村上隆「村上隆の五百羅漢図展」に行ってきた

takashi murakami exhibition

takashi murakami exhibition

久しぶりのエントリ。
2月を飛び越えて3月になってしまったけれど、実感としてもそんなところ。
軽くでも良いので、ちょこちょこ更新していこう。

という意気込みの中で、ずっと行きたいと思っていた村上隆「村上隆の五百羅漢図展」(森美術館、六本木)に行くことができた。
現代アートなのか、サブカルチャー的なマンガなのか、文学というコンテクストなのか、巧妙な引用なのか、卑屈なパクリなのか判らないけれど、巨大で壮大な世界観の前に、ただただ呆然とする時間を過ごした。そこには善悪や好き嫌いなど、もはや基準値としてはどうでも良くて、村上隆にしか描けないオリジナリティを前に感心せざるをえなかった。

「株式市場とアート市場は同じ」という。
自身の作品が15,6億円という金で落札されただけあって、彼の発言には説得力がある。

「お客さんの期待を上回っていくために、開発費を投じて、作品を作っていかなくちゃいけない」
そんな旨の発言のVTRが流れていたけれど、たぶん、この「お客さん」というのはアート作品を純粋に楽しむ我々のような「庶民」ではないだろう。

かなり意図的にターゲットを外し、世の中の文脈を意識しながら、作品を作り続けていく。

これは私の感覚でしかないので、真偽のほどは定かではない(というか、真偽なんてどうでも良くて)。
その外し方に嫌悪に近い感情を抑えながらも、大胆にコンセプチュアルな作品を生み出す村上隆のクオリティに言葉を失う自分がいた。大竹伸朗とは明らかに違う。創作への純粋さは感じられなかった。

展示会はスマートフォンでの撮影が許可されていた。
パシャパシャというiPhoneの音がフロアに響いていたけれど、冷たさに似たナニカを感じた。
図録買わなかったけど、買うべきだったかなあと今更ながら思う。

読み返してみると、「あれ?この人、村上隆のことずいぶん嫌いなんだな」って思われるかもしれないけれど、それは本意ではないんです。自分の表現を借りるなら、善悪とか好き嫌いとか超えたところに村上隆というアーティストはいて、ぐいっと心根を掴んで、それで放置されて今に至る。ぐわっと書き殴ったけど、おそらく正直な感覚だと思うのです。

サービス公開から10年【GREE】

ダウンロード

2004年2月21日。
日本で初めてのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である「GREE」が生まれた日だ。今日で10年、GREEは10歳の誕生日を迎えた。
かつて僕も熱心にGREEを使っていたし、グリー関係者の方に知り合いもいる。六本木でこじんまりしたオフィスを構えていた時のことも知っている。感慨深いなんて言うとおこがましく聞こえるかもしれないけれど、初期の頃から知っている人間からすると、この10年の成長は驚くばかりである。

10年続いたこと、本当に素晴らしいことだと思う。
僕の声はきっと届かないけれど、「おめでとうございます」と声を大にして言いたい。

少し振り返る。

2004年は僕が大学1年生のときだ。
アドビシステムズの「Dreamweaver」というソフトウェアを使ってホームページを作った時期だった。大したホームページでは無かったけれど、自分でデザインできる感覚を覚えたのはこの時だったし、インターネットが僕の成功体験の後押しをしてくれたのは間違いのないことだった。

それからブログというものにハマった。
HTMLやプログラミングの知識が無くても、気軽にCMS(Content Management System)を使えることは驚きだった。僕が使っていたのはlivedoor Blog。文章を書くことに抵抗を感じない僕は、キーボードに向かって文字を打ち、インターネット上に想いを吐き出した。

で、僕が実際にGREEを使い始めたのは、2005年冬のことだ。
何やらクラスメートが熱心に使っているサービスがあった。友達と繋がる、コメントなどでコミュニケーションする、日記を書いたり写真をアップロードしたりする。その全てが可視化できるところに面白味を感じたのだろう。僕もかなりハマってしまった。当時取り組んでいた研究テーマに、無理矢理SNSをねじ込むあたりは、多少病気だったかもしれない。笑

でも、病気のように、暇さえあればGREEにアクセスして、新しい情報を求めた。
ウェブサイトを巡るようなものとは異なる快感、ついついアクセスしてしまう魔法のような仕組み、SNSには「何か」がある。
だからこそ、今でも基本的には同じ機能である「Facebook」が残っているのだと、僕は思う。

とにかく、面白かった。
ライバルとしてmixiが生まれ、山ほどSNSが登場した。今なお残っているサービスは、一握りだ。
GREEとて、狭義での「SNS」という機能は薄れており、「ゲーム」を軸に事業展開している。誰もが知っての通り、大成功を収めた。

「インターネットを通じて世界を変えていきたい」
代表取締役社長の田中さんは、昔からずっとこの言葉を掲げてきた。洗練されたロゴマークも当初からのもの。変えるもの、変えないものが明確で、サービスを展開する全ての企業にとってグリーの事例は参考になる。

これから、どんな事業を展開するのか。愉しみだ。

時期的には2006年くらいの頃か。
既に規模の大きなIT企業が幅を利かせていた中で、新興企業であるグリーやミクシィ、フェイスブックなどは「ベータ版」という言葉を良く使っていた。田中さんも2005年の著作の中で述べている。

通常ソフトを開発する時は、まず「アルファ版」という第1段階、「ベータ版」という第2段階を経て、「正式版」とする。ただ、正式版ということは、“その時点で完成してしまった”ことになり、開発の終わりも意味してしまう。だからグリーはあえて永久にベータ版であることを目指している。グリーはソフトウェアなどの製品ではなく、サービスである。ユーザーの変化に応じてサービスを変化させ、常に最善を模索し続けるため作り続けなければならない。それを支える組織を作るのが、グリーの目標となった。“GREE is Perpetual Beta”

ここで使われている意味合いでの「ベータ版」という言葉が、僕は大好きだった。
サービスだけでなく、人間も、社会も、自然環境も、宇宙も、全てのものが「ベータ版」であり続けている。
次の10年も、愉しみにしたい。

何だか誕生日ネタが続いているけど、気のせいだよね)