第42回市原高滝湖マラソン雑記(2016年1月9日)

2016年最初のレースは第42回市原高滝湖マラソン。
1年ぶりのハーフマラソン。千葉県の房総エリアでは、昨年末の〜coast to coast〜 房総半島横断60kに続いてのレースとなる。

「フルマラソンをそれだけ(14回)走っているなら、ハーフマラソンなんて楽でしょ?」
時々走らない人から言われるんだけれど、もちろんそんなことは無い。「もちろん」という副詞を付けてしまったけれど、全てのランナーの皆さまなら共感してくれるのではないだろうか。例え5キロであっても、自分がベストを尽くそうと思うのであれば身体から全エネルギーを放出すべくハッスルしなければならない。仕事において、どんなルーティンにおいても、最善を尽くそうと思えばそれなりに疲労が生まれるのと同じことだ。

さて、今回走った市原高滝湖マラソンだが、市原市で「42回」続く伝統ある大会である。
「元旦マラソン大会」「新春マラソン大会」という過去の名称を引き継ぎながら、地元の市原市民に愛されて開催されている。参加者数も2,059人となかなかの数だ。しかもそのうち、市原市民は1,066人と5割を超えている。市原市の人口は約28万人、0.5%が参加している計算になる。数にすると、少なく感じられるかもしれない。

だけど、実際に参加して実感したのだが、この大会は多くの市原市民に愛されている。
車でなければ、開催地である市原高滝湖には小湊鐵道という地元のローカル線(同じ市原市なのに、JR五井駅から40分以上かかる)を使わなければならない。アクセスがお世辞にも良いと言えない場所に、こうして多くの市原市民を集めるというのは、なかなか困難なはずだ。
大会は、2.5km小学生女子の部から、5km、10km、ハーフマラソンと、実に細かい区分けがなされていた。大会パンフレットによると、小学生なんて男女を合わせても参加者数は100人ほど。だけどそこを「きちんと」拾っていく。運営面・収益性を鑑みると正直煩雑なことだろう。だけど、そんなことちっとも問題ではない。幅広い年齢層の市原市民が、元気であり続けて欲しいということなのだ。その辺は、東京マラソンや湘南国際マラソンといったメガ・レースと一線を画している。レース後に立ち寄った黒湯の温泉旅館で市原市のカレンダーが掲示されていたけれど、ちゃんと【1月9日】には市原高滝湖マラソンが実施される旨が記載されていた。さすがである。

***

なお、この大会は妻と走りました。
もともと妻はランナーでは無いのだが、1年に1回くらいは走ろうと決め(僕が決めました)、昨年に引き続いて2回目のハーフマラソン参加である。僕が僭越ながらガイド役を務め、制限時間内で完走するのがミッション。昨年は初回ということもあり何度か二人で練習をしたが、今年は何やかや予定が立て込み、妻は一切練習できなかったのが不安要素。いくら身体が丈夫な妻とは言え、そんなにマラソンは甘くない。
加えて、僕が腕時計を忘れるという失態を犯す。自宅の出発が遅れ、レースに遅刻気味で焦ってしまったのだ。ガイド役失格である。おかげで携帯電話(しかもガラケー)をいちいち取り出しながら、時間確認せざるをえなくなってしまった。ストップウォッチ機能がないために、分単位でしか状況確認できないのも痛い。

市原高滝湖マラソンは、一応関門および制限時間が設定されています。
14キロ地点で1時間40分、ゴール時点で2時間半。つまり、1キロ7分ペースをきっかり守っていかねばならない。標準といえば標準である。ちなみに我々の昨年のゴールタイムは2時間26、27分くらい。コースは基本的にフラットだが、向かい風が発生するなどレース・コンディション次第でタイムに影響が出てしまう。

だいたいにおいて、僕は楽観的な性格だと自覚している。
しかしマラソンを走ることに関しては、楽観的な性格とは言えないように思う。
幾つかの致命的なリスクを想定し、可能であれば予め潰しておく。対策を練った分だけレースの成否可能性が劇的に高まるわけでは無いのだが、事前準備の有効性は実感している(何度もレースで痛い目に遭って来たので)。せっかくレンタカーまで借りて千葉にやって来たのに、ゴールできないなんて絶対嫌だ。

