湘南国際マラソン雑記(2014年11月3日)

フルマラソンは、前回古河はなももマラソン以来のエントリ。2014-2015シーズンの初回レースであり、僕が30歳になって最初のレースである。

「走る」ことに関して、最近ブログに書いていなかった。
ブログ自体、更新頻度が低くなってしまっているけれど、それはさておき、今シーズンの練習不足は顕著だった。6月に100キロ超を達成して以来、ことごとく走る回数が減ってしまっている。先週も20キロ走っただけで、身体中が筋肉痛になってしまった。

さて、湘南国際マラソンだが、2年前僕が初めてサブ4を達成した思い出深い大会である。
参加者3万人、出走料1.3万円、先着順で30分で締め切られる、ほどの超人気レースである。
沿道の応援も大変活況だし、湘南エリアに住んでいたことのある僕としても馴染みのある風景もあったりして、僕はこの大会が好きだ。エイドも計12,3箇所ほど設けられるなど充実している。

しかし、前述の通り、練習不足が祟った。
25度近い暑さもあり、序盤からなかなか1キロ5分を切ることができなかった。
13キロくらいで、「ああ、これはタフなレースになるだろうな」と覚悟した。2年前走ったときよりも、沿道で倒れている人が多かった気がした(これは勘違いかもしれない。前回は速いペースで走れる集団の中にいたから、もともと走れるランナーが多くて脱落者も少なかったのかも)。

走れるときの給水は楽だ。
基本的に1杯だけ、しかも全部は飲まない。多少喉が渇いていても、次のエイドで飲めば良いと思うからだ。

走れないときの給水は悲惨だ。
エイドとエイドの間で時間がかかるリスクを鑑みてしまうので、たくさん水を飲んでしまう。
たくさん水を飲むと、身体に水分が溜まってしまう感覚になり、上手く走れなくなってしまう。たぷんたぷん。
それでも喉が乾く。たくさん飲む。走れなくなる。悪循環。(たぶん、飲むのを我慢すると、脱水症状になる)

結果的には、低体温症で苦しんだ勝田全国マラソンと同様、4時間を超える失速となってしまった。
ただし、このレースは一度も歩いていない。
それだけは、紛いなりにもサブ3.5を目指している自分自身のプライドが許さなかった。
練習不足、、、これを猛省するのは間違いないけれど、一先ずメンタルは保つことができた。
勝田全国はフィジカルもメンタルもやられたわけで(暑さと寒さで違いがあるが)、それよりは御の字だろうか。

いずれにせよ、来年サロマ湖100kmウルトラマラソンを目指すのであれば、こんな体たらくではダメだと分かった。
最後の300メートルはダッシュで走りたい。清々しい汗を流せるように走りたい。
そして自分に課した目標を、達成するにせよしないにせよ、「ああ、頑張った」と言えるような基礎体力をもう一度つけていこうと思う。また今日から練習だ。

スクリーンショット 2014-11-04 11.55.54

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です