2017年振り返り

毎年振り返りしようと思うのだが、筆不精なもので、毎年できずに年を越してしまう。
2017年に関しては、色々な転機があり、2018年の飛躍を期して本エントリにつらつらまとめようと思う。

 

1. 家族
2018年の1月に新しく家族が増える予定です。
「何より家族が大切」というのは月並みな言葉だけれど、今年ほど家族という存在を意識した年はなかったと思う。
言うても2015年に結婚し、妻と一緒に暮らすようになって。自分ひとりではない状況になったことは間違いなくて。ただ、それ以上に妻が妊娠して、僕たち夫婦だけではコントロールできない「新しい生命」に対する配慮というのは、僕にとってむちゃくちゃ大きいことだったと実感しています。

そしてその配慮は妻にだけ向けられたものだけでなく、妻やお腹の中の子どもから自分にも向けられているものです。
毎日の暮らしの中で、基本的に心穏やかに過ごせているのは、間違いなく家族のおかげ。

だからこそ今は、
無事に新しい生命が生まれてくることを祈るだけ。
仕事にも全力を尽くしているつもりだけど、やっぱり頭の隅っこには、家族のことが良い意味で過ぎる日々なのです。

 

2. 仕事
2017年5月に2回目の転職をしました。
一言で転職理由のことを表現することはできない。
今年33歳になった僕が転職するのは、ポジティヴな理由もネガティヴな理由も同じくらいある。

ただやっぱり、「自分はもっとできるはず。やるべきだ」という思いは強かったと思う。
ちなみに今は、これまでずっと携わってきたマーケッターとしての役割でなく、ベンチャー企業の人事領域に100%コミットしています。「人事って何するの?」から「人事の立場から会社を強くしなやかにしたい」という気持ちに変わりました。これだけでも、新しい会社に移って良かったな/30代だけどまだ成長する余白があるんだなと思っています。

もう一つ。
前々職でお世話になった方が、「転職」をこんな風に表現していました。

転職する理由って3つしかない。現状に不満があるか、より良い条件の職場があるか、理想を求めるか。いずれかの理由があれば、きっと皆が転職を選ぶと思う。転職しないのは、いや、できないのはその選択肢がないだけ。俊輔の選択は正しい。悲しいけれど。

2017年冒頭。中村俊輔のジュビロ磐田移籍を指しながらFacebookに投稿したもの。
転職を決断した時期と重なっていたので、自分にとって指針・方針の参照になったのは間違いありません。

 

3. 小説
3年ぶりの小説を上梓しました。
『カメラトーク、セッション』という上下巻の作品は、この3年間で自分が経験したこと、現在の自分の持てる力を振り絞って書けたと思います(というと、ダサいけれど)。

と言っても、前回同様、フリーで小説を書くというスタンスは変わっていない。
無料で配信したにも関わらず、それほどダウンロード数が伸びなくて、「伝える」「認知してもらう」ことの難しさを痛感するわけで。2018年は小説家・堀聡太という人間の価値をリストラクチャする必要もあるかもしれない。

書きたいものは山ほどある。2018年も小説を書き続けたい。
だからこそ小説に関して、ブログやnoteなどでチラチラとエントリーしていこうと思う。

 

4. カルチャー
2016年から「1年間に100冊以上の本を読み、24回以上美術館に行く」と決めている。
2017年は147冊本を読み、28回美術館に行くことができた。

どれくらいの質だったのかはさておき、
インプットとして量はそれなりに大事だと思っているので、2018年も継続したい。
子どもが生まれることは承知しているが、なるべく妻と、定期的に映画館や美術館に行き、刺激を受けたいと思う次第だ。

個人的に良かったと思う作品をいくつか。

<本>
・スコット・バークン『マイクロソフトを辞めて、オフィスのない会社で働いてみた』
・村上春樹『騎士団長殺し』
・川上未映子『きみは赤ちゃん』
・新井和宏『投資は「きれいごと」で成功する』
・フィル・ナイト『SHOE DOG―靴にすべてを。』

<美術館>
山種美術館「日本画の教科書 東京編 ― 大観、春草から土牛、魁夷へ ―」
Bunkamuraミュージアム「これぞ暁斎!ゴールドマン・コレクション」
six factory「柳本浩市展“アーキヴィスト-柳本さんが残してくれたもの”」
・パナソニック汐留ミュージアム「AMBIENT 深澤直人がデザインする生活の周囲展」
・アルテピアッツア美唄「アルテピアッツァ美唄25周年「安田侃ブロンズ展―時をつなぐ」」

<映像作品>
・佐野亜裕美プロデューサー「カルテット(TBSドラマ)」
・キャメロン・クロウ監督「ザ・エージェント」
・デミアン・チャゼル監督「セッション」
・三島有紀子監督「ぶどうのなみだ」「しあわせのパン」
・ライアン・ジョンソン監督「スター・ウォーズ:エピソード8/最後のジェダイ」

<音楽>
SPARTA LOCALS「復活のファンファーレ」 in 恵比寿ザ・ガーデンホール
・FUJI ROCK FESTIVAL 2017(土曜日のみ)
・RAT BOY「SCUM」
・Cornelius「Mellow Waves」
・橋本絵莉子波多野裕文「橋本絵莉子波多野裕文」

音楽に関しては、もうApple Musicでザッピングしまくって整理がつかない状態。
!!!や8otto、サニーデイ・サービスの新譜も発売されたし、The Birthday「NOMAD」も相変わらず楽しく聴けた。STAnの西井鏡悟のソロ・プロジェクト「Blue」だって忘れちゃいけない。

新しさより、懐かしさが溢れているけれど、歳のせいでないと信じている。

 

