Apple Musicあれこれ雑記

CI1mFPwUMAAvnID

昨日は仕事を早めに切り上げることができたので、帰宅後にApple Musicを試してみた。
思えば、定額音楽配信サービスはずっと前から恋い焦がれるように待ち侘びていたサービスだったし、そのプロバイダはAppleでなければならなかったと思う。
Appleには自分の音楽観を預けることができるし、そしてアップグレードしてくれる予感がある。音楽を「ビジネス」として捉えている会社に、自分の音楽観を預けることはできない。

音楽ファンなら誰しも、ザッピングが止まらなくなってしまうだろう。
少し判りづらいところはあるけれど、何も気にせず音楽に触れることができる。

この感覚は、最初にiTunesが世の中に登場してきたときと似ている。
あのときは、たったの30秒しか視聴できなかった。けれど、好きな音楽を自在に見つけることができた。それに似たような自由な感覚。Pharrell Williamsの新曲「Freedom」がいきなりミュージック・ビデオ付きで楽しむことができるのも、素晴らしき時代かなと思うわけです。もちろん忌々しい5秒の広告も流れない。

そんな中で、Appleが「ファミリーメンバーシップ」を導入した理由を何となく感じた。
Apple信者と揶揄されるかもしれないし、既にどこかで誰かが言っている意見かもしれない。的外れだと笑われるかもしれないけれど、思い立ったが吉日。とにかくメモしてみる。

***

その1:「お金を払って音楽を聴く」ことの意義
音楽について、親が子どもに教えるべきことがある。
例えば、音楽はクリエイティヴなプロセスを経て生まれるリスペクトすべきものであり、ゆえにアーティストやレーベルに適切な収入をもたらさなければならないこと。でなければ、そもそもアーティストは音楽を作ることが困難になる。

感覚的には、音楽は水と同じようなものかもしれない。水と同じようにどこにでもあるものだから、音楽=無料という構図も分からないではない。
その証拠に、若者がCDや音源に対してお金を支払わずに、無料のYouTubeで音楽を聴いているらしい。あるいは違法にアップロードされたサイトで音楽を「落とし」ているらしい。
若者に限らないかもしれない。わざわざお金を払って音楽を聴いている人が、確かに僕の周りでは少なくなった気がする(音楽フェスに行くことは別として)。

親がこのサービスを使うことで、子どもは間接的に音楽に対してお金を支払うことになる。
子どもの頃から、こういった習慣を身に着けることができること。そんな子どもが増えることは、クリエイティヴな職業に携わる人間にとって素敵なことだろう。

その2:没入感の提供
YouTubeで音楽を聴いていて感じる、約5秒の動画広告。
音楽が好きな僕にとって、この瞬間は本当にウザい。お金を払っても良いから音楽だけを聴きたい。何度思ったことか。

「ウザい」と思わない人も世の中には多いだろうと思う。
音楽を聴くには、最初の動画広告を経るのが自然だと感じる人も増えているかもしれない。テレビ番組とテレビCMが切り離せないように。

僕はもっともっと、純粋に音楽だけを楽しめることを重視したい。
1曲だけでなく、1枚のアルバムを通して聴くこと。プレイボタンを押したら、後は目を瞑って音楽だけを楽しめること。
親が「ファミリーメンバーシップ」に入り、子どもとIDを共有できるならば、子どもはYouTubeを観る必要がない。良質かつ正規にアップロードされた音楽を心置きなく楽しむことができるのだ。

その3:未知の音楽に出会えること
これは現在、SoundCloudを始め多くの音楽サービスが価値を提供してきている。
僕たちはテレビ、ラジオ、雑誌などに頼ることなく、ごく自然に様々な音楽に触れることができるようになった。

Apple Musicは、それを更に高めることが価値になる。
アーティストとアーティストの繋がり、視聴履歴からレコメンド、Beat1のクオリティ。
個人的には、iPhoneだけでなく、iPad、Macそれぞれでサービスを最適化してくれたのが嬉しい。

その4:家族全員による共通の音楽体験
上述したことと重複するかもしれないが、これが充実していくと本当に面白いサービスになると思う。
音楽とは、個々が楽しむものである一方、気軽に共有できる側面がある。

「お茶の間」という言葉は死語になってしまったけれど、かつての「お茶の間」にはテレビがあって、テレビ番組や音楽が流れていた。
その中で家族がみなで楽しめる音楽というのは共通言語として価値が生まれたし、それが家族を超えて派生していくとミリオンヒットになる。
1990年代のミリオンヒットナンバーを誰もが口ずさめるのは、家族単位で共有したことが記憶として残っているということもあるだろう。

Apple Musicが、より家族を巻き込んで音楽体験を共有できると素敵になる。
反抗期の中学生にはうっとうしいかもしれないが、お父さんの渋い選曲や、お母さんの80年代のポップ・ソングは思春期にとって少ならからぬ刺激になるはずだ。

一人一台のインターネット・マシンが、Apple Musicをきっかけに開かれた存在になるかもしれない。もともとiPhone、iPad、Macはクリエイティヴな作業が可能な機器であり、それがApple Musicがきっかけとなったとしても何の不思議もないと思うのだ。

***

このように、Appleは音楽のあるべき姿を明確に定義できている。
「ユーザのPVが上がった」というように、ユーザ動線を意識したサービス作りを、彼らはたぶんしていない。

もっと使いやすくなれば良いのに…と思うものの、これは全く新しい音楽体験として機能していくに違いない。

ようやく、大学生のときに夢見た、音楽体験の入り口に立つことができた。