今野真二『盗作の言語学』を読んだ

盗作の言語学

盗作の言語学

Facebookを見ていたときだろうか。
友人が子どもの写真を載せていて、友人の友人が「よその子とゴーヤは育つのが早いねえ」とコメントをしていた。ゴーヤの成長の早さを引き合いに出して、友人の子どもの成長の速さに驚きいや嬉しさの気持ちを伝えようとしたのだろう。友人もその気持ちを受けて「ありがとう〜」と返事をしていた。ささやかだけど、旧友を温める価値のあるコミュニケーションを認めただろう。僕以外の多くの人は。

というのも、僕はその喩えを知っていたのだ。
2014年、年間の漫才チャンピオンを決めるTHE MANZAIにて、博多華丸・大吉の博多華丸(川平慈英のモノマネをする方)が「ボケ」の1つとしてこの言葉を使っていたのだった。年末のゴールデン番組、お笑い好きとしてリアルタイムでそのネタを見て、僕は文字通り爆笑してしまっていた。若手漫才師が自身の面白さを前のめりでPRするのと裏腹に、肩の力が抜けたベテランの二人の掛け合いは安定していて、会場やお茶の間の笑いを総取りしたと思う。パンクブーブー、ハマカーン、ウーマンラッシュアワーに続くチャンピオンとして相応しいネタだったと僕は思っている。

話が脱線した(僕は良く脱線してしまう)。

友人の友人はたぶんそのネタを知っていたし、友人やそれ以外の人たちが目にする場所でそれを拝借したとて悪気は全く無かったと思うし、というか友人からそれを指摘されれば、それを新しい会話の糸口として盛り上がれるだろう。そこまで意図したかは判らないけれど、何が旧友同士のコミュニケーションとして一番盛り上がるかを考えたときに、その引用がチョイスされたわけだ。なかなかクレバーな人だと僕は感心してしまう。それを友人が知らなかったからとて、前述した通り正の感情を共有できるのだ。2015年にしてリスクゼロのコミュニケーションというわけである。

だが、時と場所が違ったとして。
2015年の年間の漫才チャンピオンを決めるTHE MANZAIで、あるコンビが「よその子とゴーヤは育つのが早いねえ」と言ったらどうだろうか。彼らの使い方にもよるかもしれないが、「昨年の博多華丸・大吉のパクリだ」と糾弾される可能性が高いのではないか。彼らが前年のチャンピオンのネタを下敷きにして、コミュニケーションの厚みを持たせようと意図したとしても、ひとたび「パクリ」と認識されたとしたら先は無いだろう。

一方で、そのコンビが「犬も歩けば棒に当たる」と言ったら、どうだろうか。
彼らが生み出した「たとえ」では無い。先人が古くに高度な比喩として生み出し、以降、数限りない人たちにパクられ続けてきた(国語の教科書にも載ってる!)。同じ文字情報なのに、何故後者の場合、パクリと見做されないのだろうか。

***

前職でお世話になった方がFacebookで紹介していた『盗作の言語学』。2015年5月と比較的新しい新書が、その考え方を論理立てて説明してくれている。事例ベースで考察がまとめられているが、どれもとても興味深い。クリエイティヴに関わる人はもちろん、文化を愛する全ての人たちにとっても一読の価値がある。

著者の今野真二(日本語学を専攻とする大学教授)は、「おわりに」で、自身が本書を書いたきっかけについて語っている。

2014年5月6日の『朝日新聞』朝刊に「盗作の考現学」「蔓延するパクリツイート・コピペ論文・・・」という見出しの記事が掲載された。稿者はツイッターを利用していないので、「パクリツイート(パクツイ)」という表現自体が初めて目にするものであったし、どのようなことなのかも記事を読んで初めてわかった。

職業柄、学生のレポートなどに触れる機会が筆者は多いのだろう。
もともと頭の片隅にあった問題意識を、言語学という観点から本にまとめてみた、ということだろうか。

折しも東京オリンピックのエンブレム問題(そのことはブログでも、やや直情的に書いた。http://buncul.com/2015/07/31/word_idontlike/)が話題になっている昨今、この本の考察の役割は極めて大きい。

なお、本書は著者も「序章」でことわっている通り、本書で扱う「盗作」を言語による作品に限定されている。
だから、エンブレムなどのデザイン、音楽、アート、ゲームや映像などのエンターテインメント作品については著者の考察は述べられていない。だけど、僕たちが「盗作」について考えるfoundationには十分すぎるほどの役割を担っていただいている。

