第42回市原高滝湖マラソン雑記(2016年1月9日)

2016年最初のレースは第42回市原高滝湖マラソン。
1年ぶりのハーフマラソン。千葉県の房総エリアでは、昨年末の〜coast to coast〜 房総半島横断60kに続いてのレースとなる。

「フルマラソンをそれだけ(14回)走っているなら、ハーフマラソンなんて楽でしょ?」
時々走らない人から言われるんだけれど、もちろんそんなことは無い。「もちろん」という副詞を付けてしまったけれど、全てのランナーの皆さまなら共感してくれるのではないだろうか。例え5キロであっても、自分がベストを尽くそうと思うのであれば身体から全エネルギーを放出すべくハッスルしなければならない。仕事において、どんなルーティンにおいても、最善を尽くそうと思えばそれなりに疲労が生まれるのと同じことだ。

さて、今回走った市原高滝湖マラソンだが、市原市で「42回」続く伝統ある大会である。
「元旦マラソン大会」「新春マラソン大会」という過去の名称を引き継ぎながら、地元の市原市民に愛されて開催されている。参加者数も2,059人となかなかの数だ。しかもそのうち、市原市民は1,066人と5割を超えている。市原市の人口は約28万人、0.5%が参加している計算になる。数にすると、少なく感じられるかもしれない。

だけど、実際に参加して実感したのだが、この大会は多くの市原市民に愛されている。
車でなければ、開催地である市原高滝湖には小湊鐵道という地元のローカル線(同じ市原市なのに、JR五井駅から40分以上かかる)を使わなければならない。アクセスがお世辞にも良いと言えない場所に、こうして多くの市原市民を集めるというのは、なかなか困難なはずだ。
大会は、2.5km小学生女子の部から、5km、10km、ハーフマラソンと、実に細かい区分けがなされていた。大会パンフレットによると、小学生なんて男女を合わせても参加者数は100人ほど。だけどそこを「きちんと」拾っていく。運営面・収益性を鑑みると正直煩雑なことだろう。だけど、そんなことちっとも問題ではない。幅広い年齢層の市原市民が、元気であり続けて欲しいということなのだ。その辺は、東京マラソンや湘南国際マラソンといったメガ・レースと一線を画している。レース後に立ち寄った黒湯の温泉旅館で市原市のカレンダーが掲示されていたけれど、ちゃんと【1月9日】には市原高滝湖マラソンが実施される旨が記載されていた。さすがである。

***

なお、この大会は妻と走りました。
もともと妻はランナーでは無いのだが、1年に1回くらいは走ろうと決め(僕が決めました)、昨年に引き続いて2回目のハーフマラソン参加である。僕が僭越ながらガイド役を務め、制限時間内で完走するのがミッション。昨年は初回ということもあり何度か二人で練習をしたが、今年は何やかや予定が立て込み、妻は一切練習できなかったのが不安要素。いくら身体が丈夫な妻とは言え、そんなにマラソンは甘くない。
加えて、僕が腕時計を忘れるという失態を犯す。自宅の出発が遅れ、レースに遅刻気味で焦ってしまったのだ。ガイド役失格である。おかげで携帯電話(しかもガラケー)をいちいち取り出しながら、時間確認せざるをえなくなってしまった。ストップウォッチ機能がないために、分単位でしか状況確認できないのも痛い。

市原高滝湖マラソンは、一応関門および制限時間が設定されています。
14キロ地点で1時間40分、ゴール時点で2時間半。つまり、1キロ7分ペースをきっかり守っていかねばならない。標準といえば標準である。ちなみに我々の昨年のゴールタイムは2時間26、27分くらい。コースは基本的にフラットだが、向かい風が発生するなどレース・コンディション次第でタイムに影響が出てしまう。

だいたいにおいて、僕は楽観的な性格だと自覚している。
しかしマラソンを走ることに関しては、楽観的な性格とは言えないように思う。
幾つかの致命的なリスクを想定し、可能であれば予め潰しておく。対策を練った分だけレースの成否可能性が劇的に高まるわけでは無いのだが、事前準備の有効性は実感している(何度もレースで痛い目に遭って来たので)。せっかくレンタカーまで借りて千葉にやって来たのに、ゴールできないなんて絶対嫌だ。

***

レースは高滝湖を3周する。
1周あたり7キロなので、1キロあたり6分30秒〜6分45秒くらいで走れれば、2周を終えて余力が無くなったとしてもゴールできるはず。そんな見立てで走ることにした。妻とゆっくりとした速度で走るため、寒さ対策のため普段よりTシャツを1枚多く着込んで走ったが、日なたでは「暑い」と感じるほどの陽気だった。通常ならば2月上旬から咲き始める菜の花も沿道で姿を見せているほど。喉が渇く→給水ポイントで水を飲み過ぎるという懸念があったので、手持ちのポカリスエットで小まめに水分を補給した。無風に近い状態で、実に気持ち良く走ることができるのが本当に有難い。
1周目はどんなコースだろうと思っていたが、初心者ランナーには若干しんどいアップダウンがわりとあるなという印象を受けた。特に2〜3キロの上り、4〜6キロのアップダウンは周回を重ねるほどに脚にダメージを与えるだろうと感じた。

