第2回日光ハイウェイマラソン大会雑記(2015年11月29日)

典型的な失速レース

典型的な失速レース

僕は楽観的な性格なんだなと、再認識した。

フルマラソンをだいたい3時間30分〜40分で走れるようになったし、
ウルトラマラソンで100キロ完走も果たすことができた。
今年12月はトレイルランニングにも挑戦しようという意気込みだ。

そんな中で、
「お前はまだ、マラソンの大変さを知らない」と宣告されてしまった。
第2回日光ハイウェイマラソン大会は、そんな自分の甘さを指摘してくれたかのようなレースだったように思う。

第2回日光ハイウェイマラソン大会は、
その名の通り、日光宇都宮道路(有料道路)を封鎖し、ランナーのために1日解放してくれる大会だ。普段走れないところを走れるレア感は、ランナーをその気にさせよう。
また紅葉のピークは少し過ぎてしまったものの、男体山、女峰山を始めとする日光連山が綺麗に冠雪している光景は素晴らしかったし、地元・栃木県で走れる喜びは何にも代えがたかった。

練習不足はあったものの、ハーフの時点では「1時間59分台」だったので、まあ4時間前後でまとめられるかなと思ったのが、甘かった。

コースを見て欲しい。

高低差 約400メートル

高低差 約400メートル

スタートから折り返しの大沢ICまでは殆どが下り坂で、大沢ICからゴールまでは殆どが上り坂なのだ。
高低差は約400メートル。ただし400/20=1キロ当たり20メートルというのが計算上の数値。上り坂とは名ばかりで、感覚としてはずっと平地で行けるんじゃないかと踏んでいた。甘かった。

折り返しをして、走り始めた瞬間、
「こりゃ、いつもと違うわ」という状況に陥ってしまう。
足が差し込まれたように硬直し、一歩一歩が踏み出せなくなる。

それでも、最初のうちは1キロ6分をキープした。
それが5キロ毎に、1キロ7分となり、1キロ8分となり、1キロ10分となる。
記録が「4時間半〜5時間」の範囲のランナーが、一番辛いんじゃないかというのが僕の持論だ。
汗が乾いて体感温度が低くなる。給水のペースは掴めなくなる。そして常に「歩く」「歩かない」の判断が頭にちらついてしまう。1キロが途方もなく長く感じられ、どうしてもタイムに支障が出てしまう。

このレースでは、日光宇都宮道路の

・大沢IC
・土沢IC
・今市IC
・日光口PA
・日光IC
・清滝IC

という地点を通過していく。
キロ表示は5キロ毎にあるのだが、有料道路ゆえに、100メートルごとの表示が見える。
これが後半はなかなか縮まらず、身体と精神を蝕んでいった。

そして有料道路の最大の難点は、沿道に応援者がいないことだ。
何を甘ったれたことを言っているのだと叱られるかもしれない。

だけど、僕は沿道の皆さんの応援に支えられて走ってこれたんだということを再認識することになる。
「辛い」ときに「頑張れ」という声があることで、自分の限界を少しだけ伸ばしてくれる効果があるんだと思う。科学的なことは判らないけれど、背中を押してくれるというのは実感としても十分ある。

もちろん、ボランティアを買ってくれた地元の人々も、数百メートルおきに立ってくれて声を掛けてくれることもあった。これがなかったら、本当に途中で諦めていたかもしれない。

結果は、4時間56分という散々な結果だ。
殆どジョグで走った、真夏の第56回 六無月東京喜多(北)マラソンよりも遅い。
イメージとしては、今の妻に応援に来てもらった昨年11月の湘南国際マラソンのときのような失速具合だったと思う。

レースも幾つか予定している中で、
改めて自分に喝を入れないといけない。
仕事がいくら忙しくても、「走らないほど暇ではない」わけで、ここから気合を入れ直していきたいと思う。
フルマラソンはサブ3.5で、ウルトラマラソンは2年連続の完走を目指す。

実にシンプルじゃないか。

第56回 六無月東京喜多(北)マラソン雑記(2015年6月7日)

このレースに参加するのは4年ぶり。2011年に参加して以来。
このときは僕にとって2回目のフルマラソンだった。その2ヶ月前に参加したフルマラソンで地獄を見たので、何とかリベンジを果たしたいと思って参加したのだった。

そして体感したのは、それを超えるほどの地獄。
酷暑が体力を奪い、身体とメンタルを奪っていく。殆どない日陰。給水所までの距離(歩くから給水所と給水所の間が長い。喉が乾く。ようやくたどり着いた給水所で水を飲み過ぎてしまう)。

まさに悪循環。バッド・サイクル。

今回、僕が参加した目的は、3週間後のサロマ湖ウルトラマラソンのペース作り、暑さ対策のため。
だいたい1km7分ペース、4時間54分でゴールするのが目標。序盤飛ばし過ぎずに、暑さと戦いながらテレテレと走る。

