第31回サロマ湖100kmウルトラマラソン雑記(2016年6月27日)

昨年のエントリはこちら

年に1度、Crazyな挑戦を翌日に控えていた中で、ふと目に入った友人のInstagram。
僕は面識が無いのだが、(おそらく)同世代の女性が病気で亡くなったという報。詳細は判らない。僕も何処かですれ違ったことがあるかもしれない。
僕もここ2年、祖父を続けて亡くしている。それはそれで悲しいことだけれど、同世代の女性が亡くなるという報には、悲しみを超えた虚無、何も考えられなくなるような想いが去来する。

去来。
行ったり、来たり。

高揚していた感情と混ぜになり、なかなか寝付くことができなかった。

それでも昨年よりはマシで、2時間半くらいは断続的に眠れた気がする。
2時間半前に胸をよぎった想いは、完全には消えない。一緒に走る友人に、そのことを話すわけにはいかない。テンションは、走ることに集中させる時間である。僕の、僕だけの事情として、この場はやり過ごすことにした。

幸い「眠いなあ」という気分は無い。前日にゼッケン貼り付けや荷物仕分けもしていた(昨年はそれを朝起きてから行なったので非常に慌ただしくスタート直前を過ごしてしまった)。予定通りの時間にホテルを出発し、スタートの45分前には現地に到着した。緯度が高いせいか午前4時の空は明るく、朝焼けの海が眼前に広がっていた。

本日の天気予報は、雨。
雨量は少ない様子だが、1時間ごとの予報には全部傘マークが並んでいる。
東京にいた時点で予想していたことなので、防寒・防雨の想定および対策はしている。一緒に走る友人は半袖短パンだけれど、僕自身は「やることはやった。走るしかないな」と悟るような想いだった。

荷物を預けて、スタート地点に到着する。まだ3分ほど余裕がある。雨は降っていない。
ストレッチを念入りに行なう。またこの場所に戻ってきた。懐かしい感情に浸るも、昨年に苦労した(心が折れた)ポイントを再確認するのは忘れない。
レストステーション(54.5キロ地点)を超えた後半戦、何度心が折れそうになったか判らない。途中でリタイアした友人の分まで走ろう、何より北海道の端っこまで来てリタイアしたくないという「想い」だけで完走できたに違いない。過酷な13時間をリマインドすると、否応無く気持ちが引き締まる。

ランナーたちは雨に備え、やや厚手の格好に身を包んでいた。レインコートを纏うランナーも少なくない。
昨年と同様、覗かせる肌身は筋肉が隆々としていて、血の滲むトレーニングを積んできたことを想起させる。凄いなあ。俺はせいぜい、5月に60キロ走と50キロ走をやったに過ぎない。走り込みの量で比較すると、友人の1/3程度になってしまっているだろう。こんなタフなレースで、僕は13時間後に完走の喜びを味わえるだろうか。

スタートの号砲が鳴る。
スタートラインを突破するまで、今年は55秒だった。前回よりも3分ほど早くスタートラインを超えた。
そのせいか、周りのランナーのペースは速い。スロースタートを決め込む僕は、ひたすら抜かされていく。
友人は触発されるように、ゆるりとギアを上げている感覚があった。昨年リタイアしているだけあって、彼には満を持してのレースになる。力みは無いけれど、彼のペースには鍛えてきたプロセスに裏付けされた説得力がある。それを阻害してはいけない。彼に「先に行く」よう目線を送る。

僕らはレース序盤から、お互いがお互いのペースを尊重するという選択をすることになった。
併せて僕は思う。そもそもマラソンとは個のスポーツだ。何をするにも、ランナーの自由が何より尊重されて然るべきだし、とりわけ雨が降るであろう特異なレースにおいて、「正しい」選択が何か確証を持てるわけが無い。
スロースタートの僕がギアを上げ切らず体温を奪われて早期リタイアするかもしれないし、ペースを上げた友人が後半に地獄を見るかもしれない。それでも、それが本人の選択ならば後悔は無いだろう。

こんな風に、僕らは爽やかに決別した。

走り出しは曇り空だったが、4キロほどを通過した時点で、粒としての雨が落ちてくる。案の定だ。一時的とは思えない、存在感のある雨。改めて、参加者はタフなレースを覚悟し直したことだろう。

5キロを過ぎると、サロマ湖100キロウルトラマラソンらしい、長い直線が控えている。一本道で言うとここから約15キロだ。風景は多少変わるけれど、2時間弱を黙々と走る他無くなる。
ある意味、参加者はここでペースを作る。速過ぎだと思えばペースを落とすし、遅いかな?と思ったらペースを上げる。序盤だから、力の出し入れは比較的容易だ。

考えてみれば、僕は5年前に雨のレースは経験したことがある。
その年は2011年で、東日本大震災を経て間も無くの時期だった。埼玉県で開催されたフルマラソンだった。東北を支援したい気持ちのランナーも多かったのでは無いだろうか。今は熊本の地震が明けて間も無い時期である。無理矢理当時の心境を重ねる必要は無いのだが、走りながら、ぼんやりと当時を思い出したりしていた。単純に暇だっただけかもしれない。

それでも時間の経過と共に、精神や身体は何かしら気になることも出てくる。

今回は最初の折り返しを経て、20キロ地点を通過する直前だった。
冷たい飲み物のせいか腹に不安がよぎり、5分ほどトイレ休憩に立ち寄ることにした。
20キロを超えても、なお、トイレに行った方が良いかな?と自問する時間が続いた。だいたいこの時間帯になると、同じペースを保つランナーが前後に存在するようになる。彼らのペースに合わせることで、エネルギーは省力化される。なるべくならば離脱したく無い。トイレから復帰した後に、ペースの緩いランナーと一緒になることで、無駄なペース・アップを招きかねない。

何事かをぼんやり考えるのはマラソンの常だけど、不安はイコール邪念である。邪念は身体を不必要に揺さぶり、ペース維持に微妙な狂いを生じさせる。

30キロ手前で、「こんなに疲弊して大丈夫かな?」と思う。
睡魔にも襲われる。寝不足かもしれないし、森沿いの独特な空気感のせいかもしれない。2キロくらいは眠気でフラフラになり、これからを絶望してしまった。
ランナーにとっての眠気は要注意だ。体温の低下も影響しており、悪化すると低体温症に陥ることもあるからだ。

