戦後70年

今日から70年前の1945年8月15日。
昭和天皇による終戦の詔書の朗読放送、いわゆる玉音放送が当時の日本国民に伝えられた。諸説あるようだが、日本ではこの日が終戦記念日として設定されている。

古市憲寿くんが2年前に書いた『誰も戦争を教えてくれなかった』にもあるように、僕も戦争のことをあまり知らない。終戦記念日とあるが、この日を「敗戦」「終戦」のいずれで記述するかでも数時間の論争が発生するという。

倉本聰さんは、日本経済新聞(8月1日朝刊)における「私の履歴書」で以下のように述べている。

リベラリストを自任してたけれど、右寄りと言われたり、左と言われたりしてきた。ちょうど80歳。終戦のときに10歳の、まぁ戦中派だ。疎開して空襲には遭わなかったけれど、死はすぐ隣にあって怖かった。いつも腹が減っていた。戦争は二度とごめんだ。
国を愛する気持ちはひと一倍だが、愛国心を強調すると右と批評される。国を守るのは大事なことだ。しかし、衆院を通過した安保法制には反対。戦争の臭いがするからだ。そうすると左とレッテルを貼られる。

僕もそんな風に思われること、あるいは糾弾されることを恐れて、この問題に公然と意見を述べることを避けてきたように思う。避けてきただけじゃない、たぶん考えることも停止していたんだと思う。「戦争はダメだ」「平和が一番だ」と言う当たり前の結論に身を委ね、僕はそのプロセスに真剣に向き合わなかったと思う。

古市くんは本の序章で、真珠湾攻撃の舞台になったパールハーバーを訪問した感想を以下のように語る。

アリゾナ・メモリアルの隣には、日本が連合国に対して降伏文書を調印したミズーリ号が停泊している。つまりアリゾナという「開戦」の記憶、ミズーリという「終戦」の記憶が同時に喚起されるような構成になっている。
(中略)
妙な居心地の悪さを感じる場所だった。それは、アリゾナ・メモリアルが僕の持っていた戦争というイメージを、いくつかの意味で裏切る場所だったからだろう。
そこは、あまりにも「爽やか」な空間だった。白を基調に構成された建物は南国の青空によく映える。博物館内の展示物にもグロテクスなものはあまりない。展示はすぐれて「中立的」である気がした。もちろんアメリカ目線ではあるけれども、過剰に戦争の悲惨さを説いたりはしない。日本に対する感情的なバッシングもない。
そして、そこは「勝利」に溢れた場所だった。

戦勝国のアメリカと、敗戦国の日本。
戦争をどのように遺すかということに興味を持った古市くんが語る戦争論。

僕は2012年に韓国に行ったとき戦争記念館を訪ねた。元同僚と別行動で行った理由は何だっただろう。それほど明確に語れる理由は無かったと思う。でも、殆ど人のいない記念館で、異邦人(韓国人ではない私)としての僕は、とても居心地の悪い思いを抱いた。
当たり前のことだけど、日本人と韓国人にとって、「戦争」の持つ印象や意味は違う。

松本人志は自身が主催する番組「ワイドナショー」で次のように述べている。

安倍(首相)さんがやってることに対して反対しているのって、意見じゃないですか?それはただ反対しているだけであって、対案が見えてこない。じゃあどうするのかっていう。前もいいましたけど、このままでいいわけではないんですよ。もしこのままで良いと思っていたら平和ボケですよね。世界情勢は確実に変わっているわけですから。何か変えないといけないんですけど、イマイチ誰もそのことについて(対案を、あるいは論点を)言ってくれない。

松本人志の発言が一部メディアで批難されたりしているけれども、番組を最初から最後まで観ると決して「偏った」ことを言っているわけではない。
対案を、あるいは論点を、というように僕自身が補正してしまった感もあるけれど、僕もそこを聴きたいし、語る術(意思)を持ちたいと正直に思う。

機会があって昨年は長崎に、今年は広島を訪問した。
「原爆」という信じられない虐殺兵器が投下された街で、僕は色々なことを思った。冬の長崎は雨で寒く、春の広島は快晴で汗ばむほどの陽気だった。過去から見た未来(つまり現在)はしっかりと時を刻んでいることを実感した。
僕は過去に恥じない人間になっているだろうか。過去から良質にアップデートされた人間として機能しているだろうか。

戦後50年の村山談話も、戦後70年の安倍談話(昨日発表されたもの)も読んでみた。もう少し色々なインプットをして、何らかの形でアウトプットをしたい。

タイトルを「戦後70年」とした。
だが、こんな風なタイトルを付けること自体が、松本人志の言う「平和ボケ」なのかもしれない。
世界を見渡せば、あるいは世界の中にちゃんと位置されている日本にいる僕らも、もはや戦時中かもしれないからだ。

