村上隆「村上隆の五百羅漢図展」に行ってきた

takashi murakami exhibition

takashi murakami exhibition

久しぶりのエントリ。
2月を飛び越えて3月になってしまったけれど、実感としてもそんなところ。
軽くでも良いので、ちょこちょこ更新していこう。

という意気込みの中で、ずっと行きたいと思っていた村上隆「村上隆の五百羅漢図展」(森美術館、六本木)に行くことができた。
現代アートなのか、サブカルチャー的なマンガなのか、文学というコンテクストなのか、巧妙な引用なのか、卑屈なパクリなのか判らないけれど、巨大で壮大な世界観の前に、ただただ呆然とする時間を過ごした。そこには善悪や好き嫌いなど、もはや基準値としてはどうでも良くて、村上隆にしか描けないオリジナリティを前に感心せざるをえなかった。

「株式市場とアート市場は同じ」という。
自身の作品が15,6億円という金で落札されただけあって、彼の発言には説得力がある。

「お客さんの期待を上回っていくために、開発費を投じて、作品を作っていかなくちゃいけない」
そんな旨の発言のVTRが流れていたけれど、たぶん、この「お客さん」というのはアート作品を純粋に楽しむ我々のような「庶民」ではないだろう。

かなり意図的にターゲットを外し、世の中の文脈を意識しながら、作品を作り続けていく。

これは私の感覚でしかないので、真偽のほどは定かではない(というか、真偽なんてどうでも良くて)。
その外し方に嫌悪に近い感情を抑えながらも、大胆にコンセプチュアルな作品を生み出す村上隆のクオリティに言葉を失う自分がいた。大竹伸朗とは明らかに違う。創作への純粋さは感じられなかった。

展示会はスマートフォンでの撮影が許可されていた。
パシャパシャというiPhoneの音がフロアに響いていたけれど、冷たさに似たナニカを感じた。
図録買わなかったけど、買うべきだったかなあと今更ながら思う。

読み返してみると、「あれ?この人、村上隆のことずいぶん嫌いなんだな」って思われるかもしれないけれど、それは本意ではないんです。自分の表現を借りるなら、善悪とか好き嫌いとか超えたところに村上隆というアーティストはいて、ぐいっと心根を掴んで、それで放置されて今に至る。ぐわっと書き殴ったけど、おそらく正直な感覚だと思うのです。

大地の芸術祭(越後妻有トリエンナーレ)に行ってきた

たくさんの失われた窓のために

たくさんの失われた窓のために

僕が最初に越後妻有トリエンナーレに行ったのは前回の2012年。
前職を辞めて、転職活動をしている最中に行ったという記憶がある。
レンタカーを借りて。移動にずいぶん時間を要したけれど、その土地に根付いていたアートの姿に何か新しい可能性を感じたし、その佇まいは都市の中で開かれていた横浜トリエンナーレとは違っていた。

新しい可能性と書いたけれど、今もその姿を捉えることは出来ていない。
安直に「地域創生」とか言うつもりは毛頭無いし、だからと言って、そこから経済振興を目指している人たちのことも否定しない。僕はアートが持つ力の大きさを感覚的に価値と感じていて、それが正の連鎖を生んでいくのではないかと思っている。

大地の芸術祭を強力に推進した、アートディレクターの北川フラム氏はこんな風に話している。http://next.rikunabi.com/journal/entry/20150120

当初は「アートはこういうものだ」という説明は一切しませんでした。「とにかくやりましょう!おもしろいよ」ってことだけを言い続けた。日記を読み返してみたら、準備に入った1996年から開催する2000年までの4年半の間で実に2000回を超える説明会をやっている。惚れた側の強みというか、とにかくしつこく「イイ!」と言ったら相手も憎からず思うでしょう。誰だって自分のルーツを好きと言われたら嫌な気はしないし、まぁ、やらせてやろうかという気にもなってくれるものなんです。半年前からですが、今も週5回は集落の説明会へ行ってます。すると、「やらせてやれや」とか「しょうがないな」とか、皆が言ってくれるんですよ。

現代アートなんて、判らないものだと思う。
実際、自称アート好きの僕だって、何が面白いのかきっちりと言語化できない。
でも、判らないけれど面白いってことはあると思う。
失礼な言い方をするけれど、第6回を数える今だって、地元の人たちが「何が面白いか」なんて判っていないんじゃないかと思う。

