古河はなももマラソン雑記(2014年3月16日)

京都マラソン雑記のエントリでも書いたけれど、真剣に【走る】ことを始めて、既に短くはない年月が経ってしまった。
走るのがとにかく気持ち良い時期もあれば、どうしても走る気が起きない時期もあった。機械的に走るだけの日もあれば、スピードやペースに対して意識的に走ることもあった。

2014年3月16日に臨んだ古河はなももマラソンは、通算して【10回目】のフルマラソンになる。昨年も走ったこの大会では、自己ベストである3時間34分台を出すことができた。思い出深い大会である。

【20代最後】。そんなメモリアルな節目。
もちろん、狙うは自己ベストの更新であり、【サブ3.5】である。

だが大会の直前、仕事で忙殺される日々が続いた。慢性的な睡眠不足で、体調も芳しくなかった。
前日も4時間しか寝られなかった上、行きの電車でも1時間くらいは立ちっぱなし。頭がクラクラした状態のまま、会場に入った。
当日は天候に恵まれ(というか快晴で暑いくらい)、気持ち良い風も吹いていたけれど、このまま熱心に走り込めるかどうか不安があった。「マラソンはメンタル7割」とも言われるスポーツだ。

だけど、ここまで来たらスタートラインに立つ以外に選択肢はない。
とにかく完走を目指そうと心に決めた。

スタートラインを前方に位置できたこともあり、序盤は周りのハイペースにつられる形で進んだ。実に4分40秒/キロだった。
前回の京都マラソンで、前半にタイムで余裕を持たせることが、自分に合っていると分かっていた。それでも、このペースは速すぎる。3時間20分を切るようなペースだ。最後まで持たないのは当然のことながら、後半の失速に影響すること必至である。

それでも、ペースを押さえることはできなかった。というか、しなかった。
快晴のなか、久しぶりに(こんな長い距離は1ヶ月ぶり)走れることは、とても気持ち良かったからだ。

古河はなももマラソンは、序盤と終盤に町中を走るほかは、田舎道を延々と走るのんびりしたコースだ。悪く言うと単調で、都市部のように、ひっきりなしに沿道で応援してくれる人が溢れているわけではない。4キロ走って折り返し、戻ってまた4キロ走って折り返し…というようなコース設計だ。正直、飽きるしつまらない。

そんなコース設計は、アップダウンを極力押さえるためなんだろうと思う。有り難いなと思う一方で、ランナーの忍耐強さが求められるコースであることは間違いない。

結論から言うと、20-25キロで5分/キロのペースに落ち込んでしまうと、その後はズルズルとタイムが落ち込んでしまった。
35-40キロでは6分/キロペースにまでダウン。この苦しみは毎度避け難いものだ。同じような落ち込みになってしまうために、35-40キロは意識的に踏ん張りたい思いはあったのだけれど。まあ練習不足だったので致し方ないだろう。

タイムはこんな感じ。ネットで【3時間39分00秒】。

result_hanamomo_2014

ひとえに練習不足と言っては、芸が無いので。失速の要因をほかにも求めることにする。

まずは暑さ。当日は20度近くまで上がったものと思われる。1月に薄着で低体温症に陥った怖さから、長袖のロングTシャツを着て走った。多少向かい風も吹いていたので、その選択は間違っていなかったと思う。だが、スピードさえ落ちないのであれば半袖でも良かっただろう。
それに伴う給水ミス。どの給水所でもきっちり給水することはできたけれど、古河はなももマラソンは給水所の数が最低限。5キロ毎にあるような感じだ。しっかり飲もうと、1回あたりの給水量が多くなってしまったように感じる。この点に関しては、これと言って対策は思いつかないのだけれど。特に後半は、もう2ヶ所くらい給水所を増やしてくれても良いんじゃないかなあ。

良かった点や思い出も。

メンタルのことを言及したけれど、この日は最後までメンタルが弱まることは無かった。
やはり終盤は1キロあたりが長いなあと思ったけれど、前回走ったレースだからか、「もうちょい走ればゴールのはず」という気持ちを保つことができた。今シーズンは4回もフルマラソンに参加したので、身体が42.195キロに慣れたこともあるかもしれない。