5. できなかったこと
2017年はフルマラソンを1回だけ走ることができたが、ウルトラマラソンへの出走機会を得ることはできなかった。
正確に言うとエントリしていたのだが、転職してすぐだったこともあり、参加を見合わせたというのが正しいところだ。
練習も含めてトレイルを走ることも叶わなかった。

来年は6月に地元・栃木での100kmランを予定している。
サロマ湖に比べて厳しいコースと聞いているので、しっかりとトレーニングして挑みたい。

未来について。
予測できる未来より、予測できない未来の方が面白いかもしれない。
だからこそコツコツとそんな未来に向けてインプット&アウトプットすることが大事だと思うのです。

「これぞ暁斎!〜This is Kyosai!〜」企画展に行ってきた

暁斎@Bunkamuraミュージアム

その画家の名前は、河鍋暁斎と言う。
日本画に浅学な僕にとって、暁斎はあまり馴染みのない画家だった。
最近日本画に興味を持ったことをきっかけに、Bunkamuraミュージアムで開催されている企画展を観に行くことにした。

なお今回の企画展は、イギリス在住の収集家であるイスラエル・ゴールドマン氏のコレクションにて構成されている。ウェブサイトはこちら

まずは暁斎のこと。
・江戸時代末期〜明治時代にかけて活躍した画家である
・幼い頃から絵を描き、師匠には歌川国芳がいる
・絵を描く姿勢や、絵画への探究心から「画鬼」とも称された
・当時から海外でも高い評価を得、様々な画家との交流があった
・動物画、春画、宗教画など多彩なモチーフを扱うことができる

ざっと箇条書きにしてしまったが、その画力の確かさは、展示されている絵を一目見ただけでも判るだろう。細部まで描かれた繊細な絵は唸る他ない。「月下猛虎図」は本物の虎を見るようだったし、ポスターにも描かれた「地獄大夫と一休」の着物の艶やかさと鮮烈さの集合は見事である。

その中でも僕が挙げたいのは、「第1章:万国飛:世界を飛び回った鴉たち」というテーマで紹介された14の鴉の絵である。暁斎は鴉をモチーフとして描き続けて腕を上げたそう。本墨画にて描かれた鴉のシンプルな佇まいは、長谷川等伯のそれに近い厳かがある。簡単そうに見えるが、当然のことながら、この厳かさを表現するには長い年月が必要だったはずだ。

僕が気持ち良いと感じるのは、暁斎の「自由」な作風である。

彼はたくさんの表現技法を学んだだけでなく、それらをタブーや制限だと捉えず、自分の好奇心のままに描くことができた人ではないだろうか。
暁斎ほどの腕ならば「政治への風刺は描かない」「外国人(黒船襲来)のことは描かない」「ステータスが落ちるかもしれない春画は描かない」など決めることもできたはずだ。むしろ「自分のテーマを1つに定めない」ことをルールとして決めていたんじゃないかと僕は想像する。

動物画や妖怪画は、眼や表情がどことなく人間っぽい面白さがある。
単純に擬人化しているだけではなく、人間のだらしなさとか、嫉妬とか、傍目からは滑稽に見えるものを描くところに暁斎の人間性を感じる。語弊があるかもしれないけれど、彼の妖怪画は、現代の日本人に愛されているポケモンみたいな可愛さがある。

語弊続きで恐縮だが、暁斎が墨で描く作品は、井上雄彦のバガボンドの力強さと共通するとも感じた。特に人間に対しての愛情/こだわりを感じる。「面白がって」描いているなあと、どちらの作家にも感じることができて、思わず頬が緩んだ。

たくさんのコレクションの中で、僕が最も惹かれた絵画は「祈る女と鴉」だ。
その絵は宗教画が多く展示されていた「第6章:祈る−仏と神仙、先人への尊祟」の最後にあった。縁側にいる遊女は手を合わせて祈り、その様子を鴉が見ているという構図。鴉は黒みが薄く、どちらかというと幻のように見える。構図と比較するに鴉の身体は大きすぎる。そして同じ空間にいるというよりは、とても高いところに鴉が存在しているような印象も受けた。

この絵が、何を示しているのかを考えさせられる。
もしかしたら暁斎は、神に擬えたのかもしれない。

他に展示されていた鴉と違い、「祈る女と鴉」における鴉の眼は優しく、遊女を見守っているようにも見えた。空間、時間も超越したところに鴉(あるいは神)はいて、何をするわけでもなく遊女を見守っている。

祈りと神との関係性は、本来そういうものなのかもしれないなと。

英語タイトルは「Woman praying before a crow」とあるが、「Woman praying on a crow」とした方がひょっとしたら良いのかもしれない。そんなことも考えた。

この絵がいつ描かれたのか正確には判らないようだ。(図録には1871年〜1889年と書かれている)
河鍋暁斎の死は1889年、59歳のとき。当時の平均寿命は40代というから、まあ長命だったと言えなくもない。もし「祈る女と鴉」が晩年に描かれたものだとしたら、暁斎の死生観が反映されているとも言えるだろう。そこはあくまで、観る者の感性/判断に委ねられているのだけど。

Q:なぜあえて暁斎を集めるのですか?
A:暁斎は楽しいからですよ!

ゴールドマン氏はこのように答えたという。僕もその言葉に共感する。暁斎の絵画は多彩でトリッキーなところに注目されがちだが、繊細で畏敬を示唆するような表現にも長けている。これぞ暁斎であり、それらをひっくるめて、“楽しい!”ということなのだ。

会期は2017年4月16日まで。
閉幕まで時間は僅かだけれど、機会があればぜひ足を運んでいただきたい。

暁斎の図録も買いました。最高!