2014年2月ランニング総括

京都マラソンにて今シーズンベストの記録を達成したものの、2月は53.6キロしか走れなかった。
走り込むべき時期に、この体たらく。フルマラソンと合わせても100キロに満たない。今シーズン始まってからレベルアップを本気で目論んでいたが、自らブレーキをかけることになってしまった。

理由は明白。
シンプルに仕事が忙しかった。言い訳だが、2月は何ともしがたかった。帰宅が23時を超えると、どうしても走ろうという意欲が沸かない。

2月は一度だけ24時を過ぎてから走ったことがある。
たった5キロ。だが、早く走り終えようという気持ちが先行してしまい、ペースが乱れてしまった。ペースが乱れると、どうしてもメンタルにも悪影響を与える。
気持ちが乗らないと、フィジカルにも影響が出る。京都マラソンを走り終えた直後ということもあっただろうが、腰より下が自分のものではないような違和感を覚えた。悪循環というやつだ。

走らないと、仕事にも執筆にも読書にも人付き合いにも気持ちが乗ってこない。生活リズムも変則的で、遅寝遅起き、会社に着くのもギリギリになってしまう。

そんな生活を象徴するのがデスクだ。乱雑極まりない。
普段はデスクの上にはパソコンだけ。書類など何も置かない。紙は自分の中で咀嚼したらすぐにシュレッダー行き。前職のときから意識している断捨離精神。

でも、気持ちに余裕がないと、それが出来ない。
「忘れないように」「いつかやろう」と考えているから、机の上には書類やら付箋やらメモやらで溢れている。あれがない」「これがない」「引き出しにも物が多い」と混乱することも少なくない。

2/24放送「プロフェッショナル仕事の流儀」で取り上げられていたのは、製造業を営むアイリスオーヤマ社長の大山健太郎さん。経営者としての即断即決の精神も清々しかったが、社風として徹底している整理整頓こそアイデアが生まれる源泉ではないかと僕は思った。

インタビューされた社員は、こんな風に答えている。

昔、総務部長で厳しい人は、机の上(の物)を棒で全部落とされるんですよ。身の回りが整理整頓できてない人は頭の中が整理整頓できてないという考え方なんです。

まさにその通り。
この週末で多少、身の回りの物は整理したけれど、まだまだ余裕ない状態が続いている気がする。

最近読んだ、流行りの書籍『ゼロ秒思考』、ちょっと前に読んだ『白鵬のメンタル』、『佐藤可士和の超整理術』なんかの自己啓発本にも、心に余裕を持たせること/思考を整理することの重要性が書かれている。

3月も既にバタバタしている感が否めないけれど、3連休のタイミングくらいで自らをクールダウンし、次の年度にすっきり臨めるようにしたいと思う。

明日から寒くなるらしいが、なるべく走るぜーと。

なんか自己啓発本って、何だか「読んでる」感出すの恥ずかしいな。