【Apple Music】2015年音楽まとめ

7月に日本でApple Musicがローンチした。
Spotifyなどの定額音楽配信サービスが日本国内で悉くローンチが見送られていた背景もあって、Apple Musicはローンチ直後から熱烈に日本の音楽ファンに歓迎されていたように思う。テンションの差こそあれど、無料試用期間を経ても、色んな人が使い続けているという声は良く耳にする。

ローンチ直後のエントリで書いたが、待望していただけあって殆ど毎日Apple Musicを使った1年だった。おかげでCDという形態での購入はたった1枚に留まってしまった(買った理由は初回特典のDVDに魅せられたため)し、TSUTAYAさんにも1度も行かなかったと思う。それはそれで寂しいかもしれないけれど、少なくとも昨年に比べれば数段音楽への関心度は高まったと思う。間違いなく。

このエントリでは、そう言った御託はさておき、Apple Musicで良く聴いた作品をピックアップしていければと思います。思いつきのまま、順不同で。2015年にリリースされた曲には「★」をつけておきます。半数以上は2014年以前の音楽ですが、改めて良さに気付いたり、今まで知らなかった音楽に出会えるという利点もApple Musicにはあります。YouTubeへのアクセスじゃ、何だか味気ないものね。VIVA!Apple Music!

クラムボン「triology」

クラムボン「triology」。5年ぶりのオリジナルアルバムでした。

Kai Takahashi「Soda Pop - Single」

Kai Takahashi「Soda Pop – Single」。軽快なメロディが気持ち良い。

Fishmans「Neo Yankees' Holiday」

Fishmans「Neo Yankees’ Holiday」。改めて良さに気付いた1年でした。

チャラン・ポ・ランタン「テアトル・テアトル」

チャラン・ポ・ランタン「テアトル・テアトル」。豊洲野音で2回目、素晴らしかった!

The Libertines「Anthems For Doomed Youth」

The Libertines「Anthems For Doomed Youth」。再結成、待ってたよ!

!!!「As If」

!!!「As If」。朝霧JAMでも最高でした!

The Paradise Bangkok Molam International Band「21st Century Molam」

The Paradise Bangkok Molam International Band「21st Century Molam」。バンコクのバンド?に出会えました。

やけのはら「SUNNY NEW INSTRUMENTAL」

やけのはら「SUNNY NEW INSTRUMENTAL」。のんびりした休日に聴いてました。

The Strokes「Is This It」

The Strokes「Is This It」。今までストロークスが良いなんて思わなかったんだけど。

H ZETTRIO「★★★」

H ZETTRIO「★★★」。JAZZなの何なの最高なの?!

 


Kai TakahashiはCanonのプロモーションで楽曲が使用されていて、プロダクトの世界観にピッタリだなと感心した。アーティストにも企業にもプラスになるということは、カルチャーにとっても価値があること。Pharrell Williams「Happy」の時も感じたけれど、こういうプロモーションがむくむくと伸びてくるのは本当に見ていて気持ちが良いものです。Kai Takahashi(高橋海)はLUCKY TAPESというバンドのフロントマンとのこと(こちらはApple Musicでは配信されていない様子、残念)。要チェックです。

 


H ZETTRIOは最新アルバムはApple Musicで配信されていないのが本当にもったいない。
あまりに悔しいので、公式YouTubeの「Beautiful Flight」をEmbedしておきます。超かっこいいです。朝霧JAM2015ではRafvenの裏だったのでめちゃくちゃ空いていたけれど、演奏が洗練されてて本当に良かった。彼らのホーム・グラウンドで、彼らの音楽にも酔いしれたい。

 

ということで、特に気になった2つだけは詳述してしまいました。
クリスマスイヴにはThe Beatlesの楽曲も配信されたし、邦楽もどんどんラインナップしていけば良いのにと思う年の瀬です。

2016年の音楽ライフも楽しみ。
というか、自分でも色々生み出さなくちゃ。

SUMMER SONIC2015

thumb_IMGP2253_1024

感想を書く前に。
やっぱり30歳になると、それなりに20代の頃の音楽体験・環境と同じではいられなくなる。
フジロックもしばらく行かなくなっているし、日々音楽「も」楽しむ生活を志向するようになっているし、新譜を求めてCDショップに行くことも稀になった(代わりにApple Musicに毎日お世話になっている)。