それでも、妻の顔を見ると余裕さえ感じられたし、知り合いの市原市の方にお会いして記念撮影できるくらい和気藹々と2周(14キロ)を過ぎることができた。関門の制限時間を5分ほど上回るペース。だけど後々振り返ると、2周目のペースは若干上がり過ぎていたかもしれない。近くで走っていた4人組のランナーたちの後を走っていたけれど、彼らのペースが想定よりも上がっていたので、僕としては少し自制してみるべきだった(妻は何度も「ペース上がってない?」と心配してたが、僕は「想定内のこと」として処理してしまったのだ)。

案の定、3周目に入ると我々のペースがグッと落ちた。
4人組のランナーたちとも少しずつ距離を空けられていった。妻の表情に変化は無かったし「昨年よりも全然疲れていない」と話しているほどに、疲労が溜まっているわけではなかった。要するに妻の言葉は間違っていなかったのだけど、その一方で昨年に比べ、ゴールに向かう馬力のようなものが、なかなか湧き上がって来なかったのだ。

疲れない。
その一方で、ペースはしっかり落ちていく。

数値化すると、その落差はしっかりと表れている。

残り7.1キロの時点で、制限時間まで55分(1キロあたり7.74分ペース)。
残り3.1キロの時点で、制限時間まで22分(1キロあたり7.09分ペース)。

幸いだったのは、残り3.1キロからは殆どフラットなコースが続いたこと、最後まで無風だったこと、そして終盤まで妻が余力を振り絞れるほどにモチベーションを保てていたことだ。残り1.1キロの地点(制限時間まで7〜8分)で沿道の方々が「制限時間ギリギリだよ」と発破をかけてくれたことにも助けられた。我々を更にギアチェンジさせてくれて、残り300メートルは中距離走のごとく駆けることができた。

結果は、制限時間の6秒前にゴール(2時間29分54秒)。
本当にギリギリだった。
かつて、これほどまでに制限時間に近接したことは無かった。

あまりにエネルギーを使い過ぎて、妻と抱き合って喜ぶことは無かったけれど(単なるモラルの問題でもあるが)、ゴールできたことの感慨深さは昨年の比では無い。ちなみに記録が残ったランナーとしては、我々が最後。つまり「ビリッケツ」である。だけど、実に誇らしい「ビリッケツ」だった。

走っているときは、景色を見る余裕なんて無いものだけど、写真を整理したり記憶の糸を辿っていったりすると、僕がこれまで参加した中でも3本の指に入るくらいの良い環境下でのレースだったと思う(1位はぶっちぎりで南伊豆町みちくさウルトラマラソン)。
そんなレースを妻と無事に完走できたことを喜びたいと思うし、これからも機会を得て走っていきたい。翌日・翌々日と妻は筋肉痛に苦しんでいたけれど、フィジカルに思い出を作るっていうのも良いものだと僕は思います。

高滝小学校に集まる老若男女のランナーたち。

高滝小学校に集まる老若男女のランナーたち。

ご覧の通り、快晴!

ご覧の通り、快晴!

太陽が眩しい。

太陽が眩しい。

高滝湖をぐるっと3周。

高滝湖をぐるっと3周。

適度なアップダウン、走りやすかった!

適度なアップダウン、走りやすかった!

実際のコースマップ、高滝湖を3周します。

実際のコースマップ、高滝湖を3周します。

2013年11月ランニング総括

photo (1)

月ごとのランニングメモは、もう1つのブログに書いていたけれど、今月から本ブログに移管。
これから死ぬまで走っていくと思うわけだけど、80歳まで走り続けていたら、12ヶ月×50年=600エントリーになる。定期的に自分を見つめ直す機会にもなるわけで、しばらく続けていこうと思う。

主に記録するのは、その月にどれくらい走ったのかということ。
今月は76.4キロをトレーニングで走り、フルマラソンとハーフマラソンの大会に参加したので、計140キロくらい走ったことになる。マラソンのシーズンは最低ノルマが100キロくらいだと思うので、まあ走り込めたとは思う。でも、大会で走った走行距離は含めちゃ駄目だよなあ。

足利尊氏公ハーフマラソン:結果→1時間39分52秒
つくばマラソン:結果→3時間39分57秒

つくばマラソンで初めてのランナーズハイを経験して、何となくマラソン人生で次のフェーズに入れたのではないかと感じている。
たぶん、まだ速く走れるし、もっと長い距離を走ることができそうだ。もっとタフにやっていける。