意識をクリアにしなければならない。
ちょっとテンションを変えようと、エイドの水を首筋にかける。やや冷た過ぎる。
身体が余計に冷えてしまったと思うが、結果的に良かったのかもしれない。少し経つと眠気が収まり、ペースが戻ってくる。自分の意思で地面を蹴っているという感覚がある。更にペースアップするよう、心の内がざわめき始める。「ちょっと待て、まだ早いよ」と頭が言いなだめても、僕の身体は前に行きたがる。頭よりも、結局のところ身体が先に反応してしまったのだから手がつけられない。もっともペースアップは悪い選択では無かった。序盤に抜かれた何十人ものランナーがスピードを一律落とす中で(35キロ過ぎからアップダウンがあるため、殆どのランナーがペースダウンしていた)、僕は国道沿いを軽快に駆け抜けて行く。

スタートから4時間40分。42.195キロ地点に到達する。昨年よりも20分早い。フルマラソンのペースを多少上回るくらいのスピードだ。
そして間も無く、前方に友人の姿を捉える。
奇しくも昨年、彼が離脱したポイントである。時を置かず彼に並び、「追いついた」と言う。彼は寒そうに見えたが、疲れているわけでは無さそうで声に余裕があった。このままお互いがペースを作り合いながら走れば、54.5キロ地点のレストステーションまでは1時間ちょっとで到達するはず。心強いパートナーだ。

それでも、僕らは自分たちのペースを楽しむ(優先する)ことにした。
並走することもあれば、僕が前に出て距離を空けることもある。僕が休憩すれば彼は待たずに先を行く。雨は時々止むが、寒さを和らげるほどの猶予は与えない。ウェアも少し水分を含むようになり、脱ぎたいなと思うまでになった。相変わらず僕は登り坂もペースを落とさずに進むことができた。けれど来るべき後半に向けて、ペース維持の調整を、何処かで入れるべきだとも感じるようになる。

6時間ちょっとでレストステーションに到着する。栄養補給だけでなく、昨年と同様、ウェアを全て取り替える。着替えスペースでは運良く椅子に座ることができた。他のランナーには悪いが、身体のために最大限活用させていただくことにする。
休憩時間は20分。着替えの他に、補給食を摂取する。ゼリー飲料1種、アミノバイタル半分、レッドブル1本。ちょっと長く留まり過ぎたかもしれない。ただ僕の与り知らぬところで身体は休まったかもしれない。

冬用のコンプレッションウェアを上下に纏い、その上から半袖Tシャツを被る。
防寒万全とまでは行かなかった。走り出すとひんやりとした風が身体に刺さる。決して強い風では無い。雨が降っていなければ、身体を良い具合にクールダウンしてくれただろう。それでも、前半に身体が冷えた恐怖があったので、多少慎重に歩を進めなければと懸念することにした。

ただ十分に休憩を取ったので、60キロまではこれまでのペースが落ちることは無かった。
さて、難関となる60〜70キロ。
昨年は「残り40キロもあるのか」という想いが頭を過ぎり、苦しいランになってしまった。
今年もここがターニングポイントに成るだろう。60〜70、70〜80の10キロ×2を我慢して走り、ワッカ原生花園にそこそこのタイムで入れれば完走が見えてくる。60キロを過ぎてストレッチをする。その後、素知らぬ顔で距離を縮めたいと思っていた。

一方で、少し前から感じていた違和感があった。胃に何かが溜まっている。何度か厳かに放屁してみるが、焼け石に水のような感じで、徐々に身体に重みが出てしまう。
66キロ過ぎに「魔女の森」というエリアに差し掛かった。森の中を走るコースで、空気が一段とひんやりとする。視界が澄み、必要以上に眩しさを感じる。頭がクラクラとする。温かみが欲しいのに。
吐ければ楽になる。そんなことを思い、試みるも上手くいかなかった。タイミング良く、吐くことはなかなかできない。一度だけ、胃液が喉元近くまで押し寄せてきた。胸が詰まり「今だ」と思い停止するが、結局は吐けなかった。ランナーたちは無情にも僕を追い抜いていく。燃料は切れ、ガソリンタンクが空っぽになっているような状態に陥っていた。スポーツ飲料などを口に含んで誤魔化すも、一番苦しいポイントはしばらく僕の周りに影を落としていた。

70キロ手前で、私設エイドとして有名な斉藤商店さんに立ち寄る。冷たいおしぼりに加え、お茶、トマト、キウリ、凍らせたブルーベリーなど、「ここにしか無い」サービスが特徴だ。後半戦に臨むランナー(もちろん僕も含む)にとって、希望の拠点なのだ。
フラフラになりながら立ち寄る。オーナーの斉藤登久代さんがそんな僕に駆け寄っておしぼりを渡してくれる。
「死にそうな顔で走ってるんじゃない!」と激励される。笑って頷くと、それで良いという風に微笑みを返してくれた。登久代さんのことはテレビで知ったに過ぎないのだけど、ちゃんと元気を貰えるから有難い。優しさだけでは、こんなボロボロな状態で残り30キロを走り切ることなど不可能なのだ。

とは言うものの、タイムは悪いわけでは無い。
昨年よりも20分上回るペースは継続されているし、10キロごとのラップも1時間10分台でまとめている。苦しみは先ほどがピークだったようで、だんだん波が戻るように身体は平静を取り戻すことができた。
ワッカ原生花園までの10キロは殆ど時計を見ず、ただ「1キロずつ進もう」と考えるだけだった。コースは道路沿いで何の変哲も無い。じわじわと1キロ間隔で刻むことは憂鬱を招きがちだけど、このときの僕は「あの看板まで走ろう」「あのカーブを曲がれば距離表示の看板が現れるはずだ」「給水まで500メートルなら、そこまでは歩かずに進もうか」と、かなり前向きなマインドを取り戻していた。

