「アートいちはら2015秋」〜作品編〜

大好きな森ラジオステーション。森遊会の皆さんと

大好きな森ラジオステーション。森遊会の皆さんと

*全体編はこちら

あまりに好きなもの、好きなことを書くとき、
どうしても想いが先行しすぎて上手く表現できないことがある。
僕にとって「中房総国際芸術祭 いちはらアート×ミックス」がそれなんだなと。前回のエントリで言葉に頼ったけれど、自らの表現力の低さを痛感しつつも、改めて想い自体の価値の重みを知った。
いずれ時間をかけて、僕らしい表現で、いちはらアート×ミックスのことを書いていければと思う。

さて「アートいちはら2015秋」に戻ろう。
このイベントは、総合プロデューサーの北川フラムさんの意向もあって、若手の作家がある程度の期間をコミットした上で参加している。その流れで、各会場に作家がいることもあって、僕たちは直接作家の話を聞くこともできる。

実は、僕はどちらかと言えば、作品そのものから何かを吸収したい / 何かを得たいと思うタイプである。
だけど、比較的僕と年齢の近い作家が多いせいか、自然とどのような制作過程を経ているのか気になっていたんだと思う。作家の方々は皆、真摯に対応してくれる素敵な人たちだった。
いくつか素敵な作品にも出会えたので、備忘録も兼ねて、本エントリに諸々書いていきたいと思う。

「仲田絵里」in IAAES
仲田絵里さんの作品に初めて会ったとき、違和感を覚えた。
一室に展示されている写真は十数点くらい。どれも、とてもあっさりした顔の女性モデルが、様々な衣装を纏い撮影されているというシンプルな構成のものだ。
何かグロテスクなものが写っているわけではないのに、何故だろうと思った。
「同じ時代」に生きている感じがしない、あっさり言うとどれも共感性が低いように感じるのだ。

種明かしはこう。
モデル(作家の仲田さん本人だ)は、幼い頃に亡くなった自身の母親の遺品を着て、撮影に臨んでいるというコンセプトだ。「母親の遺品を、娘の自分が着て撮影する」という必然性。

モデル(仲田さん)は今を生きているのに、身に纏っているのは古き時代のもの。
仲田さんも綺麗な人なので全然着こなしているのだけれど、やっぱり違和感がある。

その差分がそっくり価値になっている。
「生きること」「母娘の血縁の価値」を表現している作品なのかもしれない。

なお、仲田さんの写真集の出版元は赤々舎
以前本ブログでも書いた『ひとり出版社という働きかた』でも紹介されていた注目の出版社である(なかなか採算の取れない「写真集」をpublishしている)。
自分の興味・関心が繋がっているなあと、しみじみ感じます。

仲田絵里さんと

仲田絵里さんと

「佐藤香」 in アートハウスあそうばらの谷
アートハウスあそうばらは、養老渓谷駅から徒歩8分くらいの場所にある。いちはらアート×ミックスのために、古民家をリノベーションして造られた展示スペースだ。ハイキングに進む道すがら、ぐっと低い谷間をぬって訪れると、カフェも併設されたアートイベントを象徴したような場所だということが判る。

秋イベントでは、土絵作家の佐藤香さんの大作が展示されていた。

土絵作家、と聞いてもピンと来ないと思うけれど、彼女から話を聞くと、なかなか大変なチャレンジをしていた。
まず素材集めから大変だ。彼女が使用する具材は絵の具では無い。文字通り、土だ。

いちはらアート×ミックスに限らず、大地の芸術祭を始めとする地方のアートイベントに招かれる佐藤さん。
そこで展示をするにあたって、佐藤さんは「現場」の土の採取を試みる。良い土はわりと崖の方にあったりするそうで、命がけで具材を調達している。

作品はどれも大掛かりで、見るものを呑み込むような力強さがある。
どうしてこんな細い方が、このような大きなサイズの作品を作れるのか不思議である。
土絵作家と聞けば肯けるけれど、やはり使われている色は、土をベースにした色合いだ。
古墳とか、壁画とか、そういったものを連想させる。青とかピンクとか、そういう色は皆無だけど、紋様の独特さに迫力があって、多分見るものを唸らせるのだと思う。

具材となっている土も展示されていたが、同じ「土色」でも、色によってはかなり様相が異なっている。
赤っぽい色、黒、淡い茶色、土が太陽に照射され続けて褪せてしまったような色。どれもリアルで、何となくデジャヴだ。紋様さの独特さのことを言及したけれど、どこか懐かしさを感じるのは、僕自身が土遊びに興じていた幼少期があるからなのかもしれない。

佐藤さんは気さくな方で、作品を語ることのできる「言葉」も持ち合わせていた。
日本にとどまらず、海外でも活躍していきそうな作家である。

土絵作家・佐藤香さんと作品

土絵作家・佐藤香さんと作品

採取した土たち

採取した土たち

長くなりそうなので、一旦ここまで。
2015年のアート納めには早いので、12月もアートに触れる機会があると良いなあと思っている。
同時に、僕自身の創作意欲も増したように思う。何かを残せる人生でありたい。

栗山斉さんの不思議で美しい作品

栗山斉さんの不思議で美しい作品

月出工舎

月出工舎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です