次の本格的なレースは、1月の勝田マラソン。12月の走り納めは早稲田駅伝、6キロ。12月は自由に走れる時期だと思うので、最低200キロは走れたら良いと思う。

関係ないけど、11月24日放送の情熱大陸、次回予告でGRAPEVINEが流れていたのでYouTubeリンク貼り付けときますね。大好きな曲、「FLY」。

足利尊氏公マラソン雑記

スクリーンショット 2013-11-04 20.54.02

11月3日は「文化の日」なわけだけど、例年天気に恵まれているという定説がある。
そして僕が知る限り、この時期に様々なスポーツ・イベントが開かれ、老若男女が身体を動かし、清々しい汗を流している。
(2013年のこの日は、楽天ゴールデンイーグルスが創設9年目で初の日本一に輝いた。ガンバ大阪がJ1昇格を決めたことなど、当事者以外はスッカリ話題にのぼらなかったけど)

ランニングシーズンというのは、秋くらいを目処にスタートする。
「今シーズン初めて」という表現が使われるとき、大抵ランナーとそうでない人の間で齟齬が生まれる。「え、3月くらいに走ってなかったっけ?」という具合に。
オリンピックのフルマラソンのイメージがあるのだろう、マラソンが冬のシーズンのスポーツだとはあまり認知されていないらしい。実際、30度を超えた中走る国際大会は無謀だと思ううんだけど、他の陸上競技との兼ね合いもあるし、夏にマラソンのビッグ・イベントが行なわれるというのは仕方のないことなのだろう。

さて、栃木県出身でもある僕は、今シーズン初のマラソン大会に、栃木県足利市で開催された足利尊氏公マラソン大会を選んだ。
フルマラソンは競技種目に無いため、この日はハーフマラソンの部に参加した。普段僕はフルマラソンを主戦場にしているので、スピードの求められるハーフマラソンは正直キツいのだけど、3週間後に控えたつくばマラソン前の調整を目的に参加を決めた。ハーフマラソンのベストは1時間35分台後半。レース前にはちゃんと走り込んだし、自己ベストを密かに狙っていた。

しかし、結果は1時間39分52秒。

40分台に突入しそうな、宜しくないタイムだった。少なくはないアップダウン、快晴で気温も高かったのに厚着してしまったこと、足にフィットしないシューズを選んだことなど、言い訳を挙げ連ねるとキリが無い。とにかくスピードと脚力のバランスが悪かったことが原因だろう。毎日コンスタントに走っても、バランスが悪ければ、良い結果を得ることはできない。

裏を返せば、マラソン歴が6年目に入ったことで、「とりあえず走ればタイムが伸びる」というフェーズを過ぎたことを意味する。走り始めの頃は、練習すればするだけ、タイムは伸びた。新入社員は3年目くらいまでは面白いように仕事を吸収しスキルを伸ばせるように。一定の分水嶺を超えた後は、もう少し戦略的にならなくてはいけない。そのことを思い知らされたレースだった。

今シーズンをフルマラソンを4つも走ることになっている。今まではだいたい年に2回だったので、無謀にも思えるチャレンジだ。
今までの自己ベストは3時間34分37秒。もちろんどの大会もサブ4で行きたいし、そのうち1回はサブ3.5を狙いたい。年齢は29歳。マラソンランナーのピークは40代まで可能性があるようなので焦りはないけれど、自分の中で区切りをつける意味でも、20代最後のシーズンを満足して終えたいと思う。

村上春樹は著書『走ることについて語るときに僕の語ること』中で、こう言及している。

一般的なランナーの多くは「今回はこれくらいのタイムで走ろう」とあらかじめ個人的目標を決めてレースに挑む。そのタイム内で走ることができれば、彼/彼女は「何かを達成した」ということになるし、もし走れなければ「何かが達成できなかった」ことになる。もしタイム内で走れなかったとしても、やれる限りのことはやったという満足感なり、次につながっていくポジティブな手応えがあれば、また何かしらの大きな発見のようなものがあれば、たぶんそれはひとつの達成になるだろう。言い換えれば、走り終えて自分に誇り(あるいは誇りに似たもの)が持てるかどうか、それが長距離ランナーにとっての大事な基準になる。

上記の見解に、僕は大いに賛同する。
20代という遊びたい盛りの貴重な時間をマラソンに費やすという、走らない人にとって「愚か」と感じられるような行為を、僕は真剣(ガチ)に取り組んでいるのだ。

何より、走っているときに時々見かける若い女性ランナーは皆キラキラしている。犯罪にならない程度に、彼女たちのふくらはぎや首筋を眺めて大会に臨むのも悪くないものだ。

足利尊氏公マラソンでは、ゲストランナーの大久保絵里さんと、同じようなペースで走っていた。抜きつ抜かれつ3回くらい彼女の姿を追っていたのだが、その美しさに心奪われっぱなしだったことも追記しておく。後半の記述に不適切な内容があったことを、どうかご容赦願いたい。

▼大久保絵里さん

▼村上春樹『走ることについて語るときに僕の語ること』