レース後は友人を待つために、【残り300メートル】の地点に陣取り、微力ながらランナーの方々を応援をさせていただいた。
走っているときは気付かないが、実にたくさんのランナーがいるし、たくさんの走り方があり、たくさんの表情がある。
ただし、それぞれのランナーにとって【残り300メートル】というのは、そのレースにおいては1回限りの経験である。その地点には一歩一歩踏みしめなければ辿り着けないし、戻れもしない。それは僕にとってとても特別のことのように思えた。ランナーというのは、平等に美しいなと感じた。

次のフルマラソンは、半年以上先のことになるだろう。
その時点で、僕は【30歳】を迎えている。いまだに、【30歳】になることに対して自覚も覚悟も出来ていない。ただ純粋に、良いタイムで走りたいという欲求はあり続けているだろうと、そういう予感はある。

さあ、次のレースは「チャレンジ富士五湖」。72キロ走という未体験ゾーンに突入します!

2013年12月ランニング総括

だいぶ時間は過ぎてしまったけれど、12月のランニングメモ。
前回のブログを読み返すと、「80歳まで続けると600エントリーになる」とあって、早速続かなくなっていることに苦笑いせざるをえない。

12月は110キロを走破。走り込みが重要な季節にも関わらず、かなり少ないなあという印象。内訳を見ると、平日に全く走れていない。寒さが厳しくなっている冬、寒さに負けず、気を引き締めて頑張りたい。

12月は大会参加は見送り。
その代わり、高校時代の友人仲間と早稲田駅伝に参加した。

「駅伝」に参加するのは初めてのこと。
男女混合の部、有り難いことに花の2区である6キロを走らせてもらった。24分07秒というタイムは、参加者の中でもまあまあ早い方。ただ、23分台だと「速い」印象が劇的に増すので、もう少し縮められると良かったなと。

ちなみにチームは、全183チームの中で51位。
5人中2人が女性で、それほど練習に励んでいないチームにも関わらず、健闘したと思う。1人が2分縮めることができれば、10位以内に入れる計算に。年明けも、このメンバーで集まって少しだけ走った。このマラソン仲間たちと、2014年は上位入賞を目論みたい。

「襷」を繋ぐことの楽しさ、喜びは、個人でフルマラソンに参加するのとは別のものだった。
箱根駅伝などでは、それらの醍醐味がフィーチャーされているけれど、実感として「襷」の持つ意味合いを知ることができた。6キロと距離は短かったが、僕のマラソン人生の中で、決して小さくはない「経験」だったと思う。

「経験」という意味では、早稲田駅伝の1週間前に、短い距離を走る練習をした。

ちなみに僕の練習はたいていジョギング。それほど速くないスピードで、長い距離を走る。フルマラソンをきちんとしたタイムで走るには、走り切るための筋力が必要だ。そのため、自然と僕の練習は筋力を高めていくためのトレーニングになる。

ただ、6キロを走るためには瞬発力が必要だ。もちろん、瞬発力を高めるためには一朝一夕では成立しない。ただ「1キロをどれくらいのスピードで走れるのか」を知ることは、当日のシミュレーションとして最低限に大切なことだと思ったわけだ。

その練習では、1キロ3分40秒くらいで走ると、かなりツラいことが判明した。
走り終わった後は、膝も肘も首もガクガクになる。いつもは温かい状態で走り終えるのに、何だか寒い。事実として、軽い風邪も引くほどに。ジョグでないペース走、侮ってはいけないなと感じた。

結果として、だいたい1キロ4分で走ると良いのでは?と思っていたので、今回のタイムは非常に想定内だった。

さて、自分への喝も含め、既に決まっている大会を並べてみる。

1月:勝田全国マラソン(フル)
2月:京都マラソン(フル)
3月:サンスポ古河はなももマラソン(フル)
4月:チャレンジ富士五湖(72キロ)

かなりハードワークな日々だけど、フルマラソンでは念願のサブ3.5を、72キロは制限時間内での完走を目指す。やるからにはガチでありたい。

ということで、改めて今年もよろしくお願いいたします。