***

レースは高滝湖を3周する。
1周あたり7キロなので、1キロあたり6分30秒〜6分45秒くらいで走れれば、2周を終えて余力が無くなったとしてもゴールできるはず。そんな見立てで走ることにした。妻とゆっくりとした速度で走るため、寒さ対策のため普段よりTシャツを1枚多く着込んで走ったが、日なたでは「暑い」と感じるほどの陽気だった。通常ならば2月上旬から咲き始める菜の花も沿道で姿を見せているほど。喉が渇く→給水ポイントで水を飲み過ぎるという懸念があったので、手持ちのポカリスエットで小まめに水分を補給した。無風に近い状態で、実に気持ち良く走ることができるのが本当に有難い。
1周目はどんなコースだろうと思っていたが、初心者ランナーには若干しんどいアップダウンがわりとあるなという印象を受けた。特に2〜3キロの上り、4〜6キロのアップダウンは周回を重ねるほどに脚にダメージを与えるだろうと感じた。

それでも、妻の顔を見ると余裕さえ感じられたし、知り合いの市原市の方にお会いして記念撮影できるくらい和気藹々と2周(14キロ)を過ぎることができた。関門の制限時間を5分ほど上回るペース。だけど後々振り返ると、2周目のペースは若干上がり過ぎていたかもしれない。近くで走っていた4人組のランナーたちの後を走っていたけれど、彼らのペースが想定よりも上がっていたので、僕としては少し自制してみるべきだった(妻は何度も「ペース上がってない?」と心配してたが、僕は「想定内のこと」として処理してしまったのだ)。

案の定、3周目に入ると我々のペースがグッと落ちた。
4人組のランナーたちとも少しずつ距離を空けられていった。妻の表情に変化は無かったし「昨年よりも全然疲れていない」と話しているほどに、疲労が溜まっているわけではなかった。要するに妻の言葉は間違っていなかったのだけど、その一方で昨年に比べ、ゴールに向かう馬力のようなものが、なかなか湧き上がって来なかったのだ。

疲れない。
その一方で、ペースはしっかり落ちていく。

数値化すると、その落差はしっかりと表れている。

残り7.1キロの時点で、制限時間まで55分(1キロあたり7.74分ペース)。
残り3.1キロの時点で、制限時間まで22分(1キロあたり7.09分ペース)。

幸いだったのは、残り3.1キロからは殆どフラットなコースが続いたこと、最後まで無風だったこと、そして終盤まで妻が余力を振り絞れるほどにモチベーションを保てていたことだ。残り1.1キロの地点(制限時間まで7〜8分)で沿道の方々が「制限時間ギリギリだよ」と発破をかけてくれたことにも助けられた。我々を更にギアチェンジさせてくれて、残り300メートルは中距離走のごとく駆けることができた。

結果は、制限時間の6秒前にゴール(2時間29分54秒)。
本当にギリギリだった。
かつて、これほどまでに制限時間に近接したことは無かった。

あまりにエネルギーを使い過ぎて、妻と抱き合って喜ぶことは無かったけれど(単なるモラルの問題でもあるが)、ゴールできたことの感慨深さは昨年の比では無い。ちなみに記録が残ったランナーとしては、我々が最後。つまり「ビリッケツ」である。だけど、実に誇らしい「ビリッケツ」だった。

走っているときは、景色を見る余裕なんて無いものだけど、写真を整理したり記憶の糸を辿っていったりすると、僕がこれまで参加した中でも3本の指に入るくらいの良い環境下でのレースだったと思う(1位はぶっちぎりで南伊豆町みちくさウルトラマラソン)。
そんなレースを妻と無事に完走できたことを喜びたいと思うし、これからも機会を得て走っていきたい。翌日・翌々日と妻は筋肉痛に苦しんでいたけれど、フィジカルに思い出を作るっていうのも良いものだと僕は思います。

高滝小学校に集まる老若男女のランナーたち。

高滝小学校に集まる老若男女のランナーたち。

ご覧の通り、快晴!

ご覧の通り、快晴!

