初めての舞台『稔』に行ってきた(その感想)

minoru

minoru

「文化とカルチャーの間で」というブログを書いていながら、
文化なりカルチャーなりに関して、僕が語れる守備範囲は非常に狭い。

小説を読んだり、音楽を聴いたりはするけれど、
その類の熱心なファンの方々に比べれば大したことない。
映画に関しては年に何度か映画館に足を運ぶレベルで、映画好きな友人と映画に関する話題を共有するのも憚られてしまう。(自分の性格ゆえに、そういう話を振ってしまいがちなんだけど)
クラシック、ミュージカル、歌舞伎などの伝統芸能、落語、サブカルチャー、ゲームなどなど、狭いどころか、語れることが皆無のものも山ほどある。

偏り。
全てを網羅することは、なかなか難しいだろう。
だけど少なくとも、食わず嫌いや先入観などは持たぬよう、心掛けたい。

***

さて。
そんな前提のもと、初めて「舞台」なるものに行ってきた。
ザムザ阿佐ヶ谷という、100人が入るかどうかというハコ(そのサイズがどれくらいなのかも僕には判別つかない)。
舞台の名前は『稔』。11/7〜12まで計9回公演されていた。
その回数がどれくらいの水準なのかも、やはり僕には判別つかないのだが。

既に舞台は終わってしまったので、多少あらすじを書いても良いと思う。
男性登場人物の殆どが『稔』という名前。訳あって集められた稔たちが、自らのバックグラウンドを自分語りする。内面を描きながら、他者である私たちに心情を移入させていく。舞台背景が次々に変わることは無い。トーンはだいたい一定に保たれている。だが長回しの台詞がそれぞれ展開されていくので(1人も噛まなかった。すごい!)、間延びせずに舞台を注目することができた。

というか、
ちょっとでも気が緩むと、ついていけなくなるのだ。

なかなか脚本も練られている。
伏線と思われる仕掛け(違和感)があるのだけれど、お客さんに判るか判らないかの絶妙なバランスを保ちながら放たれていた。つまり、だいたいの伏線は、劇中にお客さんが拾っていける(もちろん、意図的に構成されている)。演じられている「現在」と、演じられていた「過去」をお客さん自身が繋ぎ合わせることができる。能動的に舞台に入っていけるということだ。

ちなみに、
肝心要のラストシーンの伏線を、僕は劇終了後に気付くことができた。
「うわぁ、気付かなかった!」という悔しさと共に、「あー、なるほど!」という爽快感がしっかりあった。主演を務めた木田健太さんとも話ができたけれど、してやったりな表情が印象的だった。

そういう演出の妙だけでなく、
100人が入るかどうかというハコという環境が面白みに拍車をかけている。
お客さん同士、あるいは役者との距離が近接していることの効果だろう。息を呑む音、役者の呼吸や汗、感情の高ぶりと共に充血していく役者の眼…。普段ダラっと、ドラマや映画を観る感覚とは、かなり違って、演劇の中にすっぽりと呑み込まれてしまう感覚があった。

前述の通り、演劇に関して比較対象を持ち得ない僕だけど、とても面白かった。
舞台に行く人の気持ちが判ったし、(傲慢かもしれないけれど)舞台に心血を注いでいる人たちの気持ちも判る気がした。

観ること、観られること、そのダイナミズムが「舞台」という装置を通じて、直接的に結びつけている。
いつでもどこでも何度でも観ることのできるユビキタスな時代と相反するアナログなそれは、たぶん今後も消えることは無いだろう。役を演じる人たちに、惜しみない拍手を送りたい。

buncul.com、2013年から本格運用します

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

2012年12月〜運用開始した「文化とカルチャーの間で」。なかなか自分自身の考えを深めることができないまま1ヶ月を過ごしてしまいました。

書籍を読んだり、美術館や博物館に足を運んだり、人に話を聞いたり。
既に自分の中で「100日プロジェクト」と銘打った企画も検討中です。

ということで、本格運用に向けて、良い年になるよう頑張ります。

***

新年は「習慣」が盛りだくさんです。

・年賀状
・(喪中のときは)「明けましておめでとう」を言わない
・紅白歌合戦からの、ゆく年くる年
・おせち料理
・一富士二鷹三茄子

などなど。

長く続いている「習慣」や「常識」や「慣例」というものは、概して「何故それが行なわれているのか?」ということを知らない。知らないにも関わらず、それらを「守らない」と、不義理のレッテルを貼られることになる。

レッテルを貼れるか否かは、所属しているコミュニティが、行為に対して、どれくらい支持をしているかに依る。詳しいことは分からないが、所属しているコミュニティの9割が年賀状を出すのであれば、「出さない」ことはマイノリティになるし、一部の人から糾弾されたりしうるだろう。

マイノリティにとっては、不義理のレッテルを貼られることは、不名誉なことだ。

だけど、「習慣」や「常識」や「慣例」の背景を知らなかったとしても、それが、所属するコミュニティに対してマイナスにならないのが面白いところだろう。

何も言わなくても、行為に対して、コミュニティの構成員たちが遂行してくれる。それは、時間や費用が大幅に節約できることを意味する。その意味には、かけがえのない価値がある場合もあろう。