登久代さんの激励と、ブルーベリーのビタミン。
それぞれ僕のメンタルと身体を補正してくれたのかもしれない。

そんなこんな、今年も無事にワッカ原生花園に戻ってきた。「戻ってきた」という感覚だ。実際に声にも出してみる。「戻ってきた」と。スタートから9時間37分(80キロ地点)、長い長い旅も終盤と呼んでも良い状況だ。
ざっくりと試算する。残り20キロを3時間23分で走れば良い。さすがに2時間23分(10キロを1時間10分、一番速い頃のペース)で走りサブ12を達成するのは困難だけれど、もしかしたら12時間10分台で帰ることはできるかもしれない。

達成したい具体的な目標、
それに伴う絶対的な意思、

その2つが揃えば、人間はそれに向けて能力をフル稼働するものらしい。このレースを通じて学んだことだ。

昨年はコースを蛇行しながら、何とか完走に向けて気力を振り絞る苦しいレースだった。今年も約10時間走ってきて、身体の節々は痛むし、降りしきる雨にうんざりもしているが、「まずは最後の関門まで。ペースを乱さずに走ろう」と極めて冷静に自分をコントロールすることができていたと思う。ワッカ原生花園に咲くオレンジ色の花々を観るほどに、昨年とは違う余裕が自分にはある。早ければ2時間、遅くとも3時間で、このCrazyなチャレンジは終わる。せっかくならば悔いの残らぬようベストを尽くしたい。そういう想いで、まずは往きの9キロを走り切る。今年から、折り返し前に長く急角度の坂を登らなくてはいけない。多くのランナーが余力を残すべく歩いていたけれど、僕はのろのろと確実に走ることができた。

12時間10分台でなく、
12時間0分台でのFINISHが見えてきた。

全力で復路も走ろう。
意欲が、再び沸き上がる。

そう決めてから、何人抜いたか判らない。抜かれたのは1人だけだった。
この時間帯のランナーとしては元気な方だと自負して良いだろう。緩やかなアップダウンがあるワッカ原生花園のコースの中で、復路は比較的走りやすい。関門を終え、後続のランナーとすれ違うことも無いのでコースが広々としている。往路を走ったことでコースマップも頭に入ることも、そう感じる要因だろう。

そんな風にして、1キロ7分前後のペースで、1キロずつを詰めることができた。
残り3キロの表示、改めて時計を見ると、目論んでいた記録の達成は確実なものとなる。だからと言って、力を緩めるのは性に合わない。というよりも、もうスピードを落とすことを身体が良しとしていない。早く、ゴールの瞬間を味わいたいと思っている。
フルマラソンでも、最後の3キロは長く感じるものだ。毎度「何故フルマラソンは40キロでは無いんだろう」と先人を恨んでいる。だけど、3/100という数直線における範囲はあまりに小さく感じるし、それを苦しみ深いものにトランスフォームするのはありえないとすら感じていた。

そんな風に距離は、残り2キロとなり、残り1キロとなる。
レース最後に祝福されるビクトリーロードは、ラスト300メートルにわたり続く道だ。沿道からたくさんの声援をいただける嬉しい場所。

僕はそこから更にギアを上げて、10人くらいを一気に抜いた。
あくまで他人を追い越すというのではなく、自分に発破を掛ける最後のダッシュだ。
僕以外の時間が静止してしまったかのように、とても静謐な時間だった。

走れるものだ。改めて思う。
終盤はずっと集中を保てていた。最後まで、感情が正負いずれにも振られ過ぎるということが無かった。
僕の力を超えたものだと、確信を持って言える。

それでも、ゴールラインを超えたときは涙が出るほど嬉しかった。
実際に涙も出た。12時間2分47秒。このタフな1日を完走することが1番の目標として設定していた僕にとって、望外の喜びである。

去来する様々な思いを少しだけ宥め、記念撮影をする。
僕自身はフィジカルには強みは無いけれど、少なくともメンタルにおいて「自分に負けたくない」と思う力はかなり強いことが判った。こうと決めたら前だけを向いて、力を尽くすことができる。自分にとって新たな発見だ。

別々のランだったけれど、一緒に走った友人も30分ほど遅れてゴールする。
途中何度も一緒になり、抜きつ抜かれつしながらレースを共にした。感覚的には、レース全てで同一の記憶を有したように思う。
来年のことは判らないけれど、またサロマ湖を走れたら素晴らしいことだと思う。もちろん、それは本人がどんなチャレンジを選択するか次第。僕だって来年は別のチャレンジをしているかもしれないわけだし。いや、サロマ湖に帰ってくるだろう。きっと。

***

最後に。
サロマ湖100キロウルトラマラソンにおける若きレジェンド鈴木健司さんが、本レースで20回目の完走を果たした。いわゆる10回完走者に贈られるサロマンブルーから、グランドブルーという新たな称号を獲得されることとなった。心より祝福の気持ちでいっぱいだ。

直接の面識は無いけれど、通り掛かるたびにお声掛けさせてもらった(今年は計3回ほど)。
ただ走るだけでも大変だろうに、声を掛けると鈴木さんは顔をくしゃっとして応じてくれる。僕自身が、逆に励まされていた。

20回もサロマ湖を走る。
僕には想像もつかない世界だ。僕も走り続ける中で、鈴木さんの境地に達することがあるかもしれない。それまでは粛々とトレーニングを積み、鈴木さんの背中を見ながらサロマに臨んでいきたいと思う次第だ。IMG_7844

IMG_7845

6月の雨

休日出勤で、しかも大阪出張。
おまけに体調がよろしくないと言う状態だったんだけど、僕は走ることに決めた。
僕にとって走ることは、日々のリズムを作ることと同じだ。特に夏場は水分を多く取るので、新陳代謝を促すためにも、しっかりと汗をかかなくてはいけないと思っている。それが疎かになると姿勢も悪くなるし、食欲も減退する。「ビールで乾杯!」も素敵だけれど、地道に走っておくことも悪くない。

別に格好つけるわけじゃない。
聖人君子よろしく、「さあ、みんな走ろうじゃないか」と宣誓したいわけでもない。
僕にとっての事実を、なるべく歪曲しないよう努めて語るとすれば、こういうことが言いたいんじゃないかとキーボードを打ちながら感じる次第だ。

