はじめに

このたび、
「文化とカルチャーの間(はざま)で」
というサイトを新設しました。

少しずつ、ゆるく、意のままに、更新して参ります。
なにとぞ、よろしくお願いいたします。

このサイトで何をするのか。

やや抽象的な説明をすると、
文化とカルチャーの間に潜む“ものごと”を、
自分なりに考察し、解釈を加え、表現として発することです。

「文化」という領域
「カルチャー」という領域

ニアリーイコールかもしれませんが、
決してピタリと重なっていないと思います。
語源という意味合いとしても、“いま”使われている意味合いとしても。

その2つの領域を伝いながら、
自分の中でそれぞれの領域を拡げ、奥行きを持たせてゆく。
基本的には趣味の範囲を越えない個人的なサイトから、
自分の色に染まった「あたりまえ」が生まれていくことは、

きっと意味があるはず。
きっと価値があるはず。

おもしろき こともなき世を おもしろく

革命家・高杉晋作が、明治維新を前に遺した辞世の句。
文化、カルチャーの領域で、僕は「おもしろさ」を見出したい。
僕が死んだときに、「ああ、おもしろかったなあ」と思えたら、
ある側面では幸せな人生と呼べるはず。

それは、

お金がなくても、
地位や名誉がなくても、
友達がいなくても、
自動車やロレックスやアルマーニを持ち合わせていなくても、

ある側面では、幸せな人生と呼べるはず。

ささやかだけど、豊かさと多彩さに満ちた旅を、
僕は時間をかけて廻り続けたいと思います。
足を踏み外すことも、見当違いの白昼夢に一喜一憂することもあると思いますが、
どうぞ、温かくお付き合いいただきたく思います。

2012.12.1
堀 聡太