それらの「習慣」や「常識」や「慣例」を切り崩すのは、PESTと呼ばれるマクロ環境要因だろう。

P・・・政治
E・・・経済
S・・・社会
T・・・技術

これらは、なかなか自分ではコントロールできないもので、世の中の動きに順応する(しない)を、我々は選択することが求められるというわけだ。

長くなってしまったけれど、「文化」や「カルチャー」を考察することは、そういった背景を丁寧に検証することであり、往々にして時間がかかることだ。けれど、ブログ開設の際に書いたように、それらを求めることで人生を「おもしろく」できれば良いなと感じている。

ということで、2013年も、よろしくお願いいたします。

TEDxKeio SFCに行ってきました(「伝える」ということ)

既に多くの人が知っている、カンファレンス・TED。

世界の至高のプレゼンテーションが見れるサイトで、世界的に人気があります。聞くところによると、チケットも高額で、しかもすぐソールドアウトになってしまうとか。

そんなTED、実際のカンファレンスで視聴する機会を得、行ってきました。と言っても、TEDx(テデックス)という、地域毎で個別に行なわれているイベントです。今回開催されたTEDxは、TEDxKeio SFCと銘打ち、たくさんの魅力的なプレゼンターの発表を、実際に目にすることができました。

20121220200538

詳しいレポートは、僕が他で運営しているブログに、後日アップします。http://d.hatena.ne.jp/HORISOH/

今回凄いなあと感じたのは、TEDが持つミッション「idea worth spreading」です。広めるべきアイデアを、世界中の多くの人々に知ってもらいたい。そのために通常のカンファレンスだけでなく、サイトにていつでも見れるようにしたコンセプト。世界の第一線で活躍されている方、あまり脚光は浴びていないけれども価値のあるアイデアや技術をお持ちの方、不思議な体験をされた方・・・。多彩でエネルギッシュなスピーカーのプレゼンテーションは、どれも魅力的です。

「伝える」ということ。大昔はFace to Faceに限定されていました。

それが、

集会という「場」の設計、印刷技術の発展で、1対多というものが広がりを見せるようになりました。

更には、テレビやラジオが公共に向けて、同時に、情報を提供できるメディアに成長しました。

そしてインターネットです。リアルタイムでの情報共有も、ストレージとしての情報蓄積の両面が可能になりました。更には、情報はいつでも、どこでも、網羅的に共有できるものに。テキスト情報はおろか、静止画情報、動画情報など、伝えられる「モノ」にもバリエーションが見られるようになる。

情報革命、という安易な言葉で片付けたくはないのですが、人類がこれまで経験した歴史を考えると、インターネットの「伝える」パワーというものは、想像している以上に価値があるものだと思います。そして、そのパワーが政治、経済、文化、人間に影響を及ぼしていく。

それがプラスの要素だけでなく、マイナスの要素も多分に含まれていることは周知の事実。利便性の側面だけでなく、時には人の生命を脅かす情報革命。

よりリッチに、コンビニエンスに、大きく、うねりを上げて進んでいく様子を、僕は、「文化」「カルチャー」という観点で考え続けたいと思います。

「働く」×「文化」について

「文化とカルチャーの間で」
ブログを開設してから3週間弱、6つ目のポストになります。
3日に1回ペースだと悪くもないように感じますが、2週間近く更新が滞るなど、まだまだ書き慣れていません。

私事ですが、12/3(月)から、新しい会社に勤務しています。
本業に時間をかける比重が大きくなるのは当たり前ですが、やはり新しい環境への対応はエネルギーを要します。悪い意味でなく。

前後の会社を比較するときに、「この会社の文化は●●だなあ」とか、「前の会社のカルチャーは○○だったなあ」とか、会社のことを表現することがあります。「文化」や「カルチャー」という単語は、「働く」というシーンでも使用されるわけです。

ビジネス名著『ビジョナリー・カンパニー』でも「働く」ことと「文化」「カルチャー」が関連づけられています。「カルトのような文化」という見出しで、IBM、ウォルト・ディズニー、P&Gが紹介されています。

冒頭、ノードストロームという米国のデパートチェーンの「文化」を象徴するやり取りが、紹介されていますが、

新入社員:新入社員の50パーセントは1年以内に辞めていくと聞いていますが?
人事:そうです。プレッシャーに耐えられない人、猛烈な仕事に耐えられない人、会社のシステムや価値を信じられない人は辞めていきます。しかし、やる気があり自主性があり、そして何よりも、成績をあげ、顧客に奉仕する能力があれば、うまくやっていくでしょう。大切なことは、ノードストロームが合っているかどうかです。合っていなければ、会社を憎むようになり、みじめな思いをし、辞めていくことになります。

非常に厳しい言葉が並んでおり、5年前に本書を読んだとき、非常に驚いたことを覚えています。

今は、確かにその通りだと感じています。能力云々でなく、「文化」に合うかどうかは非常に重要です。「文化」に合うというのは、迎合する、とは少し異なるように思います。馴染む、という言葉が相応しいかな。

いずれにせよ、「文化」や「カルチャー」が、人生を大きく左右する例です。極端かもしれませんが、「文化」は人生を有意義にもするし、あるいは致命的な揺らぎを与えることもあるのです。

僕は、それを面白いと思っています。