走る上で絶好な環境と、そうでない環境があるとしたら、今宵は残念ながら後者だったと思う。
走り始めて200メートルも経たないうちに、弱い雨が降り始めたのだ。今日は半袖Tシャツに短パン、防寒防雨とは言い難い格好である。

どうしたものか、引き返そうか。
こんな場合、たいてい「ちょっとだけ粘ろう」と思い、実際に走り続けるのが常だ。
理由は単純で「もう走り出したのだから」というもの。ランナーとは面倒くさがり屋が多いと勝手に思っているんだけど、せっかくランニングウェアに身を包み、シューズの紐をキツく結んだとしたら、それはもう立派な達成であり、達成したからにはそれなりの余韻のままにゴールしたいと思うものでは無いだろうか。傘をさすほどでもないくらいの、弱い雨じゃないか。

ということで、この日も例に漏れず、走るのを止めなかった。
悪いことに、雨の量はどんどん増していった。たかだか40分ほどのランの予定だったのに、後半になるとウェアに水が染み込むようになってしまっている。記録用に短パンに忍ばせたiPodが心配になる。水没しないだろうか。

有難いことに、この日の僕は、尻上がりに走るのが楽しくなっていった。
最初の2キロくらいは膝に違和感があるだ、背中が張っているだ身体の故障を嘆いたものだが、それらのダルさは早々に出払われてしまって、雨を浴びることが快感になっていったのだ。

6月の雨は、打たれても痛くなかった。
汗と雨が混ざり、僕の身体を心地良く撫でていく。
腕で額の汗を拭うと、冷たいタオルで触られるような快感があった。
最後の1キロは、もう普通に雨だった。傘を持っていなかったとしたら、コンビニで買わなくちゃいけないくらいの雨だ。
それでも僕は、もちろんコンビニには寄らず、歩道をただ闊走する楽しさに酔いしれていた(シラフである)。

両腕を天に向けて、まるで全世界を支配したかのような気分で、僕は6月の雨に打たれた。
誰に示すわけでもなく、僕はただ、単純に雨に打たれて気持ち良くて、時が許せばこのままずっと走っていたい気持ちになった。

明日から、また新しい1週間が始まる。
時々、仕事をしていても、まるで苦しくなく時をやり過ごせるときが来る。
そこまでは求めない。ただ健やかに、全身にできてしまった湿疹が早く治れば良いなと願うだけです。

第42回市原高滝湖マラソン雑記(2016年1月9日)

2016年最初のレースは第42回市原高滝湖マラソン。
1年ぶりのハーフマラソン。千葉県の房総エリアでは、昨年末の〜coast to coast〜 房総半島横断60kに続いてのレースとなる。

「フルマラソンをそれだけ(14回)走っているなら、ハーフマラソンなんて楽でしょ?」
時々走らない人から言われるんだけれど、もちろんそんなことは無い。「もちろん」という副詞を付けてしまったけれど、全てのランナーの皆さまなら共感してくれるのではないだろうか。例え5キロであっても、自分がベストを尽くそうと思うのであれば身体から全エネルギーを放出すべくハッスルしなければならない。仕事において、どんなルーティンにおいても、最善を尽くそうと思えばそれなりに疲労が生まれるのと同じことだ。

さて、今回走った市原高滝湖マラソンだが、市原市で「42回」続く伝統ある大会である。
「元旦マラソン大会」「新春マラソン大会」という過去の名称を引き継ぎながら、地元の市原市民に愛されて開催されている。参加者数も2,059人となかなかの数だ。しかもそのうち、市原市民は1,066人と5割を超えている。市原市の人口は約28万人、0.5%が参加している計算になる。数にすると、少なく感じられるかもしれない。

だけど、実際に参加して実感したのだが、この大会は多くの市原市民に愛されている。
車でなければ、開催地である市原高滝湖には小湊鐵道という地元のローカル線(同じ市原市なのに、JR五井駅から40分以上かかる)を使わなければならない。アクセスがお世辞にも良いと言えない場所に、こうして多くの市原市民を集めるというのは、なかなか困難なはずだ。
大会は、2.5km小学生女子の部から、5km、10km、ハーフマラソンと、実に細かい区分けがなされていた。大会パンフレットによると、小学生なんて男女を合わせても参加者数は100人ほど。だけどそこを「きちんと」拾っていく。運営面・収益性を鑑みると正直煩雑なことだろう。だけど、そんなことちっとも問題ではない。幅広い年齢層の市原市民が、元気であり続けて欲しいということなのだ。その辺は、東京マラソンや湘南国際マラソンといったメガ・レースと一線を画している。レース後に立ち寄った黒湯の温泉旅館で市原市のカレンダーが掲示されていたけれど、ちゃんと【1月9日】には市原高滝湖マラソンが実施される旨が記載されていた。さすがである。

***

なお、この大会は妻と走りました。
もともと妻はランナーでは無いのだが、1年に1回くらいは走ろうと決め(僕が決めました)、昨年に引き続いて2回目のハーフマラソン参加である。僕が僭越ながらガイド役を務め、制限時間内で完走するのがミッション。昨年は初回ということもあり何度か二人で練習をしたが、今年は何やかや予定が立て込み、妻は一切練習できなかったのが不安要素。いくら身体が丈夫な妻とは言え、そんなにマラソンは甘くない。
加えて、僕が腕時計を忘れるという失態を犯す。自宅の出発が遅れ、レースに遅刻気味で焦ってしまったのだ。ガイド役失格である。おかげで携帯電話(しかもガラケー)をいちいち取り出しながら、時間確認せざるをえなくなってしまった。ストップウォッチ機能がないために、分単位でしか状況確認できないのも痛い。

市原高滝湖マラソンは、一応関門および制限時間が設定されています。
14キロ地点で1時間40分、ゴール時点で2時間半。つまり、1キロ7分ペースをきっかり守っていかねばならない。標準といえば標準である。ちなみに我々の昨年のゴールタイムは2時間26、27分くらい。コースは基本的にフラットだが、向かい風が発生するなどレース・コンディション次第でタイムに影響が出てしまう。