ちなみにワイドナショーで話していた読者モデルの岡本夏美のコメントも興味深い。東野幸治に振られたとき、

(高校生がデモを行なっていることについて)正直意識があるのは凄いと思うけれど、クラスにこういう子がいたら、引いちゃうというかちょっと入れない。

これも致し方ないと思うけど、参政権が18歳に引き下げられるのであれば、この辺も問題かもしれない。「何が問題なのか」「何がイシューなのか」という感もあるけれど。結構面白いよ、ワイドナショー。

古市憲寿『僕たちの前途』を読んだ

51XGB4HH3xL._SL500_AA300_

古市憲寿さんのことを書くのは難しい。
まず、どの三人称を選ぶか。古市さん、古市くん、古市氏、ポエくん。同じ大学の、1学年下ということは後輩なんだけど、口を聞いたこともないし、社会学者としてメディアに引っ張りだこだし、普通に考えたら他人だ。完全に他人。だから古市さんが正解だと思う。

でも僕は「SFC」とう特殊装置の中で、同時期に学生生活を過ごした彼を赤の他人だとは思えない。
彼のブログも愛読していたし、実はコメント欄で少しだけ絡んだこともある。同じテーマの授業に出たことも多分ある。同じ男性なわけだし古市くんで良いんじゃないかと思う(だから、これからは古市くんと記述しますね)。
線引きするとしたら「有名人」か「無名人」か、と言うところだろうし。

いや、もう1つ。古市くんは起業していて、僕は起業していない。本ブログで取り挙げる『僕たちの前途』は、起業家論をテーマにした作品だ。『希望難民ご一行様』、『絶望の国の幸福な若者たち』で若者論を書いた古市くんが、若者を切り口にしつつ、「働く」という行為に舵を切った作品ということで、友人として大変興味を持ったのだ。

本書で言及されているように、日本では「起業」に対するイメージが偏っているように感じる。
起業は成功や失敗と表裏一体。成功者はジョブズやゲイツ、ザッガーバーグのようなアメリカITの雄が思い浮かぶし、日本でもグリー田中社長や、サイバーエージェント藤田社長のように、若くして起業し、名を知られた人たちが連想される。あるいは松下電器の松下幸之助や、ホンダの本田宗一郎などレジェンド経営者。

いずれの経営者に共通しているのは、みなお金持ちであるということだ。
起業で成功した人は、巨万の富を得られる。そういうイメージがある。若き起業家を羨望の眼差しで見る人もいれば、失敗すれば良いのにと嫉妬を抱くこともあるだろう。お金にまみれた感じ、何となくイメージしていただけるのではないか。

起業家をつぶさに見ると、「何か社会にインパクトのある事業をやってみよう」とか「困った人を助ける製品を作りたい」とか、健全な人もいる。
あるいは、「会社という組織に囚われたくない」とか「信頼できる仲間と楽しくやっていきたい」とか、ちょっと中二病のような理由で起業という選択をする人もいる。
肌感覚として、こういう人は周りに理解されづらい。年配の人には呆れられることもある。「バカヤロー、働くってのは好きなことをやるんじゃねーんだよ!」。ひと昔前なら、親父のゲンコツが飛んできそうなものである。

本書はたぶん、起業している人間にとってはわりに共感できることが多いと思う。あるいは、「何を当たり前のことを」と感じる人も多いのではないか。しかしながら起業をしていない人、志したことがない人にとっては奇異に映るかもしれない。
働くことでストレスを溜めるなんて致し方ない、なのに本書で紹介されている起業家たちは明るく、オープンで、ストレスとは無縁だ。金に溺れていることもなく、何だか爽やかな青年たちである。

何が正しいのか、僕が結論付ける気は毛頭ないけれど、古市くんの視点は面白いぜってことだけは自信を持って言えます。
メディアに出ることも増えた古市くんだけど、それなりにリサーチをしてるし、それなりに取材しているし、然るべき場所で時代を掴もうとしている。ただのチャラチャラした若者では全然ないと思うわけです。

まだ読んでいないけれど、新作は『誰も戦争を教えてくれなかった』。
爽やかな若者が選んだのが「戦争論」ですか、、古市くん。Twitter見ると北欧に飛んでたりしてるみたいだし、次は社会保障論とかかな。古市くんの興味・関心を道標、あるいは反面教師にして、ちょっと引いた視点で社会を見つめるのも、きっと面白い。