太陽が眩しい。

太陽が眩しい。

高滝湖をぐるっと3周。

高滝湖をぐるっと3周。

適度なアップダウン、走りやすかった!

適度なアップダウン、走りやすかった!

実際のコースマップ、高滝湖を3周します。

実際のコースマップ、高滝湖を3周します。

〜coast to coast〜 房総半島横断60k雑記(2015年12月20日)

2015年最後のチャンレンジは、千葉県房総半島で行なわれた「〜coast to coast〜 房総半島横断60km」を選んだ。
以前から興味のあった、トレイルランニングへの初めての参戦だ。

文字通り、鴨川市、君津市、富津市、鋸南町という千葉県内の3市1町を横断するレースになる。
房総半島の安房小湊駅近くの内浦海水浴場を出発し、66キロを12時間で駆け抜け、浜金谷駅を目指す。外房線の安房小湊、内房線の浜金谷。電車移動だったとしても1時間半ほどを要する。

コース前半

コース前半

コース後半

コース後半

高低差

高低差

コースマップを見ると、見事に山の中という印象を持っていただけるだろう。
初めてのトレランで60キロ超。どれくらい困難なレースになるのか予想もつかなかった。

だが僕には、サロマ湖100kmウルトラマラソンを走り切った自負があった。
やれないことはない、そう直感した。

走る前、多くのランナーがどんな心情を抱いているのか知る由も無いけれど、こと自分に関しては「走りたくねえ」と思う。
フルマラソンなら4時間、ウルトラマラソンなら13時間、これだけ長い時間を真剣に走らなければならない。レース中に、必ず絶望感に襲われる瞬間がある。安穏無事にレースが終わることなんて絶対に無い。そのことを知ってしまっているから、実際に弱音が口をつく。レースに申し込むときは「やってやるぞ」と意気込むのだが、レース直前は見事にそんな思いが萎んでしまう。

考えてみれば。
その繰り返しで今までレースに臨んでいるみたいだ。
早々に頭をもたげてくる「走りたくねえ」気持ちを、まずは胸の奥に仕舞い込まねばならない。

早朝に始まるレースは、アラームが鳴る少し前に目が覚めるのが常だ。
睡眠時間が明らかに足りていないときでも、身体は来るべきレースのことをしっかり意識しているから、目が覚めてしまうのだろう。

この日は会場から徒歩15分内のところに宿をとったので、4:45起床(レースは6:00から)とした。
ホテルが用意してくれた朝食を急いでかき込み、アンダーアーマーのコンプレッションウェアに腕を通す。この辺りで、ようやくレースへの覚醒が始まっていく。

今回は初めてのトレイルランニングということで、事前にコースマップをもとにメモを準備していた。
エイドが約12.5キロ間隔であるため、

12.5キロ(第1エイド):2時間以内
25.0キロ(第2エイド):4時間以内
37.5キロ(第3エイド):6時間以内
50.0キロ(第4エイド):8時間以内
61.5キロ(第5エイド):10時間以内
66キロ(ゴール):11.5時間以内(走行禁止区間もあるため余裕を持たせた)

というペース配分にした。何度かシミュレーションしてみたけれど、至ってシンプルな形になった。
序盤に多少の余裕を持ちながら歩を進めていけば、後半のアップダウンも歩きを取り入れながら進んでいけるという寸法だ。
エイドでは、それほど充実した飲食を楽しめる訳ではなさそうだ。また山の中を走るためにコンビニなどに寄れる可能性も低いだろう。各エイドで食せるように、ゼリー飲料を6つほどリュックの中に忍ばせた。着替えも含めるとリュックが少々重くなってしまった。それでも、背に腹は変えられない。

***

スタート地点

スタート地点

スタート地点の朝日は仄暗い内浦海水浴場を厳かに照らしていた。

【朝日と共にスタートし、千葉県房総半島の変化に満ちた地形の中を海から海へ60kmに渡る旅をして、夕日と共にゴールする】というのがこの大会のキャッチフレーズだ。まさに1日を通じての「旅」だし、その工程は太陽と共に歩んでいくわけだ。