だいたいにおいて、僕は楽観的な性格だと自覚している。
しかしマラソンを走ることに関しては、楽観的な性格とは言えないように思う。
幾つかの致命的なリスクを想定し、可能であれば予め潰しておく。対策を練った分だけレースの成否可能性が劇的に高まるわけでは無いのだが、事前準備の有効性は実感している(何度もレースで痛い目に遭って来たので)。せっかくレンタカーまで借りて千葉にやって来たのに、ゴールできないなんて絶対嫌だ。

***

レースは高滝湖を3周する。
1周あたり7キロなので、1キロあたり6分30秒〜6分45秒くらいで走れれば、2周を終えて余力が無くなったとしてもゴールできるはず。そんな見立てで走ることにした。妻とゆっくりとした速度で走るため、寒さ対策のため普段よりTシャツを1枚多く着込んで走ったが、日なたでは「暑い」と感じるほどの陽気だった。通常ならば2月上旬から咲き始める菜の花も沿道で姿を見せているほど。喉が渇く→給水ポイントで水を飲み過ぎるという懸念があったので、手持ちのポカリスエットで小まめに水分を補給した。無風に近い状態で、実に気持ち良く走ることができるのが本当に有難い。
1周目はどんなコースだろうと思っていたが、初心者ランナーには若干しんどいアップダウンがわりとあるなという印象を受けた。特に2〜3キロの上り、4〜6キロのアップダウンは周回を重ねるほどに脚にダメージを与えるだろうと感じた。

それでも、妻の顔を見ると余裕さえ感じられたし、知り合いの市原市の方にお会いして記念撮影できるくらい和気藹々と2周(14キロ)を過ぎることができた。関門の制限時間を5分ほど上回るペース。だけど後々振り返ると、2周目のペースは若干上がり過ぎていたかもしれない。近くで走っていた4人組のランナーたちの後を走っていたけれど、彼らのペースが想定よりも上がっていたので、僕としては少し自制してみるべきだった(妻は何度も「ペース上がってない?」と心配してたが、僕は「想定内のこと」として処理してしまったのだ)。

案の定、3周目に入ると我々のペースがグッと落ちた。
4人組のランナーたちとも少しずつ距離を空けられていった。妻の表情に変化は無かったし「昨年よりも全然疲れていない」と話しているほどに、疲労が溜まっているわけではなかった。要するに妻の言葉は間違っていなかったのだけど、その一方で昨年に比べ、ゴールに向かう馬力のようなものが、なかなか湧き上がって来なかったのだ。

疲れない。
その一方で、ペースはしっかり落ちていく。

数値化すると、その落差はしっかりと表れている。

残り7.1キロの時点で、制限時間まで55分(1キロあたり7.74分ペース)。
残り3.1キロの時点で、制限時間まで22分(1キロあたり7.09分ペース)。

幸いだったのは、残り3.1キロからは殆どフラットなコースが続いたこと、最後まで無風だったこと、そして終盤まで妻が余力を振り絞れるほどにモチベーションを保てていたことだ。残り1.1キロの地点(制限時間まで7〜8分)で沿道の方々が「制限時間ギリギリだよ」と発破をかけてくれたことにも助けられた。我々を更にギアチェンジさせてくれて、残り300メートルは中距離走のごとく駆けることができた。

結果は、制限時間の6秒前にゴール(2時間29分54秒)。
本当にギリギリだった。
かつて、これほどまでに制限時間に近接したことは無かった。

あまりにエネルギーを使い過ぎて、妻と抱き合って喜ぶことは無かったけれど(単なるモラルの問題でもあるが)、ゴールできたことの感慨深さは昨年の比では無い。ちなみに記録が残ったランナーとしては、我々が最後。つまり「ビリッケツ」である。だけど、実に誇らしい「ビリッケツ」だった。

走っているときは、景色を見る余裕なんて無いものだけど、写真を整理したり記憶の糸を辿っていったりすると、僕がこれまで参加した中でも3本の指に入るくらいの良い環境下でのレースだったと思う(1位はぶっちぎりで南伊豆町みちくさウルトラマラソン)。
そんなレースを妻と無事に完走できたことを喜びたいと思うし、これからも機会を得て走っていきたい。翌日・翌々日と妻は筋肉痛に苦しんでいたけれど、フィジカルに思い出を作るっていうのも良いものだと僕は思います。

高滝小学校に集まる老若男女のランナーたち。

高滝小学校に集まる老若男女のランナーたち。

ご覧の通り、快晴!

ご覧の通り、快晴!

太陽が眩しい。

太陽が眩しい。

高滝湖をぐるっと3周。

高滝湖をぐるっと3周。

適度なアップダウン、走りやすかった!

適度なアップダウン、走りやすかった!

実際のコースマップ、高滝湖を3周します。

実際のコースマップ、高滝湖を3周します。

〜coast to coast〜 房総半島横断60k雑記(2015年12月20日)

2015年最後のチャンレンジは、千葉県房総半島で行なわれた「〜coast to coast〜 房総半島横断60km」を選んだ。
以前から興味のあった、トレイルランニングへの初めての参戦だ。

文字通り、鴨川市、君津市、富津市、鋸南町という千葉県内の3市1町を横断するレースになる。
房総半島の安房小湊駅近くの内浦海水浴場を出発し、66キロを12時間で駆け抜け、浜金谷駅を目指す。外房線の安房小湊、内房線の浜金谷。電車移動だったとしても1時間半ほどを要する。

コース前半

コース前半

コース後半

コース後半

高低差

高低差

コースマップを見ると、見事に山の中という印象を持っていただけるだろう。
初めてのトレランで60キロ超。どれくらい困難なレースになるのか予想もつかなかった。

だが僕には、サロマ湖100kmウルトラマラソンを走り切った自負があった。
やれないことはない、そう直感した。

走る前、多くのランナーがどんな心情を抱いているのか知る由も無いけれど、こと自分に関しては「走りたくねえ」と思う。
フルマラソンなら4時間、ウルトラマラソンなら13時間、これだけ長い時間を真剣に走らなければならない。レース中に、必ず絶望感に襲われる瞬間がある。安穏無事にレースが終わることなんて絶対に無い。そのことを知ってしまっているから、実際に弱音が口をつく。レースに申し込むときは「やってやるぞ」と意気込むのだが、レース直前は見事にそんな思いが萎んでしまう。