結果的に、4時間52分8秒でのゴールだった。最後の1kmだけ力を入れたので、概ね想定通りのレースが出来た。最高気温も28度、陸橋の下しか日陰がない上、先の見えない「直線」が続くような道程は、サロマ湖対策にはバッチリだったんじゃないかな。

とは言え、走る中での課題もあり。
当日は疲労を抑えるために長袖のコンプレッションウェアを上下にまとう。それ自体は大きな違和感は無かったけれど、下着を身につけていなかったせいか、途中から地味に痺れるような股ズレに苦しんでしまう。背中から水を被ると、それがそのまま下まで降りていって、衣服と肌との間に妙な摩擦を生んでしまったことが原因だと思う。13時間のレースだと、これが致命傷になりかねないなと思った。
もう1つはペットボトルの処理。僕はペットボトルホルダーを持っていなくて、ポシェットの中にボトルを入れていた。クッション部分が裏返しになってしまったせいか、10km辺りで腰に違和感が。それから30kmはボトルを握りしめながら走った。これは無駄なパワーを両手に吸い込まれてしまったなと感じる。

そのほか、良かったところ。
・ウイダー社の塩タブレットを持参して、ちょこちょこ食べたこと。クエン酸が疲労を和らげてくれたような感覚がある。あとは、気休め効果も大事だった。
・ペットボトルは必須だった。ゆっくり走るので給水所と給水所の間が長いように感じる。サロマ湖ではレストステーションなど、中継地点に2つほどペットボトルを用意することができる。
・コンプレッションウェアは良い。どんなに暑くても着ていようと思う。
・途中休憩で、持参したパンを食べたことでエネルギー補給になった。長い距離は、空腹との戦いでもあると思う。
・準備が大事。暑さと作戦を頭に入れていた分、緻密にレースコントロールが出来ていた。フルマラソン参戦当初のそれと比べると格段に成長している。走れないときは、準備不足のときでもあるなと改めて感じる。

フルマラソン後もそれほど疲れは感じていない。
筋肉痛は若干あるけれど、違和感なく歩けている。

13回目のフルマラソンは、色々な気付きがあった。
リベンジも果たせたし、すごく有意義な戦いだったと思う。

第3回サンスポ古河はなももマラソン雑記(2015年3月15日)

3年連続、3回目の出場。
大会自体が「3回目」の開催なので、今のところ僕は皆勤賞ということになる。
都心から近く、フラットなコースで自己ベストを狙いやすい。出走料も比較的安いとなれば、こぞって参加者も増えていく。年々、出走直後のランナー渋滞が発生しているのは、好条件の大会であることが口コミで広がっているゆえだろう。

さて、僕にとって、今シーズン最後のフルマラソン。
4時間半近くかかった惨敗の湘南国際マラソンから4ヶ月ぶり。
6月に北海道、サロマ湖100kmウルトラマラソンに参加するための調整レースにすることもできたけれど、スタート直後に奮い立つような気持ちが湧いてきてしまった。アドレナリン。力を温存するために、抑えめに走り出すつもりがスピードが上がってしまう。こうなると、自分をコントロールすることができない。

タイムを意識するレースが久しぶりだったこともある。
ランナーの足音(「カツッ、カツッ」と小気味良い音が鳴るのだ)が、とてもクリアに聞こえる。随分と鮮明に。音楽も聴かない。ランナーの足音と呼吸が、僕にとってアナログなペースメーカーになる。

ランナー渋滞を通り抜けて、1km5分を切るペースになると、周囲のランナーの雰囲気が変わっていることを知る。走るために、無駄な贅肉が殆ど無い身体だ。もちろん例外もあるけれど、頬は真っ平らで、ふくらはぎに適度な筋肉がついている。視線は柔らかく、前だけを見ている。ランナーウェアが良く似合う。シューズはミズノやアシックスが多い。アンダーアーマーのシューズは僕だけだ(少し優越感に浸れる)。

結果的に30キロ直前で1km4分40秒というペースを刻んでしまい、そこからガクッとスピードが落ちていった。脚の疲れだけでなく、身体全体に疲労が襲いかかる。随分急じゃないかと思う。もう少し段階的でも良いじゃないか。

ただ、1km5分20〜30秒くらいのページを維持する。
目標物を決めて(「あそこの信号まで何とか走ろう」と。意外と走れてしまう)、1歩1歩前に身体を進めていく。我慢のレースが出来ている。残り7キロ、普段練習しているくらいの距離だ。身体はキツイが、絶望的な疲弊に囚われてはいない。

