【Apple Music】2015年音楽まとめ

7月に日本でApple Musicがローンチした。
Spotifyなどの定額音楽配信サービスが日本国内で悉くローンチが見送られていた背景もあって、Apple Musicはローンチ直後から熱烈に日本の音楽ファンに歓迎されていたように思う。テンションの差こそあれど、無料試用期間を経ても、色んな人が使い続けているという声は良く耳にする。

ローンチ直後のエントリで書いたが、待望していただけあって殆ど毎日Apple Musicを使った1年だった。おかげでCDという形態での購入はたった1枚に留まってしまった(買った理由は初回特典のDVDに魅せられたため)し、TSUTAYAさんにも1度も行かなかったと思う。それはそれで寂しいかもしれないけれど、少なくとも昨年に比べれば数段音楽への関心度は高まったと思う。間違いなく。

このエントリでは、そう言った御託はさておき、Apple Musicで良く聴いた作品をピックアップしていければと思います。思いつきのまま、順不同で。2015年にリリースされた曲には「★」をつけておきます。半数以上は2014年以前の音楽ですが、改めて良さに気付いたり、今まで知らなかった音楽に出会えるという利点もApple Musicにはあります。YouTubeへのアクセスじゃ、何だか味気ないものね。VIVA!Apple Music!

クラムボン「triology」

クラムボン「triology」。5年ぶりのオリジナルアルバムでした。

Kai Takahashi「Soda Pop - Single」

Kai Takahashi「Soda Pop – Single」。軽快なメロディが気持ち良い。

Fishmans「Neo Yankees' Holiday」

Fishmans「Neo Yankees’ Holiday」。改めて良さに気付いた1年でした。

チャラン・ポ・ランタン「テアトル・テアトル」

チャラン・ポ・ランタン「テアトル・テアトル」。豊洲野音で2回目、素晴らしかった!

The Libertines「Anthems For Doomed Youth」

The Libertines「Anthems For Doomed Youth」。再結成、待ってたよ!

!!!「As If」

!!!「As If」。朝霧JAMでも最高でした!

The Paradise Bangkok Molam International Band「21st Century Molam」

The Paradise Bangkok Molam International Band「21st Century Molam」。バンコクのバンド?に出会えました。

やけのはら「SUNNY NEW INSTRUMENTAL」

やけのはら「SUNNY NEW INSTRUMENTAL」。のんびりした休日に聴いてました。

The Strokes「Is This It」

The Strokes「Is This It」。今までストロークスが良いなんて思わなかったんだけど。

H ZETTRIO「★★★」

H ZETTRIO「★★★」。JAZZなの何なの最高なの?!

 


Kai TakahashiはCanonのプロモーションで楽曲が使用されていて、プロダクトの世界観にピッタリだなと感心した。アーティストにも企業にもプラスになるということは、カルチャーにとっても価値があること。Pharrell Williams「Happy」の時も感じたけれど、こういうプロモーションがむくむくと伸びてくるのは本当に見ていて気持ちが良いものです。Kai Takahashi(高橋海)はLUCKY TAPESというバンドのフロントマンとのこと(こちらはApple Musicでは配信されていない様子、残念)。要チェックです。

 


H ZETTRIOは最新アルバムはApple Musicで配信されていないのが本当にもったいない。
あまりに悔しいので、公式YouTubeの「Beautiful Flight」をEmbedしておきます。超かっこいいです。朝霧JAM2015ではRafvenの裏だったのでめちゃくちゃ空いていたけれど、演奏が洗練されてて本当に良かった。彼らのホーム・グラウンドで、彼らの音楽にも酔いしれたい。

 

ということで、特に気になった2つだけは詳述してしまいました。
クリスマスイヴにはThe Beatlesの楽曲も配信されたし、邦楽もどんどんラインナップしていけば良いのにと思う年の瀬です。

2016年の音楽ライフも楽しみ。
というか、自分でも色々生み出さなくちゃ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です