べるものは地元で採れるもの。それが一番自然なことではないか。
  • この辺りはとても面白かった。
    大学のとき、授業で取り上げられた上勝町の「葉っぱビジネス」が言及されていたのも懐かしく。

    初めて知ったのは、和食を給食として出す福岡の高取保育園。食べ物の価値を幼少期から教える、いわゆる食育の元祖だなと思った次第。

    ちょうど数日前、スーパーで売っていた5食入り298円のインスタント豚汁。
    普段、家で料理することの多い僕だけど、味噌汁は妥協してインスタントのものを使ってしまう。
    なかなか一人暮らしで、味噌汁まで作る手間はかけられない。

    でも、よく考えると、常温保存が可能な冬だけなんですよね、味噌汁を作るチャンスは。
    鰹節削って・・・という段階からはやらなくても良いけれど、1週間に1回くらいは、手作りの味噌汁を作ってみても良い気がしました。

    The Rifles「None the Wiser」を買った

    本当に好きなアーティストというのは、もう宿命的に好きなのだ。
    という書き出しは何となく既視感を覚えるが、誰にとってもフェイバリット・バンドや、フェイバリット・アーティストがいると思う。

    村上春樹にとっての、ビーチボーイズやザ・ドアーズやローリング・ストーンズのように。
    ある種の人たちにとっての、フリッパーズギターのように。

    今でも新しい音楽を聴くたび、身体が疼くような興奮を禁じ得ないことがある。
    2013年で言えば、グラミー賞を授賞したDaft Punkの「Random Access Memories」、スピッツが2年半ぶりに奏でた「小さな生き物」、Franz Ferdinandの「Right Thoughts, Right Words, Right Action」の3枚。何度も聴いた素晴らしい作品だった。
    新しい音楽で言うと、邦楽ならシシド・カフカやクリープハイプ、MOP of HEAD。新たな潮流を感じさせる自由度の高い音楽を聴かせてくれた。洋楽ならば、何と言ってもアイルランド出身のThe Strypes。まだ高校生くらいの年齢にも関わらず、バリバリのロックンロールは痛快そのものだった。

    だが、僕が20歳だったら。
    もっと僕は暑苦しく音楽に興奮していたし、寝る間も惜しんでYouTube巡りをしていたと思う。

    家庭は無いけれど、30歳を間近に控え、僕はそれなりの生活を営んでいる。
    相変わらず考えていることは青いままだし、悩んだり迷ったりしているけれど、それなりに全うな時間の使い方をしていると思う。つまるところ、明日のことなど無視して音楽に耽るような時間の使い方はしなくなったということだ。同様に、女の子と遊ぶことばかり考えて携帯電話を弄っていることも無くなった。

    ある意味で、20歳の頃に見たこと聞いたこと行動に移したことは、身体の中にすっかり染み込んでいる。「価値観」という手垢のついた言葉に逃げたくはないけれど、その頃に「良い」と思ったものは今も「良い」と思えるし、その頃に「悪い」と思ったものは(残念ながら)そのイメージを覆すことは難しい。

    僕が20歳の頃に夢中で聴いた音楽は、邦楽であればBUMP OF CHICKENであり、ASIAN KUNG-FU GENERATIONであり、スーパーカーであり、くるりであり、SPARTA LOCALSであり、BACK DROP BOMBであり、髭であり、奥田民生であり、GRAPEVINEだ。洋楽であればArctic Monkeysであり、ASHであり、THE KOOKSであり、JETであり、CSSであり、SIMIAN MOBILE DISCOであり、HADOUKEN!であり、TORTOISEであり、Digitalismであり、Metronomyであり、The Hollowaysであり、Keithであり、The Riflesだ。

    まだ第一線で活躍している者、小さなステージで音楽を続けている者、音楽は続けているが裏方として再起を図った者、消失してしまったバンドなど実に様々だ。

    だけど、その頃に、飽きずに聴いたメロディーラインやリズム、その時代の空気感は未だに僕の中で生き続けている。

    先週、3枚目のアルバム「None the Wiser」を出したThe Rifles。
    僕の無条件で大好きなバンドの1つだ。

    イングランドを旅行したときに、ロンドンのアストリアというライブハウスで彼らのライブを観た。
    2007年3月だったと思う。もう1ヶ月もすれば社会人、というタイミングでの一人旅だった。

    2007年1月に彼らの音源「No Love Lost」を聴き、あっという間に彼らの音楽にハマってしまった。ギターボーカル、ギター、ベース、ドラムスの極めて普通なロック・バンドだ。凝った表現をするわけではない。思わずシンガロングしてしまうような、シンプルなメロディ。3分半の楽曲群。何が好きなのか、言葉にするのは意外に難しい。3枚のアルバムは、たぶん進化しているはずだけど、何も進化していないように見える。ライフルズは、ライフルズなのだ。

    この記事で言いたいことは何か。
    好きなものは大声で好きと言い続けていきたいし、忙しい最中だけど、できればしっかり好きなものを追いかけていきたい。

    当たり前のことかもしれないけれど、
    新しいアルバムが出たらお金を払うし、日本でツアーが組まれるならライブハウスに行くし、時々はTwitterやFacebookでリツイートやシェアをする。

    当たり前のことだし、誰でもできることだけれど、何故か「しない」。
    そんなことが多くなってきたような気がするけれど、それはやはり年齢のせいなのか。