35キロ地点で、まだ半分にも満たないランナーたちとすれ違う。
間も無く3時間を経過する中で、すでに足が止まりそうな人たちだ。それでも、足を止めずに前に進んでいる。レースの関門に間も無く引っ掛かるだろう。
僕も最初の頃のフルマラソンで、猛暑の中をフラフラになりながら5時間半かけて42キロを走ったことがある。「走る」と「歩く」が一緒くたになるレースは本当につらい。終わりが見えない。休むわけにもいかない。言い訳もできない。三重苦、いや、もっと幾重にもネガティヴな感情に包まれてしまう。

そう考えると、僕は少しずつマラソンに馴れている。
レース中に、ポジティヴでいられる時間が増えているのが、その証拠ではないだろうか。

ゴール。
ネットタイムで3時間35分26秒。ベストタイムに1分、3時間半まで5分強及ばなかった。達成感とともに、終盤スピードを保てなかった悔しさに襲われる。タフになれなかった。そういえば長い距離を走るトレーニングを怠っていた。反省点がとても多い。それでも、とりあえず横になってビールを飲みたい。

スクリーンショット 2015-03-18 8.38.44

友人は今回、ベストタイムを更新した。
150〜200kmをコンスタントに走っている。結果が出て当然だ。今に、僕が抜かれる日も遠くない。

いやいや、俺もまだまだ負けたくない。マラソン中毒者(ジャンキー)のごとく、ベストを目指して、まだまだ頑張れるはずだ。

さあ、いよいよ次回は、サロマ湖100kmウルトラマラソンに挑戦。
完走するために、参加するんだ。途中棄権するために、大金払ったわけじゃない。頑張ろう。

湘南国際マラソン雑記(2014年11月3日)

フルマラソンは、前回古河はなももマラソン以来のエントリ。2014-2015シーズンの初回レースであり、僕が30歳になって最初のレースである。

「走る」ことに関して、最近ブログに書いていなかった。
ブログ自体、更新頻度が低くなってしまっているけれど、それはさておき、今シーズンの練習不足は顕著だった。6月に100キロ超を達成して以来、ことごとく走る回数が減ってしまっている。先週も20キロ走っただけで、身体中が筋肉痛になってしまった。

さて、湘南国際マラソンだが、2年前僕が初めてサブ4を達成した思い出深い大会である。
参加者3万人、出走料1.3万円、先着順で30分で締め切られる、ほどの超人気レースである。
沿道の応援も大変活況だし、湘南エリアに住んでいたことのある僕としても馴染みのある風景もあったりして、僕はこの大会が好きだ。エイドも計12,3箇所ほど設けられるなど充実している。

しかし、前述の通り、練習不足が祟った。
25度近い暑さもあり、序盤からなかなか1キロ5分を切ることができなかった。
13キロくらいで、「ああ、これはタフなレースになるだろうな」と覚悟した。2年前走ったときよりも、沿道で倒れている人が多かった気がした(これは勘違いかもしれない。前回は速いペースで走れる集団の中にいたから、もともと走れるランナーが多くて脱落者も少なかったのかも)。

走れるときの給水は楽だ。
基本的に1杯だけ、しかも全部は飲まない。多少喉が渇いていても、次のエイドで飲めば良いと思うからだ。

走れないときの給水は悲惨だ。
エイドとエイドの間で時間がかかるリスクを鑑みてしまうので、たくさん水を飲んでしまう。
たくさん水を飲むと、身体に水分が溜まってしまう感覚になり、上手く走れなくなってしまう。たぷんたぷん。
それでも喉が乾く。たくさん飲む。走れなくなる。悪循環。(たぶん、飲むのを我慢すると、脱水症状になる)

結果的には、低体温症で苦しんだ勝田全国マラソンと同様、4時間を超える失速となってしまった。
ただし、このレースは一度も歩いていない。
それだけは、紛いなりにもサブ3.5を目指している自分自身のプライドが許さなかった。
練習不足、、、これを猛省するのは間違いないけれど、一先ずメンタルは保つことができた。
勝田全国はフィジカルもメンタルもやられたわけで(暑さと寒さで違いがあるが)、それよりは御の字だろうか。

いずれにせよ、来年サロマ湖100kmウルトラマラソンを目指すのであれば、こんな体たらくではダメだと分かった。
最後の300メートルはダッシュで走りたい。清々しい汗を流せるように走りたい。
そして自分に課した目標を、達成するにせよしないにせよ、「ああ、頑張った」と言えるような基礎体力をもう一度つけていこうと思う。また今日から練習だ。

スクリーンショット 2014-11-04 11.55.54

古河はなももマラソン雑記(2014年3月16日)

京都マラソン雑記のエントリでも書いたけれど、真剣に【走る】ことを始めて、既に短くはない年月が経ってしまった。
走るのがとにかく気持ち良い時期もあれば、どうしても走る気が起きない時期もあった。機械的に走るだけの日もあれば、スピードやペースに対して意識的に走ることもあった。