露を帯びさろんにゆらぐ蘭の葉のひとつひとつのすがしき光 原歌
露を帯びてさろんにゆらぐ蘭の葉のひとつひとつのすがしき光 添削歌
(中略)多くの人には、右の原歌と添削歌との表現の違い、そして「善し悪し」は判定できないかもしれない。つまりほとんど「同じ」ものとみえる可能性が高い。しかし、白秋の眼にはまったく異なるものとしてみえていることになる。
本書においては、「同じ/異なる」をまずは明白なレベルでとらえるために、語が同じということを基準としているが、語のあるまとまりによって「表現」が構成されると考えると、右の例のように、助詞「テ」があるかないかという違いしかなくても、「表現」としてはまったく異なるという「判断」もあり得ることになる。

これは北原白秋が自身のプロジェクト(編纂物)での「添削作品」だ。
原歌と添削歌を比べると、「露を帯び」「露を帯びて」というところの違いのみだ。
だけど、北原白秋はこれらの作品は全く別物だと評する。では仮に、原歌を見たことのある表現者が、添削歌のように体裁を整えて(というのも語弊があるかもしれない)発表したとすると、それは「盗作」なのかどうか。僕には判らないし、判る人の見解が「正しい」と必ずしも言えないのではないかと思う。

僕はInstagramでこんな風に述べた。

休日出勤だん。会社のデカいプロジェクトが終了(僕は殆どヘルプだけ)。と言いつつ、今日は1日立ちっぱなしだったのでコーヒーで一服。 最近話題の、あのテーマ。「パクる」って教育の議論みたいなもんで、誰もが知ってる・経験していることだから議論に参加しやすい。ただの空中戦になりがちなので僕なりに考えを深めてみようと。この本を知ったのは、前の会社の偉い人のFacebook。知りたい情報は、いろんな経路で入ってくるね。

FacebookかTwitterか判らないけれど、誰かが呟いていた。
「問題を切り分けて考えないと、また同じことが起こる」
本当にその通りだと思う。だけど「切り分ける」だけでは盗作についての理解は深まらない。
クリティカルシンキング(ロジカルシンキング)で物事を考えたって、至る結論は「自分」という枠を超えるものではない。だからこそ、本書の役割は大きいのだ。判ってもらえるだろうか。

後半には「本歌取り」「パロディ」などについての言及もある。
本歌取りは、

ここで「本歌取り」について少し整理しておこう。『集英社国語辞典』第三版は「ホンカドリ」について「和歌や連歌の修辞の一つ。先人の歌の一部を詠み込むことによって二層構造の複雑な趣をかもしだす表現技法」と説明している。
(中略)先例がある表現をとりこむことによって、複雑な構造の表現をつくることが可能になっているといえようし、先例がある表現は、どのような意味であるかということが共有されているといえよう。現代では「オリジナリティー」ということが重要視される。しかし、誰も使ったことのない単語というものをつくりだして使うということは通常はできないし、言語に関しては、複合語として新しいとか、そうした「新しさ」以外は考えられない。そうすると、焦点の定まらないまったく新しい表現よりも、すでに共有されている表現をベースにして、そこから新しい表現をつくりだしたほうが「読み手」に理解されやすいということはあるだろう。ただし、この場合はベースにする表現が多くの人に「共有されている」ということが前提になる。言語生活において「和歌をつくること」が重要な位置を占めている場合には、「本歌取り」は昨日する。『古今和歌集』の歌を熟知していることが『新古今和歌集』を理解することの前提となる。

というふうに書かれている。

前提として誰もが「知っている」ことが大事で、それがfoundationとなって『新古今和歌集』が成立するということだろう。今の時代に、同様のパターンで成立するものが幾つあるだろうか。この価値観が多様化した世の中で。『古今和歌集』『新古今和歌集』両方とも、知識人のための戯れだったとも言える。セグメントで棲み分けができていたのだ。

文学や詩歌だけが知識人の戯れで無くなり、
そもそも知識人という括りで「人間」を語れなくなった21世紀。
気付けるか否か、ではなく、Google検索に引っ掛かるか否か。成否の基準も変わってしまった。

***

佐野氏のエンブレムは使用中止に追い込まれた。
もう2ヶ月も経てば、このことは一般の人からの記憶からは跡形もなく消えてしまうだろう。
だけど、クリエイティヴに関わる人たちの記憶からは消えないし、致命的なダメージとして残り続けることだろう。華やかな実績を残してきた佐野氏が、必要以上に責めに苦しまないことを僕は祈りたい。