それでも、
正の連鎖で、廻れている。
それって価値じゃないか。

そして大地の芸術祭で、僕と妻は、奇跡的な出会いを果たすことができた。
このことも、いずれブログで書ければと思う。

正の連鎖が、広がっていく。

窓枠で切り取られた風景

窓枠で切り取られた風景

草間彌生

草間彌生

色鉛筆

色鉛筆

はしゃいでみたり

はしゃいでみたり

レースもやってた

レースもやってた

蔡國強の企画展「帰去来」に行ってきた

蔡國強「夜桜」

蔡國強「夜桜」

蔡國強と書いて、<さいこっきょう>あるいは<ツァイ・グオチャン>と読む。
横浜美術館で企画展が開催されたので行ってきた。ドキュメンタリー「Video」を作品と見做さないならば、何と展示作品は計8点。正直物足りないと感じたけれど、どの作品も「大物級」で迫力があった。いまいちドキュメンタリー映像でも判らなかったけれど、作品を火薬で爆発させて燃やし、決して何らかの味(装飾)を加えるような作風である。北京オリンピックにおける演出も担当したことで知られているようだ。

中でも僕が気に入ったのは、「壁撞き Head On」という作品。
99頭のオオカミが展示室に所狭しと並べられ、一直線に壁に向かって飛翔している作品。戦時中の「特攻」を思わせるそれは、何だか現代社会におけるシンボリックな作品でもあると感じた。
どのオオカミも目をギラつかせて牙を剥いている中で、1頭だけ、何故か物哀しい表情を浮かべていた。もう間もなく壁にぶち当たることを予見しており、来るべき挫折(あるいは死)に対する悲壮感を漂わせており、僕もその心情に共感してしまうような切迫した表情が印象的だった。

ちなみに作品のコンセプトは、ドイツの展覧会で初披露されている(1990年代だったと思う)。
原題は「壁を指して(Gegen die Wand)」。
(買っていないけれど)画集によれば、ベルリンの壁も作者は意識したのではないか?という記述があった。

ただやはり、時代は少し変わり、「壁撞き」という作品が暗示するものは、もっと広義になっていると思う。
オオカミたちがポジティヴな結末を迎えているのか、ネガティヴな結末を迎えているのかさえ判らない。斃れたオオカミたちはまた最後尾につき、絶えずジャンプしているようにも伺えたからだ。

現代アートは、こんな風に自由に解釈できる余地を与えてくれるから好きだ。
にしても、8点とはねえ・・・という感じだったが、非常に想像しやすい作品ばかりだったので、「現代アートが苦手」という方も楽しめるのではないか。しかも横浜美術館の空間はとても心地良いしコレクション展も充実しているので、両方を楽しめるという価値として1,500円(一般価格)は高くないと思う。

ちなみに蔡國強は今週末遊びに行く予定の越後妻有トリエンナーレにも出展している。
越後妻有トリエンナーレは10のエリアで展開されている大掛かりなイベントなので、とても週末の二日間では全てを回りきることができない。3年前僕も遊びに行ったのだけれど、運転による移動で時間の大半が割かれてしまった(車で行かないと不便極まりないと思う)。ある程度計画的に動く必要がある(しかも点在されている作品群の多くは1,2点とかのレベルだったりするのも嘆息。自然と融合したイベントなので、それが楽しいと言えばそれまでだけど)。

蔡國強の展示も幾つかに分散されているし、何より今回はメイン会場とも言える越後妻有里山現代美術館(通称キナーレ)で展示があるらしい。あれだけ大掛かりな装置を含む展示には相応の時間とお金が掛かるんだろう。お金掛ければ良いというわけじゃないけれど、その仕掛けを素直に楽しみながら越後妻有トリエンナーレも楽しみたい。

週末に向けて、どんな感じで予定を立てるのかも楽しみだ。

蔡國強展:帰去来

その他個人的メモ
曽我蕭白「石橋図」。「壁撞き」の発想元になっているかもしれない江戸時代の作品。
http://ameblo.jp/eliot-akira/entry-10287017920.html

鶴岡政男「喰う」「雨」。キュビズムな作品が印象的だった。
http://www.tobunken.go.jp/materials/bukko/9641.html