大原美術館に行ってきた、エル・グレコ『受胎告知』凄すぎた。

2015年10月24日。
是が非でも行きたかった大原美術館に行ってきた。

31年間生きてきて、初めての大原美術館。栃木出身の僕にとって、倉敷にある大原美術館は少し遠かった。このペースで行くと次の訪問は62歳のときか。いやいや、30代のうちに、少なくとも3回は再訪したいと強く思える場所だった。
憧れが叶ったからこそ、この場所は僕にとってのfavoriteになったわけで、その経緯の一端を記したいと思う。

存在自体は知っていたけれど、大原美術館に行こうと強く思ったのは『楽園のカンヴァス』を読んだからだ。
『楽園のカンヴァス』は主要な登場人物であるティム・ブラウンと早川織江が、アンリ・ルソーのマスターピースの真贋を判定する物語。伝説のコレクターと呼ばれるバイラーの屋敷で起こる様々なドラマを描いた小説だ。原田マハの女性らしい日本語は、アートファンだけでなく、多くの読者を魅了し、結果的に彼女の代表作になっている。
『楽園のカンヴァス』の冒頭では、大原美術館内で監視員(セキュリティスタッフ)として働く早川織江のアートへの愛や、断ち切った芸術という世界への想いが描かれている。主に大原美術館内で描かれる早川織江の心模様と共に、『受胎告知(エル・グレコ)』であり『鳥籠(ピカソ)』であり『パリ近郊の眺め、バニュー村(ルソー)』が登場する。

これらの(実際の)絵画が本作に直接影響を及ぼすことは無かったと僕は解釈している。
しかしながら、実際にキュレーターとして働いたことのある原田は言う。「名画はときとして、人生に思いがけない啓示をもたらしてくれる」と。その言葉に僕はしっかり共感したし、あまりにも有名な『受胎告知』を見てみたいと思ったのだった。なんせ、日本に2つしかないエル・グレコの作品の1つなのだ。

もちろんエル・グレコだけでは無い。
モネ、ゴーギャン、ピカソ、セザンヌ、ルソー、ルノワール、デュフィ、マティス。西洋絵画においてあまりにも有名な画家たちの名画が展示されている。
僕が好きなマティス(『楽園のカンヴァス』では、キュビズムに目覚めたピカソの作品を糾弾している、ちょっと残念な画家として登場している)の作品は5,6点あった。扇形に優れてシンプルだけど物の特徴を捉えたような、アートというよりデザインのような作品。多くの人は他の名画に目を奪われてしまうかもしれないけれど、マティスのそんな作品と、しっかりとキュビズム以前を象徴するようなレトロな作品も置かれている。

倉敷という土地柄のおかげで、人もそれほど多くないのは嬉しかった。また、美術館の雰囲気として、整然なものを醸し出してくれたおかげで、誰もがしっかりと絵画に集中できる環境にあった。
絵画と絵画の間も適切な「間」があって、作品と作品がかち合うということも無かったように思う。東京の美術館のように忙しなさが無い。重要なポイントの1つだ。

フレデリック『万有は死に帰す、されど神の愛は万有をして蘇らしめん』という大掛かりな作品をしばし眺め、順路に従って歩いていくと、1枚だけの展覧スペースにぶつかる。

エル・グレコ『受胎告知』だ。
折につけ、この作品を画面上などで見ていたが、実際に見ると、その迫力に驚かされた。
『受胎告知』は聖書の一節がモチーフになっており、キリストの受胎を告げる天使ガブリエルと聖母マリアが描かれている。そのちょうど真ん中を飛翔する鳥の意味は判らないが、作品がダイナミックな動きの中で、差し迫った決断を求め・求められている様子を想像させる。

室内なのか屋外なのか。
光と影。
動と静。

ガブリエルとマリアの色彩も興味深い。
赤と黄。それは当たり前だけど、デュフィの色彩感覚とも全然違う。
デュフィの色彩感覚の豊かさには目を見張るけれど、『受胎告知』の完璧な色合いは、デュフィのそれとは全然違うし、名画たる所以の静謐さがある。そして同時に獰猛さも感じる。

彼女たちが視線を交わす。そのあり方と言ったら!
その絵1つで、どれくらいの物語を感じさせるのだろう!

大原美術館の礎を築いた児島虎次郎と大原孫三郎の胆力に、未来からあっぱれを送りたい。
実はエル・グレコを何度も何度も繰り返し見たおかげで、本館の作品しか見れなかった。別館含め、東洋館や工芸館もクオリティが高そうなのに、なかなか時間の配分が上手くいかなかった。

次はいつ行けるだろうか。
エル・グレコに呼ばれている気がしなくも無いのだ。

本筋とは関係無いけれど、エル・グレコ『受胎告知』の動線にも感心した。
展示室に入ると、その真ん中に『受胎告知』がどーんと展示されているんだけど、動線的に、まず絵を見る流れになっているのだ。『受胎告知』をしっかりと堪能した後で、解説文(結構長い)を読む。

まず、絵なのだ。

これは重要だと思う。
僕も動線でタイトルや解説があったら、無意識で読んでしまう。

でも、感じるのが先だと常々思うわけです。
こういう動線の仕方が、美術館のスタンダードになれば良いなあと思う。
(海外の美術館は、そもそも英語がそれほど読めるわけではないので、自然と作品を見ることになりますがね)

