読書メモ:『逆境経営―――山奥の地酒「獺祭」を世界に届ける逆転発想法』

「お酒は好きだけど、日本酒はダメ」
そんな人は結構多いのではないだろうか。僕もかつては、その一人だった。この本の主役である「獺祭」に出会うまでは。

獺祭との出会いは割愛するが、不思議なもので、
一度美味しい日本酒に出会うと、他の日本酒も美味しくなるものだ。

甘いもの、辛いもの、にごり酒、最初に飲む日本酒、ビールの後に飲む日本酒、深夜を過ぎて飲む日本酒…。
どれもこれも味わい深い。秋冬のこの季節に飲む日本酒は格別に美味しいし、邪道かもしれないが夏は日本酒をロックで楽しむこともできる。大学生のときは考えられなかった、こんなに日本酒が美味しいとは。“日本”という冠がついているにも関わらず、僕らは日本酒を「罰ゲームのときに飲む不味いアルコール」くらいの認識だったのに。

さて本書は、そんな日本酒ビギナーの僕が、偶然書店で見掛けたものだ。
書店に立ち寄り、これを買わなければ、「二度と日本酒に関する経営について知ることはできないだろう」と直感した。日本酒とビジネス、という感覚が上手く結びつかないこともあり、読み進めたけれど、経営者である桜井氏の熟成かつ洗練された語り口が気持ち良くて、「獺祭」の味のごとく気持ち良く読み進めていくことができた。

解は「絞るもの」ではなく、「絞るしかないもの」である。(中略)
「そうか、大手酒造の主力商品だから、お客様を絞れないのだ。うちは、小さな酒蔵。お客様を絞ってしまえばいいんだ。『冷やで飲む酒』、これ一本でいけばいい。お燗して飲む酒は、よそに任せてしまえばいいんだ」

「話題性」や「物語性」「非日常性」で酒を売ろうとするのを極力避けて、自分たちの信じる酒を世に問うことにより、製品を売ろうとするようになりました。

国税局の通達によれば、「純米」とか「本醸造」といった特定名称酒といわれる酒の場合、精米歩合をラベルに表示しなければならない決まりです。(中略)このあたりの限界に近い数字について実際が異なると、まるで法令に挑戦しているようではばかられます。そこで<磨き その先へ>は、純米本吟醸の表示を外して「普通酒」としたわけです。「売るために、純米大吟醸しか造らないわけではない」「美味しい酒を造りたいから、純米大吟醸造りに“結果として”なった」「<獺祭>がウリにしているのは、美味しさであって、純米大吟醸という特定名称ではない」そんな旭酒造の自負があります。

特に二番目の言葉は深い。
ブランディングというのは、多かれ少なかれ、プロダクトや企業が辿ってきた「物語」がルーツになっているからだ。

伝統のあるプロダクトである以上、「物語」と切り離せないものだが、それに甘えることなく、洗練された最高のお酒を作る。桜井氏のこだわりに、心打たれた。

日本酒に「日本」という冠をつけるのはおかしい。
ワインを「フランス酒」と名付けたら、これほど世界に広まってはいなかっただろう。

という言葉にも、なるほどなと感じさせられた。
「日本」という国を意識しながら、外もきちんと向いている。

この本で気付かされることは、非常に多い。

本エントリを書いていて、「獺祭」の酒蔵である旭酒造のウェブサイトにアクセスすると、気になる記事
僕の地元の栃木県で、「獺祭米」というものが作られたらしい。大好きなものが、地元とリンクすると嬉しいね。

○追記
通常のエントリに、これからは読書メモもチラホラ混ぜていこうと思います。
小説、エッセー、経営書、自己啓発本、雑誌やフォトブック、何でもござれ。全ては文化およびカルチャーに繋がっていくから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です