音楽仲間も変わった。
結婚したり家族ができたり。
特に子どもがいる場合、男女問わず気軽に宿泊を伴う野外イベントには行けなくなるものだと思う。LINEで連絡を取った友達は妊娠中とのことで、車で幕張メッセまで行ってThe Chemical Brothersだけ観るのだと言う(それも凄い執念だと思うけど)。それを聞いたとき、おめでとう!と思う一方で、大好きな音楽を生で聴く機会が減るというのはどうなんだろうと思ったりする。
紆余曲折を経て、音楽を「仕事」とした仲間もいる。今回のサマソニでもブースを出して働いている元同僚に会うことができた。彼女とトム・ヨークやF.F.Sを観ながら、あーだこーだ語れる変わらぬ関係性を喜ぶと共に、その機会も実際のところ減ってしまったことにも気付かされた。

それが変化と言えばそれまでのことだ。

実際のところ、俺はどうなんだ。
俺は心の底から音楽を楽しんでいるのか?俺はまだ音楽を愛しているのか?俺の中のリトルほりそうが絶えず問うてくる。俺は答えられない。
BOSEのスピーカーでPharrell Williamsの「Freedom」をリピートする。僕は昨日の余韻をちゃっかりと楽しんでいるのだ。サマソニから一夜明けて、もう僅かの夏休みを惜しみながら今年のサマソニを振り返りたいと思う。

***

サマソニは2年振りの参加。8/16(日)だけの参加だ。
お目当ては、Pharrell Williams。妻との思い出の曲「Happy」は未だに聴いているし、ベタだけど凄くポジティヴになれるキラーチューンだ。RADWIMPSやケミカルも聴きたかったけれど、まあお気軽に、ということで妻の分も含めて1日券を購入した。思い出の曲を生で聴ける。ワンマン公演だと売り切れてしまうチケットも、フェスだとアクセスがしやすいのだ。

実はサマソニ深夜公演の「Hostess Club All-Nighter」にも参加した(妻は留守番)。トム・ヨーク、F.F.S(Franz Ferdinand & Sparks)、Baio(Vampire Weekendのベーシストのソロ)、Deerhunter(残念ながらメンバーの体調不良で来日中止)という本家・サマソニに負けずとも劣らない(勝ってる?)ラインナップ。久しぶりのオールナイトだったけれど、しっかり楽しんだ。サマソニの深夜公演は初めてだったけれど(ソニマニは除く)、前述の通り充実のラインナップだったからか、入場規制が掛かるほどのお客さんが入っていた。さすがトム・ヨーク。

Hostess Club All-Nighterに関しては、BO NINGENという、普段はUKを活動拠点とするロック・バンドに度肝を抜いてしまった。一言で表現するなら、「音が厚いのに緻密で圧倒的なステージングを披露できる外見はゆらゆら帝国みたいなサイケデリックなロック・バンド」という感じだろうか。とにかく凄過ぎたので、この感想は近日中に別エントリでまとめたい。熱心な音楽ファンには怒られてしまうかもしれないけれど、トム・ヨークやF.F.Sよりも断然見応えがあった。

***

始発で帰り、ちょっと寝過ごしながらも6時40分には家に着く。3時間寝て、8/16(日)公演に妻と向かう(妻は前日参加を見送っていた)。
サマソニで「体力勝負」を感じたことは無いのだけれど、前日はオールナイトだったので仕方ない。前日夕方に仮眠を取ったのでレッドブル1本飲んで体力はだいぶ回復した。そんな錯覚に陥りながら向かう海浜幕張は、もうちょい近けりゃ良いのになとやはり思う。

13時に会場入り。MAN WITH THE MISSIONの狼お面を横目で観ながら、妻と色々なステージをくるくる歩き回る。これから幾つも演奏を楽しむわけで、序盤はこれくらいまったりと過ごした方が良いとフェス通を気取るのだけど、実際のところ手持ち無沙汰は否めない。何となく演奏を楽しむ。
野外のGarden Stageに行ったのは初めて。「こんなに野外感があるイメージはサマソニに無かったなあ」というYo-Kingの言葉に完全同意。こんな炎天下の中で野外感のあるステージの需要がどれくらいあるのかは正直不明だ。収益面と運営面の両方を考えたときに、この場所をポツンと用意しておく必然性も多少はあるかもしれない。

真心ブラザーズの後にマリンステージでZeddを見るというアイデアもあったのだけれど、ちょっと間が空いてしまうので幕張メッセに戻る。暑いのでビールが美味い。
WALK THE MOONやBEST COASTを、浅い眠気の中で観る。バキッとした音楽が聴きたいなと思っていたところで観たのが、マウンテンステージでのMODESTEP。決してパンクというジャンルには括られていないバンドだけれど、自然に身体が反応した。かなり前方で観ることもでき、ブンブンと鳴るベース音も刺激的だった。1年前のPUNKSPRING以来、けっこうパンク(に近い音)にも馴染むことができている。趣味趣向の変化。もっとも僕の中でMODESTEPはBACK DROP BOMB(大学生のときから好き)と被る部分も多く、すんなり入れたのかもしれない。佇まいも格好良かった。

郷ひろみはヒットチューンの連発。何十年もスターを張っていることに納得性を感じた。CARLY RAE JEPSENも相変わらず「Call Me Baby」良かった。それにしても郷ひろみ良かったなあ。一瞬でフロアは郷ひろみの世界に染まってたし、お客さん全員が郷ひろみのコールアンドレスポンスに応えていた。GO!GO!