と同時に、もっと文化的な背景について学ぶ努力もしていきたいと思う。
ちゃんと自分の言葉で語れるように。そしてそれを、いつかアウトプットできるように。

とは言え、たぶん、僕のスタンスは変わらないだろう。
僕は、僕のためにも、新しい作品を生み出せるようにするだけだから。

Apple Musicあれこれ雑記

CI1mFPwUMAAvnID

昨日は仕事を早めに切り上げることができたので、帰宅後にApple Musicを試してみた。
思えば、定額音楽配信サービスはずっと前から恋い焦がれるように待ち侘びていたサービスだったし、そのプロバイダはAppleでなければならなかったと思う。
Appleには自分の音楽観を預けることができるし、そしてアップグレードしてくれる予感がある。音楽を「ビジネス」として捉えている会社に、自分の音楽観を預けることはできない。

音楽ファンなら誰しも、ザッピングが止まらなくなってしまうだろう。
少し判りづらいところはあるけれど、何も気にせず音楽に触れることができる。

この感覚は、最初にiTunesが世の中に登場してきたときと似ている。
あのときは、たったの30秒しか視聴できなかった。けれど、好きな音楽を自在に見つけることができた。それに似たような自由な感覚。Pharrell Williamsの新曲「Freedom」がいきなりミュージック・ビデオ付きで楽しむことができるのも、素晴らしき時代かなと思うわけです。もちろん忌々しい5秒の広告も流れない。

そんな中で、Appleが「ファミリーメンバーシップ」を導入した理由を何となく感じた。
Apple信者と揶揄されるかもしれないし、既にどこかで誰かが言っている意見かもしれない。的外れだと笑われるかもしれないけれど、思い立ったが吉日。とにかくメモしてみる。

***

その1:「お金を払って音楽を聴く」ことの意義
音楽について、親が子どもに教えるべきことがある。
例えば、音楽はクリエイティヴなプロセスを経て生まれるリスペクトすべきものであり、ゆえにアーティストやレーベルに適切な収入をもたらさなければならないこと。でなければ、そもそもアーティストは音楽を作ることが困難になる。

感覚的には、音楽は水と同じようなものかもしれない。水と同じようにどこにでもあるものだから、音楽=無料という構図も分からないではない。
その証拠に、若者がCDや音源に対してお金を支払わずに、無料のYouTubeで音楽を聴いているらしい。あるいは違法にアップロードされたサイトで音楽を「落とし」ているらしい。
若者に限らないかもしれない。わざわざお金を払って音楽を聴いている人が、確かに僕の周りでは少なくなった気がする(音楽フェスに行くことは別として)。

親がこのサービスを使うことで、子どもは間接的に音楽に対してお金を支払うことになる。
子どもの頃から、こういった習慣を身に着けることができること。そんな子どもが増えることは、クリエイティヴな職業に携わる人間にとって素敵なことだろう。

その2:没入感の提供
YouTubeで音楽を聴いていて感じる、約5秒の動画広告。
音楽が好きな僕にとって、この瞬間は本当にウザい。お金を払っても良いから音楽だけを聴きたい。何度思ったことか。

「ウザい」と思わない人も世の中には多いだろうと思う。
音楽を聴くには、最初の動画広告を経るのが自然だと感じる人も増えているかもしれない。テレビ番組とテレビCMが切り離せないように。

僕はもっともっと、純粋に音楽だけを楽しめることを重視したい。
1曲だけでなく、1枚のアルバムを通して聴くこと。プレイボタンを押したら、後は目を瞑って音楽だけを楽しめること。
親が「ファミリーメンバーシップ」に入り、子どもとIDを共有できるならば、子どもはYouTubeを観る必要がない。良質かつ正規にアップロードされた音楽を心置きなく楽しむことができるのだ。

その3:未知の音楽に出会えること
これは現在、SoundCloudを始め多くの音楽サービスが価値を提供してきている。
僕たちはテレビ、ラジオ、雑誌などに頼ることなく、ごく自然に様々な音楽に触れることができるようになった。

Apple Musicは、それを更に高めることが価値になる。
アーティストとアーティストの繋がり、視聴履歴からレコメンド、Beat1のクオリティ。
個人的には、iPhoneだけでなく、iPad、Macそれぞれでサービスを最適化してくれたのが嬉しい。

その4:家族全員による共通の音楽体験
上述したことと重複するかもしれないが、これが充実していくと本当に面白いサービスになると思う。
音楽とは、個々が楽しむものである一方、気軽に共有できる側面がある。

