週末の作法【詩】

メリークリスマス!
今日は日曜日ですが、土曜日の歌です。
土曜日の夜から、日曜日の朝の歌です。
そうでもないのかな、ウィークデーの幻想の歌かもしれない。

『週末の作法』

土曜日なのに財布の中には二千円しかない
レイトショウ1本観たら後は小銭だけが残るのさ
どうしようもない不条理なんかは誰にだって公正にあるもの
ならば良いように捉え思い切り泣き笑い踊ろう

知り合いの店に行く
音楽に合わせ踊る
髭と麦酒と話す
何処から来たの問われる、普通

幅広く低い体躯
過去の憂さを忘れる
赦してと大人が泣く
あぁ、今日もまたタイムスリップをする

週末の作法を知らない若い少年少女を羨み
4,5時間だけのダンスに未来の鍵を預けた熱帯夜
分かり切った言葉を頂戴、夢見がちな少女に戻るわ
そして二人で車で海まで朝日を見に行こう

左から讃美歌を聴く
列車は前に進む
意味と夢が混じる
もう誰の声も聴きたくない、夏

###

ストライキが始まる
in the Californiaの季節
月曜は腹を痛める
誰かが遠くで命を、削る

土曜日なのに財布の中には二千円しかない
レイトショウ1本観たら後は小銭だけが残るのさ
どうしようもない不条理なんかは誰にだって公正にあるもの
ならば良いように捉え思い切り泣き笑い踊ろう

幸福な週末の作法
いつまでも いつまでも繰り返そう

心にナイフを【詩】

いきなり更新が滞っています。
「少しずつ、ゆるく、意のままに」と書いていますが、しっかり続けていきますね。

28年間生きてきて、ストックはたくさん貯まっています。

『心にナイフを』

Wait、
心にナイフを忘れて置き去りにしたのパパを
原因なんて明確にして飯が食えるか効いているのか

心にナイフを
忘れちゃ駄目だよ
パパを出せ!!

現に
僕は不幸を助長してケラケラ ケセラセラ笑う
ハイなんてのは笑いの守備範囲拡張して出来上がるんさ

心にナイフを
忘れちゃ駄目だよ
パパを返せ・・・

ここはイキ
ここは変えて要領の範囲で勝負
本当のこと教えてよ ほっともっと分かってんだろうが

心にアイスを
溶かしちゃ駄目だよ
スプーンはどこ?

言葉の海に溺れる
言葉の海に溺れたら あなたの胸で眠るよ

ナイト【詩】

実は小学校5年生くらいから、
J-POP的な詩をつくっています。
メロディも頭の中にはあるのですが、
ブログでそれを表現することはできません。

ずっとひた隠しにしていたけど、勇気を出してドロップ!

いきなり「ひらがな」ばかりの詩ですが、
4年前に北京を旅したときに綴ったものです。

『ナイト』

おおきなそら
ちゅうくらいのくも
ちいさなふねが たびにでる

せんちょうはぼく
くらいあんとはきみ
こんぱすをてに かぜにのる

ながれるたいようと ひびのあわがかさなる
いそがないと ああ

ほはかぜうけ
じゅんちょうにはしる
いぬもきじも さるもいない

でっきのそと
きみがたたずむ
きぼうはある ききたくなる

ながれるたいようと ひびのあわがかさなる
いそがないと ああ

きてきがなる
いじょうのあいず
きみをぶじにとどける それだけがしめい

とうだいはない
むせんはこわれて
ゆうきをだそう まえにすすもう

ながれるつきが せいじゃくをよびもどす
きみにいわないと もう
きみにいわないと ああ