そして最後はPharrell Williams。この日初めてのマリンステージ、ヘッドライナーにしてはお客さんの入りが大人しかった印象だった。裏はディアンジェロ大先輩。バランス良くお客さんが分散したのかもしれない。おかげで開演ギリギリの入場であったにも関わらず、前方に位置取りできた。
僕にとってファレルは、言ってみれば「Happyの人」。N*E*R*Dも聴いたことがないし、彼がプロデューサーとして手掛けたプロダクションにも関心は低かった。だから正直、(クライマックスに披露するであろう)「Happy」まで、どんな感じで時間を潰せば良いものか開演前から頭を悩ませていた。

全くの、杞憂。

ファレルのパフォーマンスは想像以上で、終始激しく、僕はスタンドに入った瞬間からファレルの声やグウンと鳴るグルーヴに心を鷲掴みにされ、直感的に「踊りたい、踊らなければ!」という思いに駆られるのであった。お客さんが密集している最前方まで行くこともできたのだけれど、比較的スペースの空いたエリアに全ての荷物を放り投げ(パーティと聞いていたので色付きのサングラスも持ってきていた。全然、不要だった)、残っていたエネルギーを全て踊ることに集中させた。もう全ての音が楽しみや喜びに包まれていて、エンターテイナーってこういうことなんだよなと思う。郷ひろみ、Jepsen、ファレルという流れはなかなか象徴的だったんだな。

当たり前だけど、
音響機器からの音楽と、生で聴く音楽は全然違う。
一人で聴く音楽と、お客さんがたくさんいる中で聴く音楽も全然違う。

ファレルの音楽は、その事実を改めて思い返してくれたし、それは僕に限らず全ての音楽を愛する人たちにも共通するのではないかと思った。たぶん僕のようにファレルの音楽にそれほど精通していなかった人たちも、あの場所には大勢いたはずだ。そのお客さん全員が熱を帯びていた。
内側から沸いてくる熱のようなもの。それは初めて聴こうが、熱心なファンであろうが関係ない。音楽を愛すればこそ沸き上がる共通体験なのだ。

その熱を共通体験として味わうことができたお客さんがたくさんいることを僕は誇りに思う。
たぶんこれから先に出会う音楽好きの友達も、あの夜ファレルのパフォーマンスを観ていたかもしれない。「良かったよね」「凄かったよね」「楽しかった」「むっちゃ踊ったわ」などのシンプルなフレーズで完結するかもしれない。それを語る友達の表情は、生き生きとしているに違いない。それを聴く僕もたぶん幸福で、それは2015年の熱量が特別にスペシャルだったからなのだ。

それは全てのパフォーマンスにも、多かれすくなかれ同じことが言えるだろう。
共通体験に費やされた時間は僅かなものなのだ(短いもので20分、長くても2時間程度)。
でもそれくらいの短い時間で、しっかりと体験として語れるようになるのは本当に素晴らしいし音楽の力なんだと思う。僕もその接点を、これから持ち続けられるような感受性をしっかり持ちたいと思う。Apple Musicも確かに貴重だ。だけど生の音楽には、それを遥かに超えた柔らかな強度があるように思う。2ヶ月後の朝霧JAM、生の音楽「を」しっかり楽しみたい。

thumb_IMGP2272_1024

thumb_IMGP2317_1024

thumb_IMGP2339_1024

***

Apple Musicあれこれ雑記

CI1mFPwUMAAvnID

昨日は仕事を早めに切り上げることができたので、帰宅後にApple Musicを試してみた。
思えば、定額音楽配信サービスはずっと前から恋い焦がれるように待ち侘びていたサービスだったし、そのプロバイダはAppleでなければならなかったと思う。
Appleには自分の音楽観を預けることができるし、そしてアップグレードしてくれる予感がある。音楽を「ビジネス」として捉えている会社に、自分の音楽観を預けることはできない。

音楽ファンなら誰しも、ザッピングが止まらなくなってしまうだろう。
少し判りづらいところはあるけれど、何も気にせず音楽に触れることができる。

この感覚は、最初にiTunesが世の中に登場してきたときと似ている。
あのときは、たったの30秒しか視聴できなかった。けれど、好きな音楽を自在に見つけることができた。それに似たような自由な感覚。Pharrell Williamsの新曲「Freedom」がいきなりミュージック・ビデオ付きで楽しむことができるのも、素晴らしき時代かなと思うわけです。もちろん忌々しい5秒の広告も流れない。