参加者約300人が、スタートの号砲と共に一斉にスタートする。
毎度のことながら、軽く身震いする。これほどの人たちが完走を目指して走るということ。クタクタによれた装備と鍛え上げられた両の脚。見れば日頃、いかに真剣にトレーニングに勤しんでいるのかがすぐ判る。

静かに、確実に気持ちが盛り上がっていく。

最後方に近い位置から、まずは歩くようなペースを保ちながら前進する。
思いの外、参加者の足取りは軽く、1キロ6分台くらいのペースで前進しているように感じる。前述したペースで行くのであれば、1キロ10分台でも構わないくらいなのに。
僕ら(友人の山ちゃんと参加)は意識的にスピードは抑えることにする。なるべく肉体が消耗しないように。前半戦を抑えすぎくらいのペースで走ることが望ましいだろう。

スタートから20分ほど。徐々に進路は緩やかな上り坂になっていった。県営のキャンプ場に至る道である。
「歩いても良いんじゃないか」友人と話すが、傾斜の角度によって歩く/走るを切り替えていくことで合意する。フルマラソンのベストタイムは僕の方が上だけれど、直近のレースやトレーニングは明らかに友人の方が充実している。脚力で劣る僕は、慎重に傾斜とタイムを見極めながらレースマネジメントに徹することにした。

電車で数時間揺られて本州の端っこまでやって来たのだ。
完走せずには帰れない。それは2人が共通で抱く思いだった。

6〜7時、7〜8時という時間帯の中で、確実に太陽は昇っていく。
朝の薄暗さは無い。海を朝日が染めている。その様子を山から見るのはなかなか壮観だった。
まだまだ元気な僕は、iPodを取り出して写真を撮りながら走った。

朝日が綺麗でした

朝日が綺麗でした

朝日とともに走る

朝日とともに走る

第1エイド(12.5キロ地点)を予定よりも早く通過すると、ロード、林道を経て山道に入った。
レース全体を通して林道の比率が高かったのだが、12.5〜25キロ内に限っては山道(いわゆるトレイル)を走ることのできるコース設計となっていた。トレラン用のシューズを用意した僕としては、山道をソールでしっかり掴むような感覚がたまらなく楽しくて、自然とスピードが上がってしまった。他のランナーが歩くような階段をピョンピョンと駆け上がってしまったが、さすがに脚力のある友人も閉口していた。確かにここで「はしゃいだ」ことが、以降のペース配分に影響をしてしまったかもしれない。

高低図を見る限り、第2エイドまでは下りが多いはずだったのだが、山道がメインだったせいか、4時間を若干上回るタイムでの第2エイド到着となった。到着直前で転倒するというハプニングも(しばらく左腕の痛みが引かなかった)。その辺に腰掛けると、脚に疲労が蓄積されているのが判る。
低体温症に襲われたのだろう、第2エイドでは頭まで毛布にくるまって暖を取っていたランナーがうずくまっていた。低体温症と脱水は、走っている中で突然訪れるもの。「大丈夫だろう」とタカをくくっていると痛い目にある。そのことは2014年1月の勝田マラソンで学んだことだ。水分とエネルギー補給だけはしっかり行なった。

第2エイドを出発すると、数キロはロード(アスファルト)を走ることになる。
硬い地面は、踏み込みの反発が想像以上に強い。友人についていくのでやっとという感じになってしまった。

友人から適宜休憩も提案されるが、コースマップによると傾斜の大きい上り坂がこの先に待ち受けている。
そこまでは多少の上り坂も我慢して走ろうと話し合った。こんな風に二人で走るというのはプラス面も大きい。
どちらかが体力消耗したときは、どちらかが前に出て走る。風除けとペース作りのためだ。別にお互いが提案したわけではないけれど、第2エイドを過ぎてからは、自然とそんな風にペースを作っていけたように思う。

第3エイドにはスタートから5時間55分ほどで到着。関門が7時間半だから、多少の余裕を持てていることになる。
第3エイドまでは上りが比較的多かったが、殆どが林道だったため走りやすく感じた。
新しいコンプレッションウェアに着替え、友人とコースを改めて確認する。第4エイドまでは下りが多い。山道が無ければ、8時間以内にて到着するだろう。