考えてみれば。
その繰り返しで今までレースに臨んでいるみたいだ。
早々に頭をもたげてくる「走りたくねえ」気持ちを、まずは胸の奥に仕舞い込まねばならない。

早朝に始まるレースは、アラームが鳴る少し前に目が覚めるのが常だ。
睡眠時間が明らかに足りていないときでも、身体は来るべきレースのことをしっかり意識しているから、目が覚めてしまうのだろう。

この日は会場から徒歩15分内のところに宿をとったので、4:45起床(レースは6:00から)とした。
ホテルが用意してくれた朝食を急いでかき込み、アンダーアーマーのコンプレッションウェアに腕を通す。この辺りで、ようやくレースへの覚醒が始まっていく。

今回は初めてのトレイルランニングということで、事前にコースマップをもとにメモを準備していた。
エイドが約12.5キロ間隔であるため、

12.5キロ(第1エイド):2時間以内
25.0キロ(第2エイド):4時間以内
37.5キロ(第3エイド):6時間以内
50.0キロ(第4エイド):8時間以内
61.5キロ(第5エイド):10時間以内
66キロ(ゴール):11.5時間以内(走行禁止区間もあるため余裕を持たせた)

というペース配分にした。何度かシミュレーションしてみたけれど、至ってシンプルな形になった。
序盤に多少の余裕を持ちながら歩を進めていけば、後半のアップダウンも歩きを取り入れながら進んでいけるという寸法だ。
エイドでは、それほど充実した飲食を楽しめる訳ではなさそうだ。また山の中を走るためにコンビニなどに寄れる可能性も低いだろう。各エイドで食せるように、ゼリー飲料を6つほどリュックの中に忍ばせた。着替えも含めるとリュックが少々重くなってしまった。それでも、背に腹は変えられない。

***

スタート地点

スタート地点

スタート地点の朝日は仄暗い内浦海水浴場を厳かに照らしていた。

【朝日と共にスタートし、千葉県房総半島の変化に満ちた地形の中を海から海へ60kmに渡る旅をして、夕日と共にゴールする】というのがこの大会のキャッチフレーズだ。まさに1日を通じての「旅」だし、その工程は太陽と共に歩んでいくわけだ。

参加者約300人が、スタートの号砲と共に一斉にスタートする。
毎度のことながら、軽く身震いする。これほどの人たちが完走を目指して走るということ。クタクタによれた装備と鍛え上げられた両の脚。見れば日頃、いかに真剣にトレーニングに勤しんでいるのかがすぐ判る。

静かに、確実に気持ちが盛り上がっていく。

最後方に近い位置から、まずは歩くようなペースを保ちながら前進する。
思いの外、参加者の足取りは軽く、1キロ6分台くらいのペースで前進しているように感じる。前述したペースで行くのであれば、1キロ10分台でも構わないくらいなのに。
僕ら(友人の山ちゃんと参加)は意識的にスピードは抑えることにする。なるべく肉体が消耗しないように。前半戦を抑えすぎくらいのペースで走ることが望ましいだろう。

スタートから20分ほど。徐々に進路は緩やかな上り坂になっていった。県営のキャンプ場に至る道である。
「歩いても良いんじゃないか」友人と話すが、傾斜の角度によって歩く/走るを切り替えていくことで合意する。フルマラソンのベストタイムは僕の方が上だけれど、直近のレースやトレーニングは明らかに友人の方が充実している。脚力で劣る僕は、慎重に傾斜とタイムを見極めながらレースマネジメントに徹することにした。

電車で数時間揺られて本州の端っこまでやって来たのだ。
完走せずには帰れない。それは2人が共通で抱く思いだった。

6〜7時、7〜8時という時間帯の中で、確実に太陽は昇っていく。
朝の薄暗さは無い。海を朝日が染めている。その様子を山から見るのはなかなか壮観だった。
まだまだ元気な僕は、iPodを取り出して写真を撮りながら走った。

朝日が綺麗でした

朝日が綺麗でした

朝日とともに走る

朝日とともに走る

第1エイド(12.5キロ地点)を予定よりも早く通過すると、ロード、林道を経て山道に入った。
レース全体を通して林道の比率が高かったのだが、12.5〜25キロ内に限っては山道(いわゆるトレイル)を走ることのできるコース設計となっていた。トレラン用のシューズを用意した僕としては、山道をソールでしっかり掴むような感覚がたまらなく楽しくて、自然とスピードが上がってしまった。他のランナーが歩くような階段をピョンピョンと駆け上がってしまったが、さすがに脚力のある友人も閉口していた。確かにここで「はしゃいだ」ことが、以降のペース配分に影響をしてしまったかもしれない。

高低図を見る限り、第2エイドまでは下りが多いはずだったのだが、山道がメインだったせいか、4時間を若干上回るタイムでの第2エイド到着となった。到着直前で転倒するというハプニングも(しばらく左腕の痛みが引かなかった)。その辺に腰掛けると、脚に疲労が蓄積されているのが判る。
低体温症に襲われたのだろう、第2エイドでは頭まで毛布にくるまって暖を取っていたランナーがうずくまっていた。低体温症と脱水は、走っている中で突然訪れるもの。「大丈夫だろう」とタカをくくっていると痛い目にある。そのことは2014年1月の勝田マラソンで学んだことだ。水分とエネルギー補給だけはしっかり行なった。

第2エイドを出発すると、数キロはロード(アスファルト)を走ることになる。
硬い地面は、踏み込みの反発が想像以上に強い。友人についていくのでやっとという感じになってしまった。

友人から適宜休憩も提案されるが、コースマップによると傾斜の大きい上り坂がこの先に待ち受けている。
そこまでは多少の上り坂も我慢して走ろうと話し合った。こんな風に二人で走るというのはプラス面も大きい。
どちらかが体力消耗したときは、どちらかが前に出て走る。風除けとペース作りのためだ。別にお互いが提案したわけではないけれど、第2エイドを過ぎてからは、自然とそんな風にペースを作っていけたように思う。

第3エイドにはスタートから5時間55分ほどで到着。関門が7時間半だから、多少の余裕を持てていることになる。
第3エイドまでは上りが比較的多かったが、殆どが林道だったため走りやすく感じた。
新しいコンプレッションウェアに着替え、友人とコースを改めて確認する。第4エイドまでは下りが多い。山道が無ければ、8時間以内にて到着するだろう。