2014年3月16日に臨んだ古河はなももマラソンは、通算して【10回目】のフルマラソンになる。昨年も走ったこの大会では、自己ベストである3時間34分台を出すことができた。思い出深い大会である。

【20代最後】。そんなメモリアルな節目。
もちろん、狙うは自己ベストの更新であり、【サブ3.5】である。

だが大会の直前、仕事で忙殺される日々が続いた。慢性的な睡眠不足で、体調も芳しくなかった。
前日も4時間しか寝られなかった上、行きの電車でも1時間くらいは立ちっぱなし。頭がクラクラした状態のまま、会場に入った。
当日は天候に恵まれ(というか快晴で暑いくらい)、気持ち良い風も吹いていたけれど、このまま熱心に走り込めるかどうか不安があった。「マラソンはメンタル7割」とも言われるスポーツだ。

だけど、ここまで来たらスタートラインに立つ以外に選択肢はない。
とにかく完走を目指そうと心に決めた。

スタートラインを前方に位置できたこともあり、序盤は周りのハイペースにつられる形で進んだ。実に4分40秒/キロだった。
前回の京都マラソンで、前半にタイムで余裕を持たせることが、自分に合っていると分かっていた。それでも、このペースは速すぎる。3時間20分を切るようなペースだ。最後まで持たないのは当然のことながら、後半の失速に影響すること必至である。

それでも、ペースを押さえることはできなかった。というか、しなかった。
快晴のなか、久しぶりに(こんな長い距離は1ヶ月ぶり)走れることは、とても気持ち良かったからだ。

古河はなももマラソンは、序盤と終盤に町中を走るほかは、田舎道を延々と走るのんびりしたコースだ。悪く言うと単調で、都市部のように、ひっきりなしに沿道で応援してくれる人が溢れているわけではない。4キロ走って折り返し、戻ってまた4キロ走って折り返し…というようなコース設計だ。正直、飽きるしつまらない。

そんなコース設計は、アップダウンを極力押さえるためなんだろうと思う。有り難いなと思う一方で、ランナーの忍耐強さが求められるコースであることは間違いない。

結論から言うと、20-25キロで5分/キロのペースに落ち込んでしまうと、その後はズルズルとタイムが落ち込んでしまった。
35-40キロでは6分/キロペースにまでダウン。この苦しみは毎度避け難いものだ。同じような落ち込みになってしまうために、35-40キロは意識的に踏ん張りたい思いはあったのだけれど。まあ練習不足だったので致し方ないだろう。

タイムはこんな感じ。ネットで【3時間39分00秒】。

result_hanamomo_2014

ひとえに練習不足と言っては、芸が無いので。失速の要因をほかにも求めることにする。

まずは暑さ。当日は20度近くまで上がったものと思われる。1月に薄着で低体温症に陥った怖さから、長袖のロングTシャツを着て走った。多少向かい風も吹いていたので、その選択は間違っていなかったと思う。だが、スピードさえ落ちないのであれば半袖でも良かっただろう。
それに伴う給水ミス。どの給水所でもきっちり給水することはできたけれど、古河はなももマラソンは給水所の数が最低限。5キロ毎にあるような感じだ。しっかり飲もうと、1回あたりの給水量が多くなってしまったように感じる。この点に関しては、これと言って対策は思いつかないのだけれど。特に後半は、もう2ヶ所くらい給水所を増やしてくれても良いんじゃないかなあ。

良かった点や思い出も。

メンタルのことを言及したけれど、この日は最後までメンタルが弱まることは無かった。
やはり終盤は1キロあたりが長いなあと思ったけれど、前回走ったレースだからか、「もうちょい走ればゴールのはず」という気持ちを保つことができた。今シーズンは4回もフルマラソンに参加したので、身体が42.195キロに慣れたこともあるかもしれない。

レース後は友人を待つために、【残り300メートル】の地点に陣取り、微力ながらランナーの方々を応援をさせていただいた。
走っているときは気付かないが、実にたくさんのランナーがいるし、たくさんの走り方があり、たくさんの表情がある。
ただし、それぞれのランナーにとって【残り300メートル】というのは、そのレースにおいては1回限りの経験である。その地点には一歩一歩踏みしめなければ辿り着けないし、戻れもしない。それは僕にとってとても特別のことのように思えた。ランナーというのは、平等に美しいなと感じた。

次のフルマラソンは、半年以上先のことになるだろう。
その時点で、僕は【30歳】を迎えている。いまだに、【30歳】になることに対して自覚も覚悟も出来ていない。ただ純粋に、良いタイムで走りたいという欲求はあり続けているだろうと、そういう予感はある。

さあ、次のレースは「チャレンジ富士五湖」。72キロ走という未体験ゾーンに突入します!