そんな中で、Appleが「ファミリーメンバーシップ」を導入した理由を何となく感じた。
Apple信者と揶揄されるかもしれないし、既にどこかで誰かが言っている意見かもしれない。的外れだと笑われるかもしれないけれど、思い立ったが吉日。とにかくメモしてみる。

***

その1:「お金を払って音楽を聴く」ことの意義
音楽について、親が子どもに教えるべきことがある。
例えば、音楽はクリエイティヴなプロセスを経て生まれるリスペクトすべきものであり、ゆえにアーティストやレーベルに適切な収入をもたらさなければならないこと。でなければ、そもそもアーティストは音楽を作ることが困難になる。

感覚的には、音楽は水と同じようなものかもしれない。水と同じようにどこにでもあるものだから、音楽=無料という構図も分からないではない。
その証拠に、若者がCDや音源に対してお金を支払わずに、無料のYouTubeで音楽を聴いているらしい。あるいは違法にアップロードされたサイトで音楽を「落とし」ているらしい。
若者に限らないかもしれない。わざわざお金を払って音楽を聴いている人が、確かに僕の周りでは少なくなった気がする(音楽フェスに行くことは別として)。

親がこのサービスを使うことで、子どもは間接的に音楽に対してお金を支払うことになる。
子どもの頃から、こういった習慣を身に着けることができること。そんな子どもが増えることは、クリエイティヴな職業に携わる人間にとって素敵なことだろう。

その2:没入感の提供
YouTubeで音楽を聴いていて感じる、約5秒の動画広告。
音楽が好きな僕にとって、この瞬間は本当にウザい。お金を払っても良いから音楽だけを聴きたい。何度思ったことか。

「ウザい」と思わない人も世の中には多いだろうと思う。
音楽を聴くには、最初の動画広告を経るのが自然だと感じる人も増えているかもしれない。テレビ番組とテレビCMが切り離せないように。

僕はもっともっと、純粋に音楽だけを楽しめることを重視したい。
1曲だけでなく、1枚のアルバムを通して聴くこと。プレイボタンを押したら、後は目を瞑って音楽だけを楽しめること。
親が「ファミリーメンバーシップ」に入り、子どもとIDを共有できるならば、子どもはYouTubeを観る必要がない。良質かつ正規にアップロードされた音楽を心置きなく楽しむことができるのだ。

その3:未知の音楽に出会えること
これは現在、SoundCloudを始め多くの音楽サービスが価値を提供してきている。
僕たちはテレビ、ラジオ、雑誌などに頼ることなく、ごく自然に様々な音楽に触れることができるようになった。

Apple Musicは、それを更に高めることが価値になる。
アーティストとアーティストの繋がり、視聴履歴からレコメンド、Beat1のクオリティ。
個人的には、iPhoneだけでなく、iPad、Macそれぞれでサービスを最適化してくれたのが嬉しい。

その4:家族全員による共通の音楽体験
上述したことと重複するかもしれないが、これが充実していくと本当に面白いサービスになると思う。
音楽とは、個々が楽しむものである一方、気軽に共有できる側面がある。

「お茶の間」という言葉は死語になってしまったけれど、かつての「お茶の間」にはテレビがあって、テレビ番組や音楽が流れていた。
その中で家族がみなで楽しめる音楽というのは共通言語として価値が生まれたし、それが家族を超えて派生していくとミリオンヒットになる。
1990年代のミリオンヒットナンバーを誰もが口ずさめるのは、家族単位で共有したことが記憶として残っているということもあるだろう。

Apple Musicが、より家族を巻き込んで音楽体験を共有できると素敵になる。
反抗期の中学生にはうっとうしいかもしれないが、お父さんの渋い選曲や、お母さんの80年代のポップ・ソングは思春期にとって少ならからぬ刺激になるはずだ。

一人一台のインターネット・マシンが、Apple Musicをきっかけに開かれた存在になるかもしれない。もともとiPhone、iPad、Macはクリエイティヴな作業が可能な機器であり、それがApple Musicがきっかけとなったとしても何の不思議もないと思うのだ。

***

このように、Appleは音楽のあるべき姿を明確に定義できている。
「ユーザのPVが上がった」というように、ユーザ動線を意識したサービス作りを、彼らはたぶんしていない。

もっと使いやすくなれば良いのに…と思うものの、これは全く新しい音楽体験として機能していくに違いない。

ようやく、大学生のときに夢見た、音楽体験の入り口に立つことができた。