PCが逝きましたので。

4年前に購入したMacBook Pro。
半年前くらいから起動がうまくいかなくなったり、動作中に停止したりと、不安定だったのですがつい1ヶ月前に全く起動しなくなりました。ハードディスクにあるたくさんのファイル、何度も救出を試みましたが無理っぽい。320GBあるデータ、さようなら。

「バックアップしとけば。。」という思いもあるけれど、そもそもハードに依存するような運用自体を見直すべきだと思いました。加えてファイルを自分で持つというリスクも考慮に入れなくちゃとも思います。

前者に関しては、iCloudとかGoogle Driveをなどのクラウドサービスを使うということで回避できることだと思います。Googleは100GBまでは1.99ドル(月額)、1TBまでは9.99ドル(月額)。一度利用したことあるけど、転送の速度が遅い。それさえ目を瞑れば良い価格帯かなと思います。iCloudは比較にならないくらい高いけど、iOSとの連携は抜群。それほど容量を使わないならアリかと。文書はEvernoteで引き続き。

後者に関しては、そもそもCDとかのパッケージを聴き続けるのかという話。音楽に関しては、SpotifyやiTunes Radioの日本上陸が待たれるなと。映画に関してはHuluが本当に便利。1ヶ月で1000円というのは良心的だし、それほど生活に困窮していないのであれば便利。何より、PCだけでなくタブレットやスマホで観れる、場所を選ばないスタイルは慣れると癖になります。有料のストリーミングサービスが一般的になり、最新の音楽も昔の音楽も聴き放題になると相当便利なはずだ。

ライフハックなんて大袈裟な話ではないけれど、昨年から携帯電話を持たなくなった生活と同様、ハードディスクを持たない生活を始めていこうと思う。たぶん、引き続きGoogleさんに頼ること多いものと思われますが。とりあえず、Google+というイケてないサービスは、一刻も早くテコ入れしてもらいたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です