積ん読リスト(2015年1月)

http://d.hatena.ne.jp/ryozo18/20150115/1421297491

前のブログで似たようなことをやっていましたが、生きる上でのインプットは大切にしなければならないと。

◆『イノベーションのジレンマ〜技術革新が巨大企業を滅ぼすとき〜』クレイトン・クリステンセン
昔からの名著ですね。こんな記事もあるわけですが、どうなのでしょう。ビジネスに携わる身として、一般教養レベルでこの本は読まねばならないでしょう。

◆『ランチェスター思考〜競争戦略の基礎〜』福田秀人
戦略って、ついつい市場と自社のことを考えがちですが、競合が何を考えているか/競合に対してどんな策を講じるのかも並行して考える必要があります。ランチェスター戦略について学ぶことで、対競合の視点から、様々な示唆を与えてくれると期待しています。

◆『ビジネスモデル全史』三谷宏治
周りで「分かりやすい!」「役に立った!」と2014年に評判となった本でございます。図表も多く、インプットには最適な書物だと直感しています。

◆『ジョナサン・アイブ』リーアンダー・ケイニー
先週買ったばかりですが、並行して読んでいた『翔ぶが如く』に引き込まれ、このままでは「積ん読」モードになりそう。生い立ちパートが少し長いのですが、大事なのは本質を捉えることです。

◆『ジェフ・ベゾス 果てなき野望』ブラッド・ストーン
ジェフ・ベゾスは最も成功した経営者の一人ですが、ECという枠に捉われないAmazonという企業の存在には大変興味がありました。本書で何が得られるか分かりませんが、その親玉の思想が垣間見えることを期待しています。

◆『ネットワークはなぜつながるのか』戸根勤
起業しようと思っていた時期に、システム系の知識を得たいと買った本です。そこそこ高め(2400円)の本だったこともあり、読了しなければ勿体無いなと。

◆『里山資本主義』藻谷浩介
長野でプロジェクトを行なっている先輩が、以前飲んだときにお薦めしてくれた本です。年末に買ったのですが、つい「積ん読」モードになってしまいました。

◆『すべて真夜中の恋人たち』川上未映子
川上未映子は『乳と卵』『ヘヴン』の2作を読んでいて、常に「引っ掛かり」を僕の胸に残してきました。ざわざわとした刺激を、今回も受けられるのか楽しみです。

◆『勝海舟 私に帰せず(上)(下)』津本陽
30代は「過去」を紐解く旅になると思っています。僕は幕末が好きで、幕末に関する本を書いてみたいとすら不肖ながら思っております。これもAmazonで買って暫く経つわけですが、司馬遼太郎だけでない歴史小説も読んでみようと思う次第です。

◆『天璋院篤姫(上)(下)』宮尾登美子
風邪を引いているときに、Huluで一気見してしまいました(今のところ43話まで)。原作の宮尾登美子さんの作品は一度も読んだことがありませんでした。これを機に。これは図書館で借りたものなので、あと1週間で読み切らねば笑

1つもファイナンス(会計/財務)に関する「積ん読」リストが無いなと。当然、現在進行形のものも。