【2015年10月】朝霧JAM2015 ベストフォトたくさん

今年も行ってきました、朝霧JAM。
数えてみれば6回目の参加で、たぶん音楽イベントとしては一番参加してるんじゃないかな。

昨年も言ったけど、どんな形であっても来年も遊びに行こうと思います。
このイベントの日だけは、どんな仕事も断るぞと。

ということで、朝霧JAM2015の様子をば。

くらっぷはんず

くらっぷはんず

みんな大好き、しゃぼん

みんな大好き、しゃぼん

黄色のサングラス(失くした)

黄色のサングラス(失くした)

1日目夜のメインステージ

1日目夜のメインステージ

ぶれぶれないと

ぶれぶれないと

焚き火、あったかないと

焚き火、あったかないと

3年連続のCandle JUNE

3年連続のCandle JUNE

3日目朝。午前5時台の時間が一番好き。朝露とMt Fuji

3日目朝。午前5時台の時間が一番好き。朝露とMt Fuji

_IMGP4491

富士山さんきゅー

またらいねーん

またらいねーん

あまり記憶ないけど!!!、The Go! Team、SPECIAL OTHERSは本当に流石だなと思った。
全くノーマークで観たH ZETTRIOは演奏凄くて、RÄFVENが裏じゃなければ大入りだっと思う。もう一度ちゃんと観たい、と心底思えるバンドだった。
前日からの二日酔いで気分最悪の状態でサニーデイ・サービス観たんだけど、その後で全く酔いが醒めてたのは何だったんだろう。朝霧JAMの奇跡なのかもしれない。やっぱり、朝霧JAMは毎年行っちゃうなあ。

・H ZETTRIO「Beautiful Flight」

映画「バクマン。」を観た

映画「バクマン。」

映画「バクマン。」

妻の強い希望もあり、先週末に映画「バクマン。」を観た。

【原作・大場つぐみ/作画・小畑健】と聞けばピンと来る。「DEATH NOTE」だ。
漫画に疎い僕でも、「DEATH NOTE」は実際手に取って読んだことがある数少ない漫画の1つだった。藤原竜也、松山ケンイチ主演の映画も観たし、作品中に散りばめられていた仕掛けや伏線にいちいち感心したのを覚えている。感心、っていうと偉そうだけど、要はすげえな・面白いなって思って読んでいたわけだ。

それでも。
悲しいかな、僕の中の漫画ブームは単発で終わることが多い。
あんなに面白かった「DEATH NOTE」だけど、その次作品である「バクマン。」までは気が回らなかった。いつの間にか話題になり、いつの間にか最終回を迎えていたという印象(あくまで個人の感覚です)。
アニメ作品にもなっていたらしい。面白いらしい。漫画をモチーフにした漫画らしい。

漫画をモチーフにした漫画?
それじゃあ、俺には関係ない。
そう思ってスルーしてしまったところが正直ある。
今回だって、妻に誘われなかったら進んで観ようとは思わなかっただろう。

もっとも関心を引かれたポイントはもう1つある。
映画監督が大根仁だったことだ。僕の好きな映画作品「モテキ」「まほろ駅前番外地」を手掛けた監督だ。それを聞いて、ちょっと自分に近付いてきたかな、という感触があり、観ることを決めた。

結論から言うと、なかなか面白かった。
演出が細かくて飽きさせない工夫が為せる技だろう。特に舞台装置。漫画だらけの仕事場、疲弊し追い詰められた感のあるトイレ、なーんにも考えずに時を過ごす装置である学校生活の様子、時代と共に変遷していく漫画というツールの懐の深さ、神木隆之介演じる高木秋人の絶妙な垢抜けない感じ。
大根仁だけでなく、キャストやスタッフ全員が「こういう感じの映画を作ろうぜ」っていう感覚が揃っていたからこその成果ではないか。全体を通して、ある種の「部活」を感じさせる映画だったように思う。

それに加えた感じたのは、「邪道」をひたすら走っていく潔さだ。

「バクマン。」は、主人公の二人(作画を担当する真城最高と、原作を担当する高木秋人)が、週刊少年ジャンプ連載を目指して奮闘する「青春」を描いた作品だ。
それは週刊少年ジャンプの方針(「友情」「努力」「勝利」のいずれか(いずれも)を入れ込むこと)とも重なっている。例えばドラゴンボール、ワンピース、スラムダンク、キャプテン翼、HUNTER×HUNTER。これらの漫画の内容を思い浮かべてもらえれば、「友情」「努力」「勝利」がいくら青臭く響こうとも、結果的に多くの人の心に残る名作になっていることを理解してもらえるだろう。

週刊少年ジャンプの連載を目指す、というテーマ設定。
それは極めて王道から逸れたチャレンジであり、そこにストーリーとしての面白さ、画力の確かさが無ければ「キワモノ」扱いを受けること必至だろう。
僕は原作を読んでいないけれど、映画化されたり、かなり売れているという事実を聞いたりすれば、このチャレンジは成功したと言っても良いだろう。

それもそのはずだ。
漫画家なんて、全く関係のない存在なのに、僕はこの映画で主演の二人にかなり感情移入をした。
漫画家としての彼ら、ではなくて、天才に挑む天才ではない人たちが努力をする姿に、だ。「ダイの大冒険」で言うとポップのような存在の彼らが死に物狂いでジャンプ連載に挑戦する姿は、やっぱり古今東西で普遍のテーマとして機能しているなあと思った次第です。佐藤健と神木隆之介のコンビも息ぴったりで良かった。佐藤健がいわゆるイケメンでなく、凡人として奮闘する演技もグッド、素材として本当に優秀だなと思った。

ネタバレになるから書かないけど、エンドロールも素敵。
こういうところまで「見せる」映画、僕は好きです。

ちなみに僕は、子役時代の神木くんの「お父さんのバックドロップ」で泣きました。
なんだか、いろいろ繋がるものだなあ。