「お茶の間」という言葉は死語になってしまったけれど、かつての「お茶の間」にはテレビがあって、テレビ番組や音楽が流れていた。
その中で家族がみなで楽しめる音楽というのは共通言語として価値が生まれたし、それが家族を超えて派生していくとミリオンヒットになる。
1990年代のミリオンヒットナンバーを誰もが口ずさめるのは、家族単位で共有したことが記憶として残っているということもあるだろう。

Apple Musicが、より家族を巻き込んで音楽体験を共有できると素敵になる。
反抗期の中学生にはうっとうしいかもしれないが、お父さんの渋い選曲や、お母さんの80年代のポップ・ソングは思春期にとって少ならからぬ刺激になるはずだ。

一人一台のインターネット・マシンが、Apple Musicをきっかけに開かれた存在になるかもしれない。もともとiPhone、iPad、Macはクリエイティヴな作業が可能な機器であり、それがApple Musicがきっかけとなったとしても何の不思議もないと思うのだ。

***

このように、Appleは音楽のあるべき姿を明確に定義できている。
「ユーザのPVが上がった」というように、ユーザ動線を意識したサービス作りを、彼らはたぶんしていない。

もっと使いやすくなれば良いのに…と思うものの、これは全く新しい音楽体験として機能していくに違いない。

ようやく、大学生のときに夢見た、音楽体験の入り口に立つことができた。

積ん読リスト(2015年1月)

http://d.hatena.ne.jp/ryozo18/20150115/1421297491

前のブログで似たようなことをやっていましたが、生きる上でのインプットは大切にしなければならないと。

◆『イノベーションのジレンマ〜技術革新が巨大企業を滅ぼすとき〜』クレイトン・クリステンセン
昔からの名著ですね。こんな記事もあるわけですが、どうなのでしょう。ビジネスに携わる身として、一般教養レベルでこの本は読まねばならないでしょう。

◆『ランチェスター思考〜競争戦略の基礎〜』福田秀人
戦略って、ついつい市場と自社のことを考えがちですが、競合が何を考えているか/競合に対してどんな策を講じるのかも並行して考える必要があります。ランチェスター戦略について学ぶことで、対競合の視点から、様々な示唆を与えてくれると期待しています。

◆『ビジネスモデル全史』三谷宏治
周りで「分かりやすい!」「役に立った!」と2014年に評判となった本でございます。図表も多く、インプットには最適な書物だと直感しています。

◆『ジョナサン・アイブ』リーアンダー・ケイニー
先週買ったばかりですが、並行して読んでいた『翔ぶが如く』に引き込まれ、このままでは「積ん読」モードになりそう。生い立ちパートが少し長いのですが、大事なのは本質を捉えることです。

◆『ジェフ・ベゾス 果てなき野望』ブラッド・ストーン
ジェフ・ベゾスは最も成功した経営者の一人ですが、ECという枠に捉われないAmazonという企業の存在には大変興味がありました。本書で何が得られるか分かりませんが、その親玉の思想が垣間見えることを期待しています。

◆『ネットワークはなぜつながるのか』戸根勤
起業しようと思っていた時期に、システム系の知識を得たいと買った本です。そこそこ高め(2400円)の本だったこともあり、読了しなければ勿体無いなと。

◆『里山資本主義』藻谷浩介
長野でプロジェクトを行なっている先輩が、以前飲んだときにお薦めしてくれた本です。年末に買ったのですが、つい「積ん読」モードになってしまいました。

◆『すべて真夜中の恋人たち』川上未映子
川上未映子は『乳と卵』『ヘヴン』の2作を読んでいて、常に「引っ掛かり」を僕の胸に残してきました。ざわざわとした刺激を、今回も受けられるのか楽しみです。

◆『勝海舟 私に帰せず(上)(下)』津本陽
30代は「過去」を紐解く旅になると思っています。僕は幕末が好きで、幕末に関する本を書いてみたいとすら不肖ながら思っております。これもAmazonで買って暫く経つわけですが、司馬遼太郎だけでない歴史小説も読んでみようと思う次第です。

◆『天璋院篤姫(上)(下)』宮尾登美子
風邪を引いているときに、Huluで一気見してしまいました(今のところ43話まで)。原作の宮尾登美子さんの作品は一度も読んだことがありませんでした。これを機に。これは図書館で借りたものなので、あと1週間で読み切らねば笑

1つもファイナンス(会計/財務)に関する「積ん読」リストが無いなと。当然、現在進行形のものも。

大学生になります!

