積ん読リストを年末にちょっとだけ片付けた

2015年は意識的に本を読んでいこう。
そう決意した年始の誓いだったのだけど、残念ながら、積ん読リストは殆ど更新されず。。。
それでも、2015年12月とある日に気付けたのは良かった。積ん読リストをちょっとだけ片付けたので報告を。

***

◆『イノベーションのジレンマ〜技術革新が巨大企業を滅ぼすとき〜』クレイトン・クリステンセン


イノベーションって、言葉にするのは簡単だけど、本書を読んでみて実際にイノベーションを目指せる組織にするのって本当に難しいんだなと実感した。

要約すると技術には2種類(持続的技術と破壊的技術)ある。
前者はこれまでと同様のビジネスモデルが通用するが、後者は通用しない。
多くの既存顧客は当初は破壊的技術を取り入れたプロダクトなど欲していない。なので企業側も破壊的技術を取り入れようか経営判断に悩む。そのように市場に対して逡巡している間に、破壊的技術をメインに据えてきた企業が市場を独占し、巨大企業(持続的技術でメシを食ってきた企業)を蹴落としてしまうというのがだいたいの要旨で間違いないだろう。

思い当たる節は幾つもあって、自分事として納得することが多かった。難解な箇所もあり何度も船を漕いでしまったのだが、経営本としては「古典」にあたる本書を年内に読み切ることができて良かったと思う。

◆『ジョナサン・アイブ』リーアンダー・ケイニー


AppleのChief Design Officerであるジョナサン・アイヴにフィーチャーした本。

ブランディングやマーケティング、プレゼンテーションに関するApple関連の著書は山ほどあったけれど、純粋にデザイン(の本質)にフィーチャーする著書はなかなか少なかったように思う。デザインを取り上げるならば彼をフィーチャーしないわけにはいかない。秘密主義のAppleの中で、筆者が丹念に取材し続けたのが分かる1冊になっている。

終盤は、やっぱりスティーヴ・ジョブズの言及が多く、主役であるジョナサン・アイヴのお株をほぼほぼ奪ってしまった。そのティッピングポイントは、Appleがもともとデザインに対して持っていた価値観が昇華して、かなり最高度水準まで洗練されてきたことで、「デザインが前提」としてAppleの中に浸透していったことを証明しているようにも思う。

ちなみに本書は特にジョナサン・アイヴにオーサライズを取っているわけではなさそう。
この手の人物評は過剰に良く描かれるか、その逆かどちらかなことが多いけれど、非常にフェアな視点で書かれているような印象を受けた。

彼に影響を与えたロバート・ブルーナー(かつてのAppleで工業デザイン部門の責任者を務め、ジョナサン・アイヴをAppleに引き抜いた人物)の言葉も面白い。

退屈な仕切り机の中ではデザインなんてできない。そんなところじゃだれも働きたがらない。天井が高くて気持ちの高揚するようなオープンスタジオが絶対に必要だ。それがものすごく大切なんだ。それが仕事の質を左右する。やる気を生むんだ。

***

まだまだ積ん読リストがいっぱいあるので、2016年こそはしっかりインプットの質を高めていきたい。

積ん読リスト(2015年1月)

http://d.hatena.ne.jp/ryozo18/20150115/1421297491

前のブログで似たようなことをやっていましたが、生きる上でのインプットは大切にしなければならないと。

◆『イノベーションのジレンマ〜技術革新が巨大企業を滅ぼすとき〜』クレイトン・クリステンセン
昔からの名著ですね。こんな記事もあるわけですが、どうなのでしょう。ビジネスに携わる身として、一般教養レベルでこの本は読まねばならないでしょう。

◆『ランチェスター思考〜競争戦略の基礎〜』福田秀人
戦略って、ついつい市場と自社のことを考えがちですが、競合が何を考えているか/競合に対してどんな策を講じるのかも並行して考える必要があります。ランチェスター戦略について学ぶことで、対競合の視点から、様々な示唆を与えてくれると期待しています。

◆『ビジネスモデル全史』三谷宏治
周りで「分かりやすい!」「役に立った!」と2014年に評判となった本でございます。図表も多く、インプットには最適な書物だと直感しています。

◆『ジョナサン・アイブ』リーアンダー・ケイニー
先週買ったばかりですが、並行して読んでいた『翔ぶが如く』に引き込まれ、このままでは「積ん読」モードになりそう。生い立ちパートが少し長いのですが、大事なのは本質を捉えることです。

◆『ジェフ・ベゾス 果てなき野望』ブラッド・ストーン
ジェフ・ベゾスは最も成功した経営者の一人ですが、ECという枠に捉われないAmazonという企業の存在には大変興味がありました。本書で何が得られるか分かりませんが、その親玉の思想が垣間見えることを期待しています。

◆『ネットワークはなぜつながるのか』戸根勤
起業しようと思っていた時期に、システム系の知識を得たいと買った本です。そこそこ高め(2400円)の本だったこともあり、読了しなければ勿体無いなと。

◆『里山資本主義』藻谷浩介
長野でプロジェクトを行なっている先輩が、以前飲んだときにお薦めしてくれた本です。年末に買ったのですが、つい「積ん読」モードになってしまいました。

◆『すべて真夜中の恋人たち』川上未映子
川上未映子は『乳と卵』『ヘヴン』の2作を読んでいて、常に「引っ掛かり」を僕の胸に残してきました。ざわざわとした刺激を、今回も受けられるのか楽しみです。

◆『勝海舟 私に帰せず(上)(下)』津本陽
30代は「過去」を紐解く旅になると思っています。僕は幕末が好きで、幕末に関する本を書いてみたいとすら不肖ながら思っております。これもAmazonで買って暫く経つわけですが、司馬遼太郎だけでない歴史小説も読んでみようと思う次第です。

◆『天璋院篤姫(上)(下)』宮尾登美子
風邪を引いているときに、Huluで一気見してしまいました(今のところ43話まで)。原作の宮尾登美子さんの作品は一度も読んだことがありませんでした。これを機に。これは図書館で借りたものなので、あと1週間で読み切らねば笑

1つもファイナンス(会計/財務)に関する「積ん読」リストが無いなと。当然、現在進行形のものも。