そのような見込みで出発したのだが、第4エイドまでの道のりが一番キツかったように思う。
走り出しの感触は悪くなかったが、既に両脚の踏ん張りが効かなくなってしまっていた。下りで速度をコントロールできなくなったのだ。惰性のまま、流れるようにスピードが上がってしまう。
スピードが上がることは悪くはないと思われるだろう。ただし速度をある程度抑制しないと、確実に脚のエネルギーが奪われ、疲労だけを蓄積させてしまうことになる。

加えて、僕がコースマップの読み違えをしてしまった。
「もう少しで着くのではないか」「もうアップダウンはないのではないか」とアテもなく走るが、幾度となくアップダウンが現れる。その度に心が折れかかる。うんざりしながらも上りと下りを繰り返す。

結局、ショートカットなどはどこにも無いのだ
地道に、1歩1歩を刻んでいくしかない。

第4エイドにようやく到着する頃には、フラットな道でさえも歩くようになっていた。
タイムは8時間。当初の想定通りのペースということにのみ、救われた。

熱と冷えが交互に身体を蝕み、リュックサックを枕に横になる。
前日に喉が激しく痛んでおり、身体も風邪を引いたときのようなダルさがある(やっぱり風邪でした)。
とは言え、残り16キロ。決して短くは無いけれど、絶望を感じるほどの距離では無い。なんせ、まだ4時間の猶予がある。休憩を十分とって、次のエイドに向けて走り出した。

もっとも、序盤は傾斜の大きい上り坂。
僕らは無理せず、歩くことにした。友人とくだらない話(小室哲哉は詞が良いのか、メロディが良いのか)をしながら、上りが終わるのを待った。ときに声を上げて笑うこともあった。

ここでリフレッシュできたのが奏功したのかもしれない。
疲労が一巡したような感覚があった。

第4エイドを出発してからは、適度にスピードをコントロールできるようになっていた。
下りだったとしても、スピードを適度に抑えることができた。体幹を上手く使って走れていた。フォームに無駄が無くなったのだ。
この一連の所作は無意識に始まり、意識的に継続することができた。第5エイドまでの区間でそれほどタイムロスしなかったのは、ここで僕自身に踏ん張りを効かせることができたからだと思う。周りを見る余裕さえ出てきた(ニラみたいな葉脈の花がやたらあるなと感じたことを覚えている)。
加えて、人の幻想にしばしば遭遇した。色付いた紅葉がランニングウェアに見えたり、遠くで見える人たちが実は葉っぱだったり。300名規模のレースでは、常に周囲にランナーがいる状態ではないのだが、やはりランナーが目に見える位置にいると知らず知らずのうちに安心していたのだろう。

一種のランナーズ・ハイだったのかもしれない。

採掘場にて

採掘場にて

やがて石の採掘場に行き着く。
ここまで来れば、最終エイドまで残り数キロ。つまり採掘場はスタートから58キロ程度走ってきた地点であることを意味する。この採掘場はなかなかの難所だった。石でできた粗い階段を上らなければならないからだ。

二人で走っていると、それまで抜きつ抜かれつを繰り返してきたベテランランナーの方に「良いコンビですね」と声を掛けられた。そうかもしれない。青春漫画のように叱咤激励するような関係性ではないけれど、たぶん彼がいなかったら、これくらいのペースを保持できなかったと思う。もっと歩いてしまっていたかもしれない。

採掘場を経て、林道、ロードと続く道をしっかりと進む。
疲労はそこそこに感じるが、下りに限っては安定感を保てていた。

最終エイドに到着する。ゴールまで、あと4.5キロだ。
スタートから10時間10分が経過していたが、この時点でも想定通りのレース展開だった。
休みながら数名の参加者と会話を楽しむ。残り時間から推測するに完走は「間違いない」と皆が確信していたんだと思う。キツいコースだったにも関わらず、笑顔になる。

「あまり休憩に時間を使わない方が良いですよ」
とエイドのスタッフが声を掛けてくれた。理由は明白だった。

最後の難関、走行禁止区域でもある、鋸山 日本寺の「階段」が待ち受けていたからだ。
大仏(薬師瑠璃光如来)を見るために1,000段超の階段を登らなければならない。
いくら走行禁止区域だからとは言え、60キロを走った後に「階段を歩く」というのは途轍もなく脚に負担のかかることだった。顔を上げて進むことができない