そのような見込みで出発したのだが、第4エイドまでの道のりが一番キツかったように思う。
走り出しの感触は悪くなかったが、既に両脚の踏ん張りが効かなくなってしまっていた。下りで速度をコントロールできなくなったのだ。惰性のまま、流れるようにスピードが上がってしまう。
スピードが上がることは悪くはないと思われるだろう。ただし速度をある程度抑制しないと、確実に脚のエネルギーが奪われ、疲労だけを蓄積させてしまうことになる。

加えて、僕がコースマップの読み違えをしてしまった。
「もう少しで着くのではないか」「もうアップダウンはないのではないか」とアテもなく走るが、幾度となくアップダウンが現れる。その度に心が折れかかる。うんざりしながらも上りと下りを繰り返す。

結局、ショートカットなどはどこにも無いのだ
地道に、1歩1歩を刻んでいくしかない。

第4エイドにようやく到着する頃には、フラットな道でさえも歩くようになっていた。
タイムは8時間。当初の想定通りのペースということにのみ、救われた。

熱と冷えが交互に身体を蝕み、リュックサックを枕に横になる。
前日に喉が激しく痛んでおり、身体も風邪を引いたときのようなダルさがある(やっぱり風邪でした)。
とは言え、残り16キロ。決して短くは無いけれど、絶望を感じるほどの距離では無い。なんせ、まだ4時間の猶予がある。休憩を十分とって、次のエイドに向けて走り出した。

もっとも、序盤は傾斜の大きい上り坂。
僕らは無理せず、歩くことにした。友人とくだらない話(小室哲哉は詞が良いのか、メロディが良いのか)をしながら、上りが終わるのを待った。ときに声を上げて笑うこともあった。

ここでリフレッシュできたのが奏功したのかもしれない。
疲労が一巡したような感覚があった。

第4エイドを出発してからは、適度にスピードをコントロールできるようになっていた。
下りだったとしても、スピードを適度に抑えることができた。体幹を上手く使って走れていた。フォームに無駄が無くなったのだ。
この一連の所作は無意識に始まり、意識的に継続することができた。第5エイドまでの区間でそれほどタイムロスしなかったのは、ここで僕自身に踏ん張りを効かせることができたからだと思う。周りを見る余裕さえ出てきた(ニラみたいな葉脈の花がやたらあるなと感じたことを覚えている)。
加えて、人の幻想にしばしば遭遇した。色付いた紅葉がランニングウェアに見えたり、遠くで見える人たちが実は葉っぱだったり。300名規模のレースでは、常に周囲にランナーがいる状態ではないのだが、やはりランナーが目に見える位置にいると知らず知らずのうちに安心していたのだろう。

一種のランナーズ・ハイだったのかもしれない。

採掘場にて

採掘場にて

やがて石の採掘場に行き着く。
ここまで来れば、最終エイドまで残り数キロ。つまり採掘場はスタートから58キロ程度走ってきた地点であることを意味する。この採掘場はなかなかの難所だった。石でできた粗い階段を上らなければならないからだ。

二人で走っていると、それまで抜きつ抜かれつを繰り返してきたベテランランナーの方に「良いコンビですね」と声を掛けられた。そうかもしれない。青春漫画のように叱咤激励するような関係性ではないけれど、たぶん彼がいなかったら、これくらいのペースを保持できなかったと思う。もっと歩いてしまっていたかもしれない。

採掘場を経て、林道、ロードと続く道をしっかりと進む。
疲労はそこそこに感じるが、下りに限っては安定感を保てていた。

最終エイドに到着する。ゴールまで、あと4.5キロだ。
スタートから10時間10分が経過していたが、この時点でも想定通りのレース展開だった。
休みながら数名の参加者と会話を楽しむ。残り時間から推測するに完走は「間違いない」と皆が確信していたんだと思う。キツいコースだったにも関わらず、笑顔になる。

「あまり休憩に時間を使わない方が良いですよ」
とエイドのスタッフが声を掛けてくれた。理由は明白だった。

最後の難関、走行禁止区域でもある、鋸山 日本寺の「階段」が待ち受けていたからだ。
大仏(薬師瑠璃光如来)を見るために1,000段超の階段を登らなければならない。
いくら走行禁止区域だからとは言え、60キロを走った後に「階段を歩く」というのは途轍もなく脚に負担のかかることだった。顔を上げて進むことができない

そもそも僕はそれほど上りを苦手とするタイプでは無いのだ。
だけど、1段1段を、それこそ鋸で脚を削られるような思いで登っていかなければならない。手すりがないところ、道幅が狭いところなど、フラフラな僕は少々危なっかしく見えただろう。階段を登った先にそびえ立っていた大仏はかなり迫力があり、思わずお参りをしてしまった(写真はない。こんな感じです)。

しかし、大仏のいる地点は、長い階段路の半分を僅かながら超えた地点に過ぎなかった。ここからもうひと踏ん張りが必要だった。この頃になると、言葉数も少なくなり、友人の後ろをひたすらついていくだけに終始した。陽も沈み、ハンドライトを灯けなければ前も見えなくなるほどに暗くなっていた。

走り続けている限り、「終わり」は必ず訪れる。
階段を登り切ると、夕暮れの房総半島、東京湾岸が見える山頂展望台にたどり着く。絶景だったように思う(疲れ過ぎていて、横目でしか見れなかったのだ)。だが、写真も撮らずにゴールを目指す。

ここまでキロ表示やエイド到達を示す看板など一切無かったが(タフなレースなのだ)、ようやく「ゴールまで残り2キロ」という看板に出会う。時計を見ると、17時15分。走行禁止区間でジリジリと時間を浪費するかもしれないという焦りもあったが、地道に歩を進めていくと、車の行き交う道路にぶつかった。

ここからは走っても構わない。
まあ、歩いても何とかゴールできるだろう。

残り1キロで自分に甘えることもできたが、結局は走ることにした。どれくらいまともに走れるのかは不明だったが、ここまで抜きつ抜かれつのレースを展開してきた他のランナーは着実に走り始めていた(すごい)。
僕も重くなった脚に発破をかける。脚が応えてくれるのを実感する。何と言っても残り1キロなのだ。さっさとゴールしたいではないか。

