大地の芸術祭(越後妻有トリエンナーレ)に行ってきた

たくさんの失われた窓のために

たくさんの失われた窓のために

僕が最初に越後妻有トリエンナーレに行ったのは前回の2012年。
前職を辞めて、転職活動をしている最中に行ったという記憶がある。
レンタカーを借りて。移動にずいぶん時間を要したけれど、その土地に根付いていたアートの姿に何か新しい可能性を感じたし、その佇まいは都市の中で開かれていた横浜トリエンナーレとは違っていた。

新しい可能性と書いたけれど、今もその姿を捉えることは出来ていない。
安直に「地域創生」とか言うつもりは毛頭無いし、だからと言って、そこから経済振興を目指している人たちのことも否定しない。僕はアートが持つ力の大きさを感覚的に価値と感じていて、それが正の連鎖を生んでいくのではないかと思っている。

大地の芸術祭を強力に推進した、アートディレクターの北川フラム氏はこんな風に話している。http://next.rikunabi.com/journal/entry/20150120

当初は「アートはこういうものだ」という説明は一切しませんでした。「とにかくやりましょう!おもしろいよ」ってことだけを言い続けた。日記を読み返してみたら、準備に入った1996年から開催する2000年までの4年半の間で実に2000回を超える説明会をやっている。惚れた側の強みというか、とにかくしつこく「イイ!」と言ったら相手も憎からず思うでしょう。誰だって自分のルーツを好きと言われたら嫌な気はしないし、まぁ、やらせてやろうかという気にもなってくれるものなんです。半年前からですが、今も週5回は集落の説明会へ行ってます。すると、「やらせてやれや」とか「しょうがないな」とか、皆が言ってくれるんですよ。

現代アートなんて、判らないものだと思う。
実際、自称アート好きの僕だって、何が面白いのかきっちりと言語化できない。
でも、判らないけれど面白いってことはあると思う。
失礼な言い方をするけれど、第6回を数える今だって、地元の人たちが「何が面白いか」なんて判っていないんじゃないかと思う。

それでも、
正の連鎖で、廻れている。
それって価値じゃないか。

そして大地の芸術祭で、僕と妻は、奇跡的な出会いを果たすことができた。
このことも、いずれブログで書ければと思う。

正の連鎖が、広がっていく。

窓枠で切り取られた風景

窓枠で切り取られた風景

草間彌生

草間彌生

色鉛筆

色鉛筆

はしゃいでみたり

はしゃいでみたり

レースもやってた

レースもやってた

【2014年9月】アートブックフェアとか秋の始まりとか ベストフォト4選

9月も結構写真撮ったんですけど、被写体が人物に偏りがちだなあと。
被写体が人物だと構図も決めやすいんですが、被写体が風景だと何をフィーチャーすべきかっていうセンスを問われる部分が大きくて、なかなか難しい。東京アートブックフェアとかお祭りの写真のように、ごちゃっとした絵が好きです。

ということで、9月は4つ、自分なりに選んでみました。

東京アートブックフェア2014

東京アートブックフェア2014

秋祭り@新宿

秋祭り@新宿

ここはどこでしょう?

ここはどこでしょう?

大衆食堂でうまうま♡

大皿料理のお店でうまうま♡

【2014年8月】直島とか栃木とか ベストフォト6選

8月、今年は例年ほど暑くなかったかなあ。
仕事もそこそこあって大変だったけれど、充足した日々を過ごせたように思います。
無事30歳にもなれました。どう生きるか。

ということで、昨日に引き続きベストフォトシリーズをお届け。(シリーズもの、今度は続くかな?)

5針縫った弟

5針縫った弟

Hybrid.

Hybrid.

ぐるりと@地中美術館(直島)

ぐるりと@地中美術館(直島)

Flowers.

Flowers.

酒屋さんの置き物(かわゆす)

酒屋さんの置き物(かわゆす)

お台場ガンダム!

お台場ガンダム!

【2014年7月】北海道旅行 ベストフォト5選

少し前ですが、2014年7月に北海道旅行に行きました。
旅行に合わせて、ミラーレス一眼を購入。PENTAX Q7。

デジタルカメラ、いわゆるコンデジは大学時代から幾つか購入しましたが、機動力に欠けるため中々持ち歩き続けることができなかった。だけどPENTAX Q7は本体重量、僅か180g。もちろんレンズやら電池やらで重くはなるけれども、殆ど気にならない重さ。それ以来、写真撮るのが楽しいです。

なかなか更新しないブログ。
旅や日常の写真をつらつらアップしていくことで、更新頻度も上げられればと。
せっかく、年間ドメイン更新料とか払ってるわけだし。

北海道旅行ベストフォト5選。

IMGP0328

アイスクリーム@道の駅(たぶん士幌町あたり)

IMGP0945

星に手のとどく丘キャンプ場から

IMGP1020

十勝岳(モノクロのオシャレ演出)

s_IMGP0683

キツネ牧場、接写

IMG_4474

札幌芸術の森(悪ふざけ)

トルコを目指して(part_1)

トルコに行きたい

トルコに行きたい

久しぶりのブログの更新。

今は電子書籍を配信するために、ちょこちょこと準備を重ねています。初めてのiBookStore、夏前に、8月中に、9月中に・・・と思っていたら、意外と時間が掛かってしまった。何とか10月中旬までには配信したいところ。

さて、初めての「旅」に関するエントリー。

2020年の東京オリンピック開催が決まってから、僕はトルコという国が気になってしまった。僕がトルコに抱くイメージはとても浅いもので、

  • ケバブ
  • インスタンブール
  • 親日家が多い
  • チャイと言われる紅茶みたいな飲み物
  • アジアとヨーロッパの分岐点
  • といったところだ。西アジアとして歴史ある国家にも関わらず、何故か興味を抱くことがなかった。

    村上春樹は著書『TURKEY チャイと兵隊と羊ー21日間トルコ一周』の中で、

    トルコを旅行してまず感じることは、この国の広さと多様さである。我々は「トルコ」「トルコ人」という時、それを普通単一の国家、単一の民族として捉えているわけだが、実際に回ってみると、その地域ごとの差の大きさに驚かされることになる。トルコは地勢的にはっきりといくつかの顔に分かれている。そしてその地域地域によって、風景も気候も人々の生活も、あるいは人種さえもががらりと違ってくるのだ。

    ダイバーシティ。
    多様性。

    H.I.Sでさくっと調べたところ、12/24〜1/1の期間の往復航空券(乗継なし)が99,050円とのこと。海外旅行は昨年8月ぶり。一人旅だと一昨年の9月ぶり。久しぶりに何も考えずに、感じるまま触れるままの旅をしようかなと。