あながち嘘ではなくて。

MOOCs(Massive Open Online Course)、すなわち大規模公開オンライン講座が世界的に流行している。
東京大学京都大学も、MOOCsに関するリリースを出しているし、日本でもgaccoという日本版MOOCsが立ち上がった。

脳科学者・茂木さんの講座もあるみたい。

脳科学者・茂木さんの講座もあるみたい。

場所を選ばず、無料で(一部有料の講座もあり)、しっかりとした講師陣による授業。収容が限られている講義とは違い、オンラインで受講生を募ることができる仕組み。受講生同士で活発な議論も生まれるし、オンライン・オフライン問わずネットワークを作れる可能性がある。

学校の宣伝にもなるわけだから、もっと多くの大学が参入すべきだと思うのですが。おそらく時間の問題でしょう。
「大学を卒業したが、もっと勉強したい」「大学の専攻とは別のことを学びたい」「仕事で活用できる知識を身につけたい」などのニーズは多いから。

まだまだ講座の数は多くないけれど、この仕組みがメジャーになってくると、より深く体系的に学べるようになるんだろうな。別に大学生や社会人に限らない、関心があれば高校生でも中学生でも、小学生でも受講可能だ。

僕は「カタチで意味を伝える ピクトグラム」と「インタラクティブ・ティーチング」の2つの講座を受講する予定です。

前者の講座は、武蔵野美術大学の講師が担当。あの武蔵美ですよ、武蔵美。

また受講した後で、レビューしてみたいと思います。

10月5日

ちょうど1年前の今日、僕は初めての小説『星とビール』をiTunes Storeにて電子出版しました。予想を遥かに超えて、2,000を超えるダウンロード、多くの人に読まれました。

そして「10月5日」というのは、とある方々にとっては特別な日でしょう。
Apple創業者のスティーヴ・ジョブズの命日です。僕はAppleの作品に魅了されただけでなく、クリエイティヴということに対する考え方がガラリと変わった人間です。多分僕は、どちらかと言うと左脳で物事を論理的に考えようとする人間です。ビジネスでいう、「マーケティング」などのフォーマットに、悪い意味で囚われてしまうことが多い。それだけではない、むしろそれ以上にクリエイティヴには、人の生き方を変える大きな力がある。

前述の『星とビール』でも書いたけれど、

小説や詩を書くことばかりがクリエイティヴではない。歩くこと、町を眺めること、呼吸すること。実にあらゆるクリエイティヴな作業がある。クリエイティヴな行動がある。クリエイティヴな仕事がある。

自分で言うのも何だけど、本当にその通りだと思う。
そのときは何となく書いたような気がするけど、何か考え方1つで、「あ、これってクリエイティヴな作業だよな」と思うことが多くなってきた。

それにつけても、最近、色々自分で「作る」という作業をすることが多い。
僕は「作る」ことが苦手だと思っていた。

「書く」ことは得意だったし、好きだった。科目でいう国語。
「描く」ことは全く得意じゃなかった。科目でいう図工や美術。

今でも覚えてるんだけど、「足」「足の指」をどんな風に描けば良いか分からなかった。
たまたまマグレで描けたことはあったけれど、それを再現することがどうしても出来なかった。
単純に模写すれば良かったと今は思うけれど、文章に比べると複写が難しくて、やがて食わず嫌いになってしまった。

僕は「話す」ことも得意じゃない。
考えていることの1%も伝えられなかった後、トイレで「ああ、あんな風に話題を展開すれば良かったのに」と思うこともしばしば。「話す」ことが得意な人が羨ましいと思うし、どこか妬ましいと思う気持ちさえあった。「話す」ことなど簡単だと思っていたのに、ビジネスシーンで「伝える」ことの難しさを痛感している。社会人8年目の今でも、今だからこそ難しさに恐ろしさすら覚える。

人には得意分野がある。人には苦手分野もある。
思い込みが多分にある。僕にとって、クリエイティヴな分野が、そうだ。

表現を容易にするツールやテクノロジー、テンプレートがめちゃくちゃ豊富になっている。
絵を描いたり、メロディを作ったり、動画を編集したり、小道具を作ってみたり、プログラミングをしたり。

手を動かして、形になるのが好きだ。
その過程が視えるのも楽しい。

僕にとって、10月5日は、クリエイティヴの大切さを再確認できる1日だ。
なかなかガッツリ、クリエイティヴに軸足を移す(置く)ことは出来ないけれど、俺は「作る」ことの大切さを噛み締めて生きていきたい。同じように、クリエイティヴな分野で頑張っている人を尊敬できるようになりたいとも思っている。