短期間で文章をまとめ上げる能力について

先日、サロマ湖100kmウルトラマラソンのブログを書いた。今日の昼に読み直してみたけれど「こんなにも誤字があるかね」というような内容で、顔から火が出るほど恥ずかしくなった。初めての100km走だ、6,000字を超えるほどの熱量は評価しよう(自分に対して)。でもね、同じ言い回しをそこかしこでしていたり、ストライド走法のことを「スライド」と書いてしまったり、過去形/現在形/未来形の使い分けにブレがあったり、なかなか統一感のあるトーンで文章が書けていない。

話が逸れるけれど、トーンとは、つまり僕らしい文章のことだ。僕らしさとは何か?それを明確にすることはしていないから、僕は僕の文章をトーンという言葉で表現している。
改めて。僕はトーンを意識した文章を書きたいと思っている。文章の巧拙は、たぶんトーンには関係なくて、むしろ書けることが増えれば増えるほど、トーンがバラけてくるのかもしれないとさえ思っている。トーンとは身近で、かつ奥深いものだ。

さて話を本題に戻す。短期間で文章をまとめ上げる能力というのは希少価値が高いと思う。長い時間をかけて面白い文章や小説を生み出すというのも希少価値は高いけれど、ニーズという側面で見れば、短期間で書けるというスキルは裾野広く重宝されることだろう。そして、それはライターを専門職としない方(もちろん専門職であっても、この能力の高さは喜ばれるだろうが)にとって、その能力が極めて有効になるんじゃないかと思っている。

デザイナー、研究職、政治家、スポーツ選手、経営者…etc
別のフィールドでとりわけ強みを有している方が、それを正しく言語化することで、他者に伝わっていく。旬、というのも大事になるから、あまりダラダラと書かない方が良い。5分以内で読めるものをさっくりとまとめ上げる。他者に伝わっていく。
もちろん強みを何1つ有していなくても、上手い文章はすっと自分に落ちる。そもそも文章とは書き手と読み手のキャッチボールみたいなもので、いくら高尚な文章を書いたとて読み手に伝わらなければ、(あんまり)意味がない。

僕はけっこう、ダラダラと文章を書いてしまう。
たくさんの文章が、「草稿」として眠っていることが多い。
それは将来に活きるネタなのかもしれない。いずれにせよ、僕の中で眠る宝(のようなもの)を、僕は有効に活用していこうと思う。