映画「バクマン。」を観た

映画「バクマン。」

映画「バクマン。」

妻の強い希望もあり、先週末に映画「バクマン。」を観た。

【原作・大場つぐみ/作画・小畑健】と聞けばピンと来る。「DEATH NOTE」だ。
漫画に疎い僕でも、「DEATH NOTE」は実際手に取って読んだことがある数少ない漫画の1つだった。藤原竜也、松山ケンイチ主演の映画も観たし、作品中に散りばめられていた仕掛けや伏線にいちいち感心したのを覚えている。感心、っていうと偉そうだけど、要はすげえな・面白いなって思って読んでいたわけだ。

それでも。
悲しいかな、僕の中の漫画ブームは単発で終わることが多い。
あんなに面白かった「DEATH NOTE」だけど、その次作品である「バクマン。」までは気が回らなかった。いつの間にか話題になり、いつの間にか最終回を迎えていたという印象(あくまで個人の感覚です)。
アニメ作品にもなっていたらしい。面白いらしい。漫画をモチーフにした漫画らしい。

漫画をモチーフにした漫画?
それじゃあ、俺には関係ない。
そう思ってスルーしてしまったところが正直ある。
今回だって、妻に誘われなかったら進んで観ようとは思わなかっただろう。

もっとも関心を引かれたポイントはもう1つある。
映画監督が大根仁だったことだ。僕の好きな映画作品「モテキ」「まほろ駅前番外地」を手掛けた監督だ。それを聞いて、ちょっと自分に近付いてきたかな、という感触があり、観ることを決めた。

結論から言うと、なかなか面白かった。
演出が細かくて飽きさせない工夫が為せる技だろう。特に舞台装置。漫画だらけの仕事場、疲弊し追い詰められた感のあるトイレ、なーんにも考えずに時を過ごす装置である学校生活の様子、時代と共に変遷していく漫画というツールの懐の深さ、神木隆之介演じる高木秋人の絶妙な垢抜けない感じ。
大根仁だけでなく、キャストやスタッフ全員が「こういう感じの映画を作ろうぜ」っていう感覚が揃っていたからこその成果ではないか。全体を通して、ある種の「部活」を感じさせる映画だったように思う。

それに加えた感じたのは、「邪道」をひたすら走っていく潔さだ。

「バクマン。」は、主人公の二人(作画を担当する真城最高と、原作を担当する高木秋人)が、週刊少年ジャンプ連載を目指して奮闘する「青春」を描いた作品だ。
それは週刊少年ジャンプの方針(「友情」「努力」「勝利」のいずれか(いずれも)を入れ込むこと)とも重なっている。例えばドラゴンボール、ワンピース、スラムダンク、キャプテン翼、HUNTER×HUNTER。これらの漫画の内容を思い浮かべてもらえれば、「友情」「努力」「勝利」がいくら青臭く響こうとも、結果的に多くの人の心に残る名作になっていることを理解してもらえるだろう。

週刊少年ジャンプの連載を目指す、というテーマ設定。
それは極めて王道から逸れたチャレンジであり、そこにストーリーとしての面白さ、画力の確かさが無ければ「キワモノ」扱いを受けること必至だろう。
僕は原作を読んでいないけれど、映画化されたり、かなり売れているという事実を聞いたりすれば、このチャレンジは成功したと言っても良いだろう。

それもそのはずだ。
漫画家なんて、全く関係のない存在なのに、僕はこの映画で主演の二人にかなり感情移入をした。
漫画家としての彼ら、ではなくて、天才に挑む天才ではない人たちが努力をする姿に、だ。「ダイの大冒険」で言うとポップのような存在の彼らが死に物狂いでジャンプ連載に挑戦する姿は、やっぱり古今東西で普遍のテーマとして機能しているなあと思った次第です。佐藤健と神木隆之介のコンビも息ぴったりで良かった。佐藤健がいわゆるイケメンでなく、凡人として奮闘する演技もグッド、素材として本当に優秀だなと思った。

ネタバレになるから書かないけど、エンドロールも素敵。
こういうところまで「見せる」映画、僕は好きです。

ちなみに僕は、子役時代の神木くんの「お父さんのバックドロップ」で泣きました。
なんだか、いろいろ繋がるものだなあ。