そもそも僕はそれほど上りを苦手とするタイプでは無いのだ。
だけど、1段1段を、それこそ鋸で脚を削られるような思いで登っていかなければならない。手すりがないところ、道幅が狭いところなど、フラフラな僕は少々危なっかしく見えただろう。階段を登った先にそびえ立っていた大仏はかなり迫力があり、思わずお参りをしてしまった(写真はない。こんな感じです)。

しかし、大仏のいる地点は、長い階段路の半分を僅かながら超えた地点に過ぎなかった。ここからもうひと踏ん張りが必要だった。この頃になると、言葉数も少なくなり、友人の後ろをひたすらついていくだけに終始した。陽も沈み、ハンドライトを灯けなければ前も見えなくなるほどに暗くなっていた。

走り続けている限り、「終わり」は必ず訪れる。
階段を登り切ると、夕暮れの房総半島、東京湾岸が見える山頂展望台にたどり着く。絶景だったように思う(疲れ過ぎていて、横目でしか見れなかったのだ)。だが、写真も撮らずにゴールを目指す。

ここまでキロ表示やエイド到達を示す看板など一切無かったが(タフなレースなのだ)、ようやく「ゴールまで残り2キロ」という看板に出会う。時計を見ると、17時15分。走行禁止区間でジリジリと時間を浪費するかもしれないという焦りもあったが、地道に歩を進めていくと、車の行き交う道路にぶつかった。

ここからは走っても構わない。
まあ、歩いても何とかゴールできるだろう。

残り1キロで自分に甘えることもできたが、結局は走ることにした。どれくらいまともに走れるのかは不明だったが、ここまで抜きつ抜かれつのレースを展開してきた他のランナーは着実に走り始めていた(すごい)。
僕も重くなった脚に発破をかける。脚が応えてくれるのを実感する。何と言っても残り1キロなのだ。さっさとゴールしたいではないか。

町に入ったが、しばらくは灯りや人気の少ない場所が続き、「本当にゴールがあるのだろうか」という不安があった。暗い道で、僕らの息遣いしか聞こえなかったのだ。
杞憂だった。5分もすると、ハンドライトを照らす必要が無くなったのだ。道沿いにキャンドルが灯され、疲弊した心を温めてくれた。何よりゴールが近いことを示唆している。

そこで、僕の背中をふと押されたような感覚があった。
スピードが上がり、前方に走る二人のランナーを追うように指示された。
ストライドも大きくなり、最後の力を振り絞る。まず女性のランナーを、ゴール直前で男性のランナーを抜く。男性からは「ナイスラン」と声を掛けられる。軽く頷く。お互いの健闘を讃え合うということ。

「FINISH」。両手を上げて、黄色のゴールテープを切った。
11:37:33でゴール。もう走らなくても良いんだ。

FINISH!

FINISH!

30秒後に友人もゴールする。
僕自身の暴走で一緒にゴールすることはできなかったけれど、とにかくお互いが完走を果たせた。

近くの銭湯に寄って、汗を流す。
早くも筋肉はカチコチに固まり、ろくに歩けなくなっていた。
それでも、もう走らなくても良いんだという安堵感があった。こんなに疲れたのに、次のチャレンジを頭に描いている自分がいた。いつものことだった。また走らなければ。

***

最後に。

前日の12月19日(土)に、父方の祖父が亡くなりました。
葬儀は翌日の月曜日だったことから参加を決断しました。
どうしても走っている最中、祖父との思い出が蘇りました。もちろん泣きはしなかったけれど。
レース中、脚がなかなか言うことを聞かないような大変なときもありましたが、結果的に何とか乗り切ることができました。何度かの試練のたびに、祖父が背中を押してくれたのかもしれません。

安らかに眠ってもらえればと切に願います。

晩秋の趣あり

晩秋の趣あり

第2エイド目前で転倒

第2エイド目前で転倒

山道でテンションが上がる

山道でテンションが上がる

サンタランナー

サンタランナー