町に入ったが、しばらくは灯りや人気の少ない場所が続き、「本当にゴールがあるのだろうか」という不安があった。暗い道で、僕らの息遣いしか聞こえなかったのだ。
杞憂だった。5分もすると、ハンドライトを照らす必要が無くなったのだ。道沿いにキャンドルが灯され、疲弊した心を温めてくれた。何よりゴールが近いことを示唆している。

そこで、僕の背中をふと押されたような感覚があった。
スピードが上がり、前方に走る二人のランナーを追うように指示された。
ストライドも大きくなり、最後の力を振り絞る。まず女性のランナーを、ゴール直前で男性のランナーを抜く。男性からは「ナイスラン」と声を掛けられる。軽く頷く。お互いの健闘を讃え合うということ。

「FINISH」。両手を上げて、黄色のゴールテープを切った。
11:37:33でゴール。もう走らなくても良いんだ。

FINISH!

FINISH!

30秒後に友人もゴールする。
僕自身の暴走で一緒にゴールすることはできなかったけれど、とにかくお互いが完走を果たせた。

近くの銭湯に寄って、汗を流す。
早くも筋肉はカチコチに固まり、ろくに歩けなくなっていた。
それでも、もう走らなくても良いんだという安堵感があった。こんなに疲れたのに、次のチャレンジを頭に描いている自分がいた。いつものことだった。また走らなければ。

***

最後に。

前日の12月19日(土)に、父方の祖父が亡くなりました。
葬儀は翌日の月曜日だったことから参加を決断しました。
どうしても走っている最中、祖父との思い出が蘇りました。もちろん泣きはしなかったけれど。
レース中、脚がなかなか言うことを聞かないような大変なときもありましたが、結果的に何とか乗り切ることができました。何度かの試練のたびに、祖父が背中を押してくれたのかもしれません。

安らかに眠ってもらえればと切に願います。

晩秋の趣あり

晩秋の趣あり

第2エイド目前で転倒

第2エイド目前で転倒

山道でテンションが上がる

山道でテンションが上がる

サンタランナー

サンタランナー

第2回日光ハイウェイマラソン大会雑記(2015年11月29日)

典型的な失速レース

典型的な失速レース

僕は楽観的な性格なんだなと、再認識した。

フルマラソンをだいたい3時間30分〜40分で走れるようになったし、
ウルトラマラソンで100キロ完走も果たすことができた。
今年12月はトレイルランニングにも挑戦しようという意気込みだ。

そんな中で、
「お前はまだ、マラソンの大変さを知らない」と宣告されてしまった。
第2回日光ハイウェイマラソン大会は、そんな自分の甘さを指摘してくれたかのようなレースだったように思う。

第2回日光ハイウェイマラソン大会は、
その名の通り、日光宇都宮道路(有料道路)を封鎖し、ランナーのために1日解放してくれる大会だ。普段走れないところを走れるレア感は、ランナーをその気にさせよう。
また紅葉のピークは少し過ぎてしまったものの、男体山、女峰山を始めとする日光連山が綺麗に冠雪している光景は素晴らしかったし、地元・栃木県で走れる喜びは何にも代えがたかった。

練習不足はあったものの、ハーフの時点では「1時間59分台」だったので、まあ4時間前後でまとめられるかなと思ったのが、甘かった。

コースを見て欲しい。

高低差 約400メートル

高低差 約400メートル

スタートから折り返しの大沢ICまでは殆どが下り坂で、大沢ICからゴールまでは殆どが上り坂なのだ。
高低差は約400メートル。ただし400/20=1キロ当たり20メートルというのが計算上の数値。上り坂とは名ばかりで、感覚としてはずっと平地で行けるんじゃないかと踏んでいた。甘かった。

折り返しをして、走り始めた瞬間、
「こりゃ、いつもと違うわ」という状況に陥ってしまう。
足が差し込まれたように硬直し、一歩一歩が踏み出せなくなる。

それでも、最初のうちは1キロ6分をキープした。
それが5キロ毎に、1キロ7分となり、1キロ8分となり、1キロ10分となる。
記録が「4時間半〜5時間」の範囲のランナーが、一番辛いんじゃないかというのが僕の持論だ。
汗が乾いて体感温度が低くなる。給水のペースは掴めなくなる。そして常に「歩く」「歩かない」の判断が頭にちらついてしまう。1キロが途方もなく長く感じられ、どうしてもタイムに支障が出てしまう。

このレースでは、日光宇都宮道路の

・大沢IC
・土沢IC
・今市IC
・日光口PA
・日光IC
・清滝IC

という地点を通過していく。
キロ表示は5キロ毎にあるのだが、有料道路ゆえに、100メートルごとの表示が見える。
これが後半はなかなか縮まらず、身体と精神を蝕んでいった。

そして有料道路の最大の難点は、沿道に応援者がいないことだ。
何を甘ったれたことを言っているのだと叱られるかもしれない。

だけど、僕は沿道の皆さんの応援に支えられて走ってこれたんだということを再認識することになる。
「辛い」ときに「頑張れ」という声があることで、自分の限界を少しだけ伸ばしてくれる効果があるんだと思う。科学的なことは判らないけれど、背中を押してくれるというのは実感としても十分ある。

もちろん、ボランティアを買ってくれた地元の人々も、数百メートルおきに立ってくれて声を掛けてくれることもあった。これがなかったら、本当に途中で諦めていたかもしれない。

結果は、4時間56分という散々な結果だ。
殆どジョグで走った、真夏の第56回 六無月東京喜多(北)マラソンよりも遅い。
イメージとしては、今の妻に応援に来てもらった昨年11月の湘南国際マラソンのときのような失速具合だったと思う。

レースも幾つか予定している中で、
改めて自分に喝を入れないといけない。
仕事がいくら忙しくても、「走らないほど暇ではない」わけで、ここから気合を入れ直していきたいと思う。
フルマラソンはサブ3.5で、ウルトラマラソンは2年連続の完走を目